プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年11月17日

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

きょうは少し間隔が空きましたが、恒例?の
アサルトライフル比較編、このあいだ入手のご報告を
しましたガリルARMとM4、それからARMの元となった
FNやカラシニコフ系とも少し。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

まずはこれも恒例?MGCのモデルガン、M4A1との
比較で、全体右サイド。

ARM(画像はFTCのを無可動化)は木製チークピースを
追加したストックがこのように折りたたまれるせいもあって、
チャージング(コッキング)ハンドルが上に向かって
折れ曲がってるのカモ。

しかし、これはケースリフレクターとしても役立つはずで、
一挙両得(それとも思わぬ副産物?)なAKからの
変更ポイントですね。

ARMはM4(世界規格)より長く、装弾数の多いマガジンで、
これも”重装備”としての位置づけを表していますね。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

バレル部分です、

どちらもマズルからガス導入部までの距離は変わらない
カンジ、ですが、ARMはハンドガードを最小限にしたかったのか、
そこからまたしばらく空間が空く、というなかなか珍しい構成
ですね。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

ARMの機関部は少しデフォルメされちゃってますが(笑)、
それでも前後に長く、軽量化の必要があってかマグウェル
部分をトリガーガードの上までにしたAKそのもの!

対してM4は前後に短く、アルミで軽量、ですが、コンパクト
過ぎてAKより異物混入に弱く、更にリュングマン式で
発射ガスを機関部に引き込んじゃった、的なトコロで
”泥をかぶっても平気”なAKに対して繊細な印象、です。

でも、元々はライフル戦闘がメインでない空軍の
”軽量カービン”、素材も構造もタイトでコンパクトな寸法も、
主力兵器としてバカスカ撃つ想定でないものを何とか
改良しながらきたわけなんじゃ、ですよね。

ただ、AKのほうも削り出しブロックのレシーバーから
プレスにし、タマも小口径化して”アーマライト側に寄せて”
生産性と軽量化、小口径化を進めてきた訳で、東西互いに
”隣の芝生は緑”だったのかも、ですね(笑)。

話をARMに戻すと、銃本体丸ごとの調達が不可能に
なったとはいえ、よくAK(バルメ)の機関部にFNC(FAL)
のストックを合わせたもんですよね。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

逆サイド。
こちらでは、AKから西側の基準に合わせて?改良された
セレクターに注目ですね。

M4はこちらにボルトストップがあり、操作系は多い米国式
(拳銃のベレッタなんか、レバー、ボタンがたくさん!)の
思想が表れてます。

このボルトストップはG3なんかも排していて、シンプルな
構成を望むか利便性をとるか、は意見が分かれたトコロ、
だったんすが、今は装備する方が優勢かな?

確かに再装填は早い反面、使い方を覚えるのがどんどん
難しくなる(世界にはそーいう操作を覚えられないのが
結構いるだけでなく、生死のかかった極度の緊張の中、
イロイロ考えてられないし、今は覚えることが多く、更に
ライフルを主に扱わない兵士も多い)ので、一概に
”足りない”とは言い難いような、です。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

さてストックの比較です。
M4のテレスコピックに対し、ARMは折り畳み、とここも
”方針の違い”が現れており、現在は兵士の防弾装備など
”パンパン”の状態でも調節で対応できるテレスコが有利かも、
ですね。

ちなみにARMはチークピースを奢ってますが、そのまま
アイアンサイトも照準できる(実物もたぶんそう)ようです。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

照準線長は当然フルサイズのARMのほうが長く、サイトも
夜間用を別に備えるなど、豪華さでもM4より上、です。

それでいて、Fサイトガードの丸をRサイトに合わせて狙い易く
(夜間用はオープンサイトに替えてるし!)、このへんは
よく考えられてるんじゃ、ですね。

対してM4は着脱式で光学機器の使用が前提で進んでる!
(いや実際開発年代が違う)反面、上が開いた形のFサイト
ガード、Rサイト調整の大きなノブなどはちょっとウルサイ
かも。

Rサイト調整ノブは元々カートの先で押してロックを解除
しながら回す、という面倒なものを改良しているのですが、
今度は使いやすさを優先、大きく出っ張っています。

また、Rサイトを外せるようにしたのにナゼかFサイトは
そのまま、で、これが光学機器の視野にも入るし、せめて
可倒式にしとけば(最近のはそうなってます)、ですよね。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

と、従来の比較編はここまで、ですが、今回はARMの
元となった銃との比較も。
まずはFNC(アサヒのガスガンを無可動化したもの)です。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

あ、キャリングハンドルはFNCには付いてませんがFAL
には付いており、ソレかG3(セトメ)系からか、は?ですが
ともかくガリルには”世界のライフル”が詰まってます(笑)。

ガリルは最初FNからストックを買ってきて組み立てた、
というだけあって、チークピースを除けばよく似てますね。

ARMはバイポッドもあるので狙撃銃的な役割も考えられていた
ような、ですが、スコープはマウントも?だし、FNCのストック、
実は上のパイプは鉄でなく樹脂で、頬付けをちゃんと
考えられていた(寒冷地で張り付かない)そうなので、
このチークピースはレシーバーとストックの出処の違いからくる
”調整”かも。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

次はレシーバーを持ってきたAkですが、実物ではバルメ、
そんなの持ってない!(トイガン化されてたっけ?)し、
今回はトイスターのAKM(エアコキ)と。

グリップアングルも前後の長さも、FTCは変えちゃったっぽい!
でしょ。

ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!

元々寄せ集め、それに時代による要求の変化は致し方ない
ですが、ARMはナカナカ上手くまとめてるんじゃ、ですね。

できたらもっとリアルになった、最近のトイガンも欲しいトコロ、
なんですが、今旧型ガスガン無可動化モノが安くて豊富、
このような比較ができるのもそのおかげ、実はまた、、、
おっとネタはいずれ(他のネタ、購入品を挟んで)ここでまた!




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
モーゼルミリタリーを
ベイビーとイロイロ
アラスカンとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
リアル?ウォーターガン達
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 モーゼルミリタリーを (2019-11-29 19:19)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 アラスカンとイロイロ (2019-11-01 22:00)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
 リアル?ウォーターガン達 (2019-09-22 12:12)
この記事へのコメント
長物の自動ボルトストップ(ホールドオープンデバイス=HOD)の有無については、
昔から論議が有りましたが、オープンボルト式やフルオートオンリーならば、
ほぼ不要!有ってもあまり意味が無いでしょう。
と言うか有る!と却って混乱するかも!?。

多くのアサルトライフルやMP5等のクローズドボルト式で、
尚且つセミ・フル切り替え式では、射撃中に次弾が発射され無ければ、
その原因が弾切れなのか?、それとも何らかのマルファンクションなのか?、
一般の兵士には直ぐには判断出来無いでしょう!。
ゴルゴ13では無いのですから、多弾数のマガジンの残弾など数えてられません!。

なのでその場合には直ぐに排莢口を見る筈!。
そして自動HOD有りでは、ジャム等では無くボルトが開いていれば、
弾切れだと気付きますし、HOD無しだと必ずコッキングレバー等を引いて確認する筈です!。

つまり極端な言い方ですが、自動HODの有る無しの差は、
コッキングレバーを引く必要が有るか!無いか!の差‼︎、
たったそれだけだと思います。

尤も、自動HOD有りの銃では、排莢口を見る前に、
HOD解除用のレバーかボタンの位置を見れば、弾切れが判りますが、
その為には有る程度の慣れと言うか、訓練は必要でしょうね。
Posted by ご意見有用 at 2019年11月18日 13:15
追伸

昨今!世界的なアサルトライフルの趨勢が、
自動HOD有りに傾いている原因は、
やはり旧西側陣営の軍事同盟諸国間に於いて、
使用弾薬とマガジンの供用標準化が進んだ為でしょう。
具体的にはアメリカのM16用の223口径弾薬とマガジンの規格が、
NATOや日本で標準化された為!。

元々M16用のマガジンは自動HODに対応した設計ですから、
HODを押し上げる為のマガジンファーロアの、
後部突起が通る溝が、マガジンの背面に有りますね。
同じ223口径弾薬を使用する銃でも、フランスFAMASは自動HOD無しですから、
マガジン背面に溝が無く、スッキリとして断面もシンプルな長方形ですが、
勿論M16等とはマガジンの供用互換が出来ません。

自動HODは、マア!有ればそれなりに便利だが、
無くても全く構わない‼︎、その程度の装置だと思いますよ。
小生はHODは自動では無く!、手動!で掛けたり解除出来る物が良い!と思います。
かつてのM1カービンのコッキングレバーに付いていた、
あの小さなピン状の物です。
あれはボルトをオープンホールドさせる時に、
押し込んで掛け、解除するにはコッキングレバーを少し引けば良く、
大変便利に思えました。
Posted by ご意見有用 at 2019年11月18日 14:05
ご意見有用様こんばんは。
>自動HODの有る無しの差
いや、それが実物のG3とかFALだと、コッキングハンドル操作が
”死ぬほど重い”らしく、ホールドオープンは結構”楽”だったりするようですよ(G3には付いてません!が)。
そういえば、ミリブロガー乙夜さんが海外で実射してる動画で、
ボルトアクションの排莢すらままならなかった!ことがあり、
それこそ構え直して”ヨッコラショ”と再装填してると
撃たれかねないカモ、です。

それに拳銃では一般的になったように、再装填、発射までのスピードは
かなり有利です。

問題は本文に書いた通り、”使いこなす技量”を持った兵士を揃える
(当然バカスカ撃たせるコストもかかる)力が要るトコロ、ですね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年11月18日 21:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。