プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年07月24日

コクサイの金属モデルガン

きょうはこのところニワカにうちで
増殖?した、コクサイの金属モデルガンを
並べてみよう、かと。

コクサイの金属モデルガン

えーっと、コクサイブランドではそれこそABS製モデルガンが
発売される前から!金属モデルガンをやっていた(当時は
国際産業?)のですが、ウチでは最近になるまで金属
モデルガンを避けてきていた!ので、ようやくこの3挺が
揃ったトコロ、という(爆!)。

コクサイの金属モデルガン

箱からまず、ですが、上から44オートマグ、M29 A.F.、
パイソンハンターです。

コクサイはいつからモデルNo.を通して付けていたのか?
ですが、オートマグは28、M29AFは243、パイソンハンター
は247となっています。

この番号はほぼ同じ形でも仕上げ、材質の違いなどで
増えた!ようで、ウチでも451番(スマイソン)などがあります。
最終的には500番を超えた!のですが、惜しくも活動停止と
なっちゃいましたね。

箱の表面もオートマグは金/赤、M29AFは赤、パイソンハンター
は無地!と段々簡素化しているような、、、

コクサイの金属モデルガン

さて本体に移って。
左からオートマグ、M29AF、パイソンハンターです。
オートマグのみ金色(ニッケルの上に薄い黄色)メッキで、
これは”めっき工房”で仕上げ直していますが、比べると
他の24Kめっきの方がやはり均一で綺麗ですね(笑)。

コクサイの金属モデルガン

向きを変え、逆の並び順で。

M29AFとパイソンハンターは、前後サイトが黒く、
トリガー,ハンマーがアクセサリーに見られるような
古美(側面磨き)仕上げ、というところまで同じです。

オートマグのサイトは金色で、トリガー,ハンマーは
全体にニッケルめっきがかかってます。

コクサイの金属モデルガン

過去画像ですが単体でも。
まずはパイソンハンター。

24Kメッキ仕様は、メッキ前にも良く磨かれており、
それもエッジが過度に丸まっていたりせず、もしかすると
実物より丁寧かも。

コクサイはメダリオンに墨入れをしていますが、
このモデルはメダリオン自体金メッキとするなど、
細部にわたって拘りが見られます。

グリップも艶有り木目塗装で、これも後期のコクサイの
特徴ですね。

コクサイの金属モデルガン

オートマグはこのような高級?志向が始まる前に生産中止
(たぶん工場火災のせい)になったので、コレもかなり古い
ハズ、なんですが、当時から(フレームなどの)パーティング
ラインを消して丁寧にバフがけされていたようです。

ハンマーなどはパーティングラインが残ってますが、実は
ホンモノのオートマグでもフレームなどに残っており
(というかロストワックスで型を壊すブラスト処理だけ!)、
コレはワザと、かも(だったらフレームも残しても、ですが)。

コクサイはABSモデルの金属部品でも、ニッケルめっきの
上につや消しの黒を塗装するなど、手のかかった処理を
してくれていましたね。

コクサイの金属モデルガン

最後はM29AFです。
この時代になると、Fサイトなどは黒染めになり、少し表面が
劣化しちゃってます。

耐久力に優れた伝統のめっき+塗装仕上げはコストがかかる
だけでなく、黒染めのほうがリアルだと喜ぶ層が多く、
再仕上にも非常に手間がかかる!と不評だったような、で、
廃止されました。

ただ、トリガー,ハンマーの側面磨き仕上げにはクリアが
かけられているのか白化してきてないので、やはり仕上げに
拘るコクサイの伝統は受け継がれていたのカモ。

コクサイも末期にはもう金属モデルガンを作っていなかった
のですが、それでもまだまだ作ってほしいモデルはあり、
実に惜しい!ことになっちゃいました。

もはや絶滅危惧種?化している金属モデルガン、
特に後期の24Kメッキを中心にコクサイ製は最近
高騰している気がします。

ハドソンのリバイバル生産はCAWやタナカで行われている
ようですが、コクサイのも期待したいところ、なんですが。




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
モーゼルミリタリーを
ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!
ベイビーとイロイロ
アラスカンとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 モーゼルミリタリーを (2019-11-29 19:19)
 ガリルとM4、ついでにFNCとAK74! (2019-11-17 12:12)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 アラスカンとイロイロ (2019-11-01 22:00)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
この記事へのコメント
こんばんは!
希少性の高いコレクションですね!
コクサイ業務終了後から、価格が高騰して思うように手が出せません。
しかし、コクサイ金属モデルガンは、いちど持つと魔法に掛かってしまい
抜け出せません!!
製造時期により細かな改修も有って、奥が深すぎですね。
Posted by 松本市在住 at 2019年07月24日 20:18
松本市在住様こんばんは。
>いちど持つと魔法に掛かってしまい
コクサイ金属は表面のバフ掛けなど、丁寧だし後期の24Kメッキは綺麗だし!
ハマッちゃいますよね!
でもそれ故価格の高騰が、、、
まあこれからも上がるだろうし、ソコソコのものなら”買わずに後悔するより”なのでしょうが。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年07月24日 22:40
金ぴか来た~~~(*^▽^*)
運気が上がるぜ~~~~~~!!!!!(マジで!?)
先日秋田に研修でいってきました!秋田おばこがいっぱいで楽しかった(*^^)v
変な事はしてません!2000パーセント(嘘くさく聞こえる?・・・まじめな研修です)
Posted by nozopon at 2019年07月26日 18:51
nozopon様こんばんは。
>金ぴか来た~
コクサイの24Kはホントに豪華ですよね!

>まじめな研修です
内容は聞きません、ただ参加希望!!
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年07月26日 22:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。