プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年09月04日

マルイ パイソンハンターを造る!その3

名曲モジリシリーズ、今回は
2001年zoneのヒット曲から
secret peach~木にかくれたもも
(元曲;secret base~君がくれたもの)


さてそれでは造るモデルガン作るシリーズ3回目、
今回は塗装(銀色)編です。

マルイ パイソンハンターを造る!その3

前回、フレーム上部をプラリペアで埋めたところまで
ご報告しましたが、硬化後、ソコは平面出し、全体に
サーフェイサーを吹いて他に凹みなどがないか確認します。

マルイ パイソンハンターを造る!その3

埋めて削ったフレーム上などはOKでしたが、案の定?
バレルのランナー切り離し跡(もともとメーカーで切って
箱詰め)が凹んでいたので、瞬着盛りで補修しました。

マルイ パイソンハンターを造る!その3

補修後、サーフェイサーをほぼ削り落とすのも面倒!
というか下地として使う予定だったのでもう一度サッと
ひと吹きし、スポンジヤスリで均して全体を灰色の状態
にしてから塗膜強度に定評のキャロムSUSカラーを
上塗りとして吹きました。

マルイ パイソンハンターを造る!その3

上の画像は作業中で、いつもと光が違うのですが、
ここで通常の簡易スタジオに戻って!みるとあんまり
光沢感が出ない(実際は表面は艶があります)、、、

一日乾燥後、エキストラクター周りを組み立て(接着)、

マルイ パイソンハンターを造る!その3

全体組み立て。
あ、バレルはけっこうきつく、次に塗り替えることを考え、
接着はそれからに、画像にありませんでしたが、
本体用のネジ頭も同色を吹きました。

マルイ パイソンハンターを造る!その3

SUSカラーは”スーパーハードタフ”と銘打って耐久性を
売りにしており、ウチでもガンブルーが剥げかかったカンジ
の塗装の下地として使っています。

が! やっぱり全てこのシルバーだとちょっと、、、
表面は光沢があるのですが、白っぽい粒子感のある
様子がSUSというより”アルマイト”っぽいというか。

それと、このキットには”超高強度”のパーツがトリガー、
ハンマーなどに使われており、これらはABSとは違い、
サンディングで足付けして硬いこの塗料を吹いても
簡単に剥がれる!(上の画像のトリガー右面付け根)!
という事態が!!

色味、というか金属感の点でいえば、ハンマーだけでも
金属にして欲しかったところですが、法規(自主規制)の
からみか、このキットではネジ,バネと錘を除けば
リバウンド(機構はなく、専らトリガーとハンドにテンションを
かけるだけですが)レバーのみが金属部品です。

リバウンドを廃し、ボルトを前後させ動かす機構は
MGC(金属、初期のコクサイも?)と共通、というか後に比較
しますがマルイはコクサイあたりをかなり参考にしたっぽい
ので、もしかするとコクサイのハンマーが使えたりするかも、
ですが、アッチはスパーが横溝だったり!メッキして塗装
してたりなのと、ハンマーだけって手に入らない!!ので
擦れる部分をヤスり、再塗装してよーく乾燥させてみるか、
ですね。

マルイ パイソンハンターを造る!その3

タナカ ガスガン(右)との比較です。

ハンマー幅が狭く、ラッチも低い、ネジの頭が大きく
平たいなど細かい違いはありますが、やはり表面
仕上げの差がかなり見栄えに影響してるような、、、

タナカの仕上げもABSのまま、半艶ですが、比べると
やはりマルイは”模型っぽさ”というか、金属というより
塗装の質感、ですよね?

マルイ パイソンハンターを造る!その3

コクサイ 金属モデルガン(右)とも。
うーん、やはりトリガー、ハンマーだけでも金属
だったら違うのか?

マルイ パイソンハンターを造る!その3

同じキャロムでも濃い目の色だったら良いのか、
部品でトーンを変える?という事も考えましたが、
当初言ってた通り、ダメだったら黒塗り!の方向で
(次回、また他ネタを挟みますが再塗装編!!)。




同じカテゴリー(きっとkit)の記事画像
マルイ パイソンハンターを造る!その4
フレズヴェルク ビキニアーマーVer.
マルイ パイソンハンターを造る!その2
マルイ パイソンハンターを造る!その1
FAガール&ラピッドレイダー
イマイ フリントロックピストルシリーズ その5
同じカテゴリー(きっとkit)の記事
 マルイ パイソンハンターを造る!その4 (2019-09-11 19:19)
 フレズヴェルク ビキニアーマーVer. (2019-08-28 19:19)
 マルイ パイソンハンターを造る!その2 (2019-08-25 12:12)
 マルイ パイソンハンターを造る!その1 (2019-08-18 12:12)
 FAガール&ラピッドレイダー (2018-08-26 20:55)
 イマイ フリントロックピストルシリーズ その5 (2018-08-06 19:19)
Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19│Comments(2)きっとkit
この記事へのコメント
こんばんは。
夏休みの宿題やり直しですか?
満足出来るまで、やり尽くしましょう!!
その為の組み立てキットですよね。

コクサイのパイソン最終型の
トリガーとハンマー(黒色)余剰分持ってます。
Posted by 松本市在住 at 2019年09月04日 19:49
松本市在住様こんばんは。
>その為の組み立てキット
いや、何回も塗り直しは想定してないんじゃあ、
なので、バレル接着とかを保留してたんですが(笑)。
この塗料でも、金属パーツ(メッキ)併用なら
見れる気がします(過去に入手したスーパーブラックホーク
ハンターモデルがたぶんそう)。

ともかく、黒色ならコレを試してみたい!と
思っていたものがあるので、次回に(というか、8月中にこのネタ作成は終わってる!んですが)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年09月04日 21:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。