プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年11月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年01月06日

ベアキャットとイロイロ

きょうはこのあいだ入手したハドソン スタームルガー 
ベアキャットとクラシックなリボルバー達の比較編を。

ベアキャットとイロイロ

スタームルガーは戦後生まれたメーカーで、最初は
.22口径の自動装てん式けん銃、そして"リバイバル”
(というか、最初は西部劇)ブームに乗って一連の
クラシックなリボルバーを作り、成功しました。

そういう経緯からすると、.22LRでシングルアクション、
というある意味スタームルガーを代表する組み合わせの
プリンキング用モデルが、このベアキャット(画像 金色
のヤツ)、かもです。

ベアキャットとイロイロ

まずはコルトのM1849ポケット(CAW)と。
ベアキャットもM1849も同じ4インチですが、意外やシリンダー、
フレームサイズまで!同じくらいです。

ベアキャットとイロイロ

コルトも.22口径のポニーエクスプレスとかいうモデルが
あるのですが、もう少し大きいような、で、また
スタームルガーのシングルシックスも、
グリップはベアキャットより大きいようです。

ベアキャットはフレーム構成がレミントンから頂いて?いるので、
レミントンの(パーカッション式)ポケットモデルを
参考にしたのかも、ですが、それもコルトがライバルだったので、
直接的にか間接的にか、コルトのポケットリボルバーから
このサイズはきてるのかも、ですね。

ベアキャットとイロイロ

フレーム、グリップ周りが一番近いのはこのニューモデルアーミー
(これもCAW)ですね。

しかし、ベアキャットはトリガーガードを直角に切るのではなく、
アールを持たせたカタチに改良(たぶん破断しにくい)してます。

ベアキャットとイロイロ

レミントンでもカート式のM1875(これまたCAW)なんかは、
ローディングゲードなどが同じ形式になるものの、グリップとの
取り合い部分が直線なので”離れていった”(実際には
ベアキャットが似せてない)トコロ、ですね。

ちなみにレミントンの.22口径で調べてみても、
後のNAAデリンジャーに近いデザインのものが出てくるだけ、
なのでやはりベアキャットはオリジナルスタイル?

しかし”我が道を行く”ハドソンでも、よくわざわざコレを
モデルアップしてくれたものです。

ハドソンはNAAデリンジャーまで作り、業界では”鬼門”
とさえ言われた22口径を3種類(ベアキャット、ハイスタ
デリンジャー、そしてNAAは型を替えてまで!)も揃える、
という稀有な存在でした。

ハイスタはHWSでリバイバルしたので、このベアキャットも
樹脂化、、、できないし売れないよなあ!?




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!
ベイビーとイロイロ
アラスカンとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
リアル?ウォーターガン達
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 ガリルとM4、ついでにFNCとAK74! (2019-11-17 12:12)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 アラスカンとイロイロ (2019-11-01 22:00)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
 リアル?ウォーターガン達 (2019-09-22 12:12)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
>ベアキャットはフレーム構成がレミントンから
フレームはremington new model police に近いイメージとおもいます。
レミントンのパーカッションはサイズと口径でアーミー、ネービー、ベルト、ポリス、ポケットの5種類で22メタルカートのポケットモデルがイロコイスかな
レミントンもコルトに続いて社業継続が危ぶまれていますが・・ 
その影響か コレクターさんたちの雑誌には、コルトには「Colt Collectors Association The Rampant Colt 」、レミントンには「The Remington Society of America journal」があり ネットで表紙のテッポウだけでも眺めるのを楽しみにしていましたが 最近どちらも休刊状態みたいで残念です。
Posted by ないとあい at 2019年01月06日 17:31
ないとあい様こんばんは。
>最近どちらも休刊状態みたいで
あちらでもネットの普及で雑誌は売れなくなっているのかも、ですね。
ネットにUPされる記事、画像が今までのように爆発的に増えるならともかく、
ネットの場合、大多数の撮影者,執筆者はタダ(報酬は運営側だけ)なので、
今後雑誌媒体が倒れたあと、ネットの情報も減る、という可能性もあります。

まあ、利益を”報酬”だけ、と考えなければ、ネットにUPする者は減らないのかも、ですし、
またそうした状況になれば(ニーズがあれば)他の形で情報を流通させるでしょうが(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年01月06日 22:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。