プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年11月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年09月11日

マルイ パイソンハンターを造る!その4

名曲モジリシリーズ、今回は
洋楽で、ポリスの大ヒット曲から
「指つめていたい」
引き戸に挟むとモー大変!
(元曲;見つめていたい)


さて今日はマルイ造モパイソンハンターとりあえず
最終回、というか既に延長戦?の塗り直し編、
GスミスSの「銃Ⅱ」塗装を。

マルイ パイソンハンターを造る!その4

銃Ⅱ(スチールブルーカラー2)はスプレー式塗料で
ロイヤルブルーの色調、艶を再現する、というもので、
今回初めて試しましたが、ホントに塗るだけでガンブルー
のような、非常に深いブルーに仕上がります。

マルイ パイソンハンターを造る!その4

今回は軽く研磨したシルバーの上から吹いたせいか、
若干柚子肌っぽい凹凸が出たところもありますが、
艶もまるでコンパウンド済みのような素晴らしい
仕上がり!(自画自賛?いや腕は要らないのでメーカー
礼賛?)。

あ、塗り方は本体の説明書き通り、またキャロムショット
などのトイガン用塗料と同様、薄くふわっと、を繰り返す
カンジです。

キャロムのシルバーも艶や塗膜強度は良いのですが、、、
やはり広い面積だと、アルミ感、塗装感が強調されやすい
のでしょうか?

ともかく、これならABS地肌以上の美しさ!
仕上がりは大満足だし、一応トイガン用で強度も
あるようなので、価格以外(だってこのキットの定価
以上!なんだもん)は超オススメです。

マルイ パイソンハンターを造る!その4

それではコクサイ旧(といっても最初期でない)
パイソン8インチ(画像右)と比較。

このコクサイ8インチは少しですがリバウンドする
(ハンマーが少し戻る)ので、コクサイ登場時の
Fピンのバネでハンマーが戻るだけのものから
改良されてるようなんですが。

ただ、コクサイ歴代モデルを発売時からコンプ
していない!のでどのように変遷したか?は
詳しくありません。

金属だけが非リバウンドだったのか、ABSから、
もしくはABS登場後しばらくしてから改良されたのか、
ともかくこの8インチは、コクサイパイソン登場時は
実物も存在しなかったカモ、なので追加設定された
モデルなので、もしかすると非リバウンド型で8インチは
存在しないのカモ、ですが。

マルイ パイソンハンターを造る!その4

今度はリアサイト部を左右入れ替えて。

コクサイ(ABS1期)パイソンはサイトが旧型(確か最初は
イライアソン)、ハンマースパーが横溝、トリガーがスムーズ!
と結構違うんですが、そこらへん抜かりなく?マルイさんは
変えてますね。

更に大きな機構変更ではラッチでシリンダーのセンターを
ロックせず、シリンダー側にプランジャーを仕込んでいます。

マルイ パイソンハンターを造る!その4

MGC金属パイソンもグリップフレームが大きかった
そうなのですが、マルイとコクサイは(一部突起を除いて)
同じ!

マルイ パイソンハンターを造る!その4

マルイにはコクサイのグリップがそのままピッタリと
装着できます!!(この画像)

マルイ パイソンハンターを造る!その4

更に、ピンの太さが違いますが、ハンマー、トリガーは
このように無加工で入ります。
軸にスペーサーを入れれば、流用も可能カモ。

リバウンドレバーは、どちらも実物とは違う片側ネジ止めで、
プレス鋼製で軸は貫通のMGCともかなり違い、これも
マルイがコクサイを参考にしていた、と思われる部分です。

ただ、リバウンドは当時まだコクサイでも再現してなかった
のか、それともマルイが全体をプラで構成するため無理!
と判断したのか、あっさりそのへんは削ってしまってます。

そのためハンマーを少し引き、ラッチも引いておいてグイっと
シリンダーを押し出さないとスイングアウトできない!
のが難点、かな?

ただ、マルイの前作、M29でもスーパーブラックホークでも
ハンマーを少し起こさないとシリンダー操作はできなかった
(カートが前進して少しバレルに入る)ので、従来と同じ、
といえば同じ、なんですが(笑)。

マルイ パイソンハンターを造る!その4

実はこのコクサイ、フレームとインナーフレームが薄すぎて
8インチバレルの重量に敵わなかった!のか、両方割れて
接着してもまた外れる!という有様!

それに比べると、ハナから金属シャーシなど無しで持つよう
設計しているマルイは、単なるコピー廉価品メーカーというより
このときから元製品の弱いトコもわかって上手に取り入れた
”一枚上手”のメーカーだったのかも、と思わせられますね。

前の記事で取り上げたエアコキも、DAは諦め主要パーツも
無塗装の樹脂、という割り切りは、強度、耐久性と価格の
バランスを図ったトコロなのかも(事実ガスガンでは金属
ハンマー、トリガーのようだし)。

と、なんだかんだありましたが一応プラモ制作記、としては
今回で完結、塗料は銃Ⅱ推し、というコトで(笑)。




同じカテゴリー(きっとkit)の記事画像
マルイ パイソンハンターを造る!その3
フレズヴェルク ビキニアーマーVer.
マルイ パイソンハンターを造る!その2
マルイ パイソンハンターを造る!その1
FAガール&ラピッドレイダー
イマイ フリントロックピストルシリーズ その5
同じカテゴリー(きっとkit)の記事
 マルイ パイソンハンターを造る!その3 (2019-09-04 19:19)
 フレズヴェルク ビキニアーマーVer. (2019-08-28 19:19)
 マルイ パイソンハンターを造る!その2 (2019-08-25 12:12)
 マルイ パイソンハンターを造る!その1 (2019-08-18 12:12)
 FAガール&ラピッドレイダー (2018-08-26 20:55)
 イマイ フリントロックピストルシリーズ その5 (2018-08-06 19:19)
Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19│Comments(2)きっとkit
この記事へのコメント
こんばんは。
Gスミスの銃Ⅱは、良い感じの仕上りですね。
この感じを求めてました!!
先日、キャロムのメタルブルーコートを購入したが、(未使用ですが)Gスミスの方が良いように思える・・・
選択を誤った気がする・・・・
Posted by 松本市在住 at 2019年09月11日 19:53
松本市在住様こんばんは。
>Gスミスの銃Ⅱ
メタルブルーは青いメタリック調で、コレはもっと濃い、
ふつうは黒に見える塗料ですね。
それが光の反射するトコロだけ少し青みを帯びるカンジです。
ただ、このような大きめの銃だと2挺仕上げられるか?
という容量です。
でもどちらも普通の模型用r塗料に比べると
”ベラボー”な
オネダンなので、買い替えは躊躇われますね!
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年09月11日 20:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。