プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年12月16日

ベレッタM92SB+M92F

今日の「☆ランヤードリング☆」は、ベレッタM92を。
ベレッタM92SB+M92F

M92シリーズでは、コルトM1911などと同じ場所、
グリップ底面にリングが別部品で付けられています。

ベレッタは初の9ミリモデル、M1951から、
ランヤードリングはこの位置についていますが、
M92S(SB)までは穴が前後(銃口と同じ向き)なのを、
Fで左右に90度変更しています。
上の画像、左がM92SB、右がM92Fです。

スズキ(ACG)M92SB(左)とマルシンM92F
ベレッタM92SB+M92F

今回は大サービス?登場モデル増量中で、
WAからガスBLKでセンチュリオンにもご登場願いました。
右がM92F、左がセンチュリオンです。
ベレッタM92SB+M92F

ついでですが、M1951,M92(SやFの前のモデル)では
マガジンキャッチがグリップ側面の下のほうに付いており、
この位置は、ワルサーP38などのランヤードリングの位置です。
装備が場所の取り合いをしているんですね。





同じカテゴリー(☆ランヤードリング☆)の記事画像
SP2022ジャンダルムリ
MEUピストル
SIG P220
FN M1900
グロックG17
浜田式拳銃
同じカテゴリー(☆ランヤードリング☆)の記事
 SP2022ジャンダルムリ (2009-12-21 20:20)
 MEUピストル (2009-12-18 20:20)
 SIG P220 (2009-12-17 20:20)
 FN M1900 (2009-12-15 20:20)
 グロックG17 (2009-12-14 20:20)
 浜田式拳銃 (2009-12-11 20:20)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。