プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年08月23日

M1914コングスベルグ

きょうは自薦トイガンネタで、WAのガスBLK
M1914コングスベルグを。

M1914コングスベルグ

この銃はコルトM1911のライセンス生産で、
コングスベルグとはノルウェーの地名です。

ソコにあった兵器廠で作られたノルウェー軍用、
型式は1914(1917年までは1912?)ですが、
生産が軌道に乗ったのは1918年からで、
コイツはそのWWⅠ前の生産分をモデルアップ
しているような、ですね。

コレはHW樹脂に青めの塗装仕上げで、重さと
表面のリアルさを追求(いや黒染めにはやはり、
なんですが)してます。

M1914コングスベルグ

スライドのリーフカットなども初期のM1911と同じ、
なんですが、トップカットのように、下に延ばされた
スライドストップが大きな違い、です。

M1914コングスベルグ

同じWAのガスガンで、M1911(画像左)とも。

以前比較ネタをやったときにも書きましたが、
コングスベルグM1914は各部品に製造Noを入れたり、
セフティの面を削ったり、イロイロ手をかけたモデルです。

ノルウェーでの生産は、WWⅡ期ドイツ占領時代にも
続けられ、ドイツ軍がピストーレ657(n)の型式名を
与えて採用したとか。

戦争末期でドイツ軍用拳銃が不足してたため、
ですが、.45口径のパワーも評価されたのかな?
米軍(A1でしょうが)とは同じ拳銃で撃ちあったことも
あったのカモ!

M1914コングスベルグ

M1911系のスライドストップは、確かに少し遠かったのか、
米国でもコンバットシューティング用に後方に延ばした
モノが作られたりしますが、その後スライドストップを
使わない!という流儀が浸透したせいか、現在は大型化
したスライドストップは少数派かも。

この独特のカタチ、他には、、、と思ったら、ジェリコ941が
踏襲?!してますね(笑 あ、画像はハドソン ガスガン)。

M1914コングスベルグ

M1911は米国のスプリングフィールド造兵廠でも
生産され、ソレも模型化されてます。

他には南米アルゼンチンあたりでもライセンス生産
されたようです(システマコルト WAも出してます)が、
ソッチはA1型ですね。

コングスベルグは希少なM1911のバリエーション、
というだけでなく、ドイツ軍採用!なのでソッチの
コス(失礼!)にも使える、せいか、結構人気、
個人的に推薦しなくても、かな?ですが(笑)。




同じカテゴリー(お勧めはしませんが)の記事画像
SVインフィニティ3.9エクセラレーター
S&W シグマ
レミントンXP100
ハードボーラーロングスライド
ワルサーPPK RZM
Kサイトのガバメント
同じカテゴリー(お勧めはしませんが)の記事
 SVインフィニティ3.9エクセラレーター (2019-10-11 19:19)
 S&W シグマ (2019-08-07 19:19)
 レミントンXP100 (2019-07-19 19:19)
 ハードボーラーロングスライド (2019-05-17 17:17)
 ワルサーPPK RZM (2019-04-24 19:19)
 Kサイトのガバメント (2019-03-29 19:19)
この記事へのコメント
こんばんは。
WAのガバメントシリーズのバリエーションの多さに
今更ですが驚いてます。
私もⅯ1911は持っていますが、それ以外は古いⅯ1911A1と
シリーズ70それと仲間が置いて行ったシリーズ80ですね。

それと、今日我慢できなくなり、スマイソン購入(古いが新品)!!
長期売れ残り品だったので、少し安めでした。
Posted by 松本市在住 at 2019年08月23日 20:48
松本市在住様こんばんは。
>WAのガバメントシリーズのバリエーションの多さ
ただもう久しく”限定”で売れ筋がぐるぐる回る(再生産)、という状態になっちゃいましたね。
それと新品が購入できるのが通販か渋谷か、というくらい販売先が限られてきてますし。

>スマイソン購入
おめでとうございます!
以前仰っていたコクサイのHWでしょうか?
そういえばタナカさんも久しくスマイソン作っていないんじゃ、ですね。
ウチでも余裕があれば6インチとかまた欲しい!です。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年08月23日 21:27
紅い猫RRⅢ 様
ちょうどいい大きさと形状は ぶ厚い手袋の指先にはありがたいもので、オートバイのハンドル周りのレバーやスイッチもそうですね。
ピストルの扱い方には好みがいっぱい 人それぞれですが~ スライドストップのリリース方法で~ 「レバーを下げる」と「スライドを引く」 の二者択一の場合ならば~ 私は昔から「スライドを引く」の信奉者です。 モデルガンのガバから入門したからかもしれませんが~ 装填時の火薬の暴発を考えて銃口の方向をウルさく注意されました. レバー操作の場合はを左右どちらの指先で操作するにしても銃口が左を向きやすくなります。 BB弾の時代になっても同じですね。 ところが今風のガバにはスライドのストップノッチの幅が広く、スライドを引いてもストップがリリースできないものも・・・
Posted by ないとあい at 2019年08月24日 22:29
ないとあい様こんばんは。
>スライドを引いてもストップがリリースできない
これはスライドのストロークに問題があって、スライドストップをノッチのない部分で下げられない
(スライドの後退量が足りない)ものもありますね。
マルイがノッチ捲れ対策をする前は、レバー(スライドストップ)操作するとつぶれる!ので
特に注意されたんじゃ、です
(今や逆にレバー操作で傷む製品はモンクをつけられてしまう時代に、ですが)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年08月24日 22:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。