プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年05月10日

チャーターアームズリボ各種

きょうは比較ネタで、このあいだ入手したモノと
比べるシリーズ!(なんでもシリーズ化?)
カナマル チャーターアームズ(CA) アンダーカバーを
他のCAリボルバーと。

チャーターアームズリボ各種

えーっと、以前カナマルのトラッカー入手時にもこのネタ、
やっちゃってますが(笑)、今回アンダーカバーも
加わったので、ね!

まずはウチの手持ちカナマル製品(ガスガン)から、
トラッカー(画像左)、ブルドッグ(中央)、アンダーカバー(右)。

グリップはアンダーカバーだけサービスサイズですが、
トラッカーも薄い成形色(スチロール?)に替わってますね。

バレルは3つとも異なり、トラッカーは.357マグ仕様で
ストレートっぽいブルバレルに低めのサイト、残り2挺は
テーパーでサイトも似ており、アンダーカバーも44SPL刻印!
さぞかし手が痛そう!!

チャーターアームズリボ各種

順番が左右入れ替わってますが、後ろからのアングルも。

この角度だと、アンダーカバーのグリップは上部が
オーバーサイズ並みに大きく、またナゼかフレーム下は
木部が回りこんでいる、凝ったカタチになってるのがわかります。

チャーターアームズリボ各種

お次はCAW/MULEのモデルガン ブルドッグと。

CAW版は固定サイトで、正しくブルドッグ(カナマルは
ブルドッグ、アンダーカバー用に固定サイトフレームを
作れば良かったのに!ちなみに実物ではポリスブルドッグも
存在しますが、口径が違うよーな)です。

ヨークやフレームのシリンダー後退防止ラグ、スクリューに
サムピース周り、など結構違いますが、カナマルもなかなかの
再現度、ですよね(贔屓目?)。

チャーターアームズリボ各種

オマケ?でHWSのS&W M15 2インチ(M56)とも。

同じ2インチ、ターゼットサイト付きですが、やはりKフレは
大きい!ですね。

でもS&WはKフレでも44口径まではやってなかったような、
ですが(笑)。

チャーターアームズリボ各種

あとはターゲットブルドッグがあれば、なんですが、アレは
考証的にターゲットサイトが合ってる!せいか(いやトラッカーも
そうだし)ナカナカ見かけなくて、、、




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
モーゼルミリタリーを
ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!
ベイビーとイロイロ
アラスカンとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 モーゼルミリタリーを (2019-11-29 19:19)
 ガリルとM4、ついでにFNCとAK74! (2019-11-17 12:12)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 アラスカンとイロイロ (2019-11-01 22:00)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
どこの世界にも 「あのアイデアには勝てないわ」という相手がいるものですね。
パイソンのハンマーメカは古くても 357で壊れない頑丈さも合わせ持つカッコよさ! CHPからは357のKフレームモデルにダメ出しされて~負けを認めたかどうかはわかりませんが~ Lフレームでやっと挽回!したのはちょっと昔のこと
44のNフレームモデルは決定版でも~いざ腰のホルスターで携行するとなるとアメリカ人といえども躊躇しちゃう大きさ重さ・・ ところがチャーターアームズが44spの5連発軽量キャリーガンというアイデアで人気! むかしむかし 38sp5連発小型軽量というアイデアを生んだのは自分たちではなかったのか! 指をくわえて・・そんな声があったかどうか? 5年前に44マグナム5連発のLフレームというM69の登場はちょっと遅かったか? バレルの二重構造化で実現できたのかも? それでも市場では44spのホットロード(プアマン用のマグナム)が安価で流通しており M69はハンティングキャリーなどの44spユーザーに人気だそうです。Lフレームの二度目のご奉公です。
Posted by ないとあい at 2019年05月11日 22:32
ないとあい様こんばんは。
>あのアイデアには勝てない
44Splに注目したのは慧眼、というか、それも当初はそんなに爆発的に売れた、
という訳でもないので、「ここまで大きいのもひとつやっちぇえ!」的な、軽めのノリ、
だったのかも、ですね。
当時.38だけでなく、小さめの方もワイドバリエ-ション展開してたので、色々な口径がある、
というのを売りにしたかったようですし。

その後、映画「レッドドラゴン」に登場するように、FBIなどが注目、しかし40SWなどの
”上位9パラ”オートが出てきて、メジャーになるまえに”お株を奪われた”カンジ、でしょうか?
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年05月12日 18:13
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。