2018年08月04日

Cz75の欠陥?論争

きょうはCz75の欠陥論争!について。



えーっと、この問題はとあるブログをきっかけに、
月刊ガンプロフェッショナルで反論が掲載された
ものなのですが、個人ブログ情報の信頼性に
疑問を呈する記述もみられるので、ヒトゴトではない!
と思った次第です、はい。

事の始まりは元銃雑誌ライターであり、自らも
電子版ガンレポート誌を販売していた、
たかひろ氏のブログ「25番」にて、入手した
Cz85の脆弱性を指摘、改良記がUPされたことから。

Cz75(Cz85)のスライドストップ軸はバレル後退の
ストッパーとなっており、他にストッパーを持たないために、
軸が傷み、最悪の場合破断に至る設計上の欠陥がある、
というのが氏の主張(ワタクシのオリジナル要約、詳しくは
元ネタを参照のこと)でした。



このブログ記事について、読者から質問があったため、
ガンプロフェッショナル9月号にて、テリーヤノ氏が反論を
掲載しています(P130~135)。

反論の論点ですが、
①、Cz75は多くのコピー/クローンがあり、それらも
  この構造を踏襲している。
②、スライドストップ軸だけで銃身を受けるのは他機種
 にもみられる。
③、競技でCz75を使用するなどの経験があるが、
 軸破損を経験したことも目撃したこともない。
④、伝聞で破損例があるが、それは.40S&W口径だった。
⑤、機種によっては予備のスライドストップが付属している。
⑥、軸は電気回路におけるヒューズ的役割ではないか。
⑦、Cz75のフルオート版でも同じ構造で問題が無かった。
というところかと。
(下の画像、左からKSC 1st、2nd、そしてMGCの
コンバットカスタム)



まず、たかひろ氏の主張ですが、氏の所有するCz85
(Cz75にアンビスライドストップなどを加えたモデル)には
500発ほどの発射で軸に傷が生じています。
たかひろ氏はSFやタンフォリオのCzクローンの軸破損も
目撃している、との事。
また、他機種がバレルをフレームで受けているのとも比較、
所有するCz85にラグを溶接で作って対策、結果良好との
事です。

氏の事例報告には個人的に納得、です。
メーカーがラグを増設しないのは、切削後溶接とかしないと
フレームには形状的に付けられない、バレルも材料が大きく
なり(原価はしれていると思いますが)、切削量も増大する、
ということが伺えます(ワタクシの意見)。

次にヤノ氏の主張ですが、、、
①はクローンでも軸破損があり、コピーメーカーが
 オリジナル以上の改良を施す保証もないので✖。

②は.380など低威力のものでは問題が無くても
 Cz75で問題が発生しないとはいえず、また軸の細さ
 (面積当たりの耐荷重量を超えている)に起因するため、
 他機種の事例は”安全性の立証”には不足。
 衝撃荷重を算定し、鋼材の許容荷重以下だというなら
 納得できるが、たかひろ氏指摘のように変形している以上、
 これを超えていることは明らか、✖。

③は”自分が見てない”だけで、他の目撃例(たかひろ氏)
 には反論できません。反論するならその目撃が確かな
 ものなのか、発生状況(総発射数)などがわかるか、
 ですが、そういう記録をちゃんととってなくても、ともかく
 ”折れない”に対する反証にはなるでしょう、よって✖。

④は大問題です。.40S&W版も”製品”なのですから。
 もうCzの脆弱性を証明しちゃった!ため、当然✖。

⑤に至っては、メーカーも脆弱性を認識している、
 ということですよね。
 まあメーカーとしては、「ヘビーユースだとここは
 弱いケド、欠陥とまではいえないよね」という
 スタンスかも、ですが。
 当然反論としては✖です。

⑥折れると使用不能になり、またスライド、バレルが
 脱落する恐れがある ”壊してはならない”部品を
 保護要素とするのは✖。
 そもそも、軸を壊してまで保護するようなところは
 ドコなの?

⑦は納得しそう(連射で通常より過大な荷重となり、
 また発射数も多くなる可能性が高い)ですが、単に
 バリエーションで壊れていない例があるだけでは
 破損例を覆せません。よってこれも✖。

あの、この記事、(”個人ブログ”の情報に踊らされず、)
内容を吟味する慎重さを訴えて締めているんですが(爆!
あ、画像はKSC 2ndに実物グリップ)。 



KSCのスライドストップ軸は面取り部分もありますが、
軸径としては4.8mm、ブローニングハイパワーなどと
比べると特に太い、とはいえず、もう0.5mmでも太ければ、
と思わせられます
(画像左がKSC,右はMGC)。



この論争で本来争点となるべき”欠陥”とは、ですが、
明確な基準がなく、日本の法律でも「通常予見される使用形態、
(中略)製造物が通常有すべき安全性を欠いていること」
とされており、どの程度までかは、メーカーとユーザーの
争いドコロ、たかひろ氏には許しがたい”欠陥”だとしても、
Czとしては5000発持てばOK、なのでしょう。

そしてヤノ氏の反論は、上のように全て却下されると
ワタクシ的には思います(百歩譲っても脆弱性は明らかで、
メーカーも”欠陥”とは言わないが”弱点”だとは認識している、
というトコロかと)。

米国のXM9ピストルトライアルでは、5000発中8回以下の
マルファンクション、という要望がありました(でも復旧しない
破損だと試験続けられないよね)し、ここで選定されたベレッタ
M92Fは(オーバーロードが原因らしいですが)スライドの破損が
起こり、対策品のFSが作られています。

歴代のマスターピースでも、P08はプライマーが破れてFピン
周りが吹っ飛ぶ(対策としてガス抜き用切り欠きを追加)し、
P38はスライド上のカバーが吹っ飛ぶ(戦後カバー自体を
無くした)始末。
ガバだって板バネ式エキストラクターをコイルスプリング式に
変えたクローンが主流になっています。
S&Wのリボルバーでバレルに亀裂が!というのも聞きますし、
日本に納入されたモノがクラックが入って回収になったとか!

そもそも鋼材使用設計の基準、1000万回の繰り返し耐荷重、
に比べれば銃器は(軽量化の為、と摩耗などで元々寿命が
くるのに合わせて)大きく超えるところで設計されており、
バランスをとるには、製造も含めていわゆる”長年のカン”など
ノウハウが無ければ補えない難しさがあると思います。

Cz75は、日本製バイクに対するイタリアンのように、
”繊細で頻繁にメンテを要する”存在(しかしそれ故、
その造形は美しい!)なんじゃ?

また個人的には九四式拳銃は”軍用拳銃史上最低の欠陥拳銃”
だと思いますが、たかひろ氏は擁護派です(笑)。

以前、別ブログで”判断力”を養うことこそ教育の目的の一つ、
と書きましたが、とかく人間は偏見(個人,法人や媒体の歴史
に惑わされる)に陥りがち。
冷静に”論理的、科学的視点”を持って考えることが重要なんじゃ?
(*;一部機種名等に誤りがありましたのでUP時より訂正しています)




同じカテゴリー(番組からのお知らせ?)の記事画像
10周年!
トイガンフォトコンテスト2018参戦記
Happy New Year!
2017OTHER SIDE BEST TOYGUN
2017OTHER SIDE Best5!!
150万pv御礼!
同じカテゴリー(番組からのお知らせ?)の記事
 10周年! (2018-05-25 19:19)
 トイガンフォトコンテスト2018参戦記 (2018-03-02 19:19)
 Happy New Year! (2018-01-01 00:00)
 2017OTHER SIDE BEST TOYGUN (2017-12-24 19:19)
 2017OTHER SIDE Best5!! (2017-12-22 19:19)
 150万pv御礼! (2017-12-11 21:59)
この記事へのコメント
初めまして、今回のCZ75の記事を楽しく読ませていただきました。
指摘されていた内容も理路整然としていて非常に納得出来ました。

銃のみならず車や機械等は使用目的や使用状況等を考えて設計されています、その結果生まれたのがCZ75であって、使用目的以上のスペックを求めるならそれはもう違う銃になります。

CZ75の場合、某マンガ等でも説明されていたようにスライドとフレームはスチールでギリギリまで薄く作られているため、外的衝撃で変形しやすい特徴があります。
しかしそれによってあの素晴らしいグリップになっているわけでして……。

どのような銃にも各メーカーが推奨している交換時期があるので、それを下回るようであればそれは欠陥であると言えますが、そうでなければそれはその銃の仕様であると言えますね。

長々と書いてすいません( >Д<;)

そんな自分はCZ75よりもブローニングハイパワー派なんですけどね(^_^;)

いきなりのコメントで失礼しました。これからも頑張ってください。
m(_ _)m
Posted by 裸の男爵裸の男爵 at 2018年08月04日 15:57
裸の男爵様初めまして。
>今回のCZ75の記事を楽しく読ませていただきました
有難うございます!
こういう硬い(欠陥問題)内容を、コーイウ緩い場で如何に平易に問うか?
悩みましたが、楽しんで読んでいただけた、というなら大成功です。
これからも宜しくお願いいたします。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月04日 18:33
この記事は小生も読みました!。
25番と云うブログの事は知ら無かったのですが、気に成ったので探し出して、
当該記事も読みましたよ。

結局!、欠陥と捉えるか、そう云う仕様の消耗部品と捉えるかの、認識の違いですよね。
小生は紅猫さんと同様たかひろ氏を支持しますね、何故なら彼は個人的アイデアですが、
具体的な改良策を示し実践しているからです!。
少なくともヤノ氏の記事には具体性が無いと思います。

極端に言えばたかひろ氏もヤノ氏も、自分の経験則や他からの伝聞だけを述べ、
何も科学的な証拠や数理的なデータを提示している訳では無いので、やや水掛け論的な論争に成っていると思いますね。
それもそのはず御両者共、メーカーでも無ければ、銃器検査機関でも無いのですから、
そんな証拠やデータなんか示せる訳が無い!。

続く
Posted by ご意見有用 at 2018年08月05日 14:43
続き

でも!水掛け論と成った責任は、ヤノ氏に有ると思います。

ヤノ氏は反論記事の終わりの方に、疑問を呈するのなら科学的根拠を示すべきだ!、
と云う趣旨のことを書いておられますがそんな事は、前のコメントにも書いた通り非常に難しい、
殆ど無理難題と言って良い程ですね!。
御両者共ガンレポーターの経験が有るとは言え、1ユーザーで有る立場に変わりは無いのです。

それに、たかひろ氏の意見に先に反論したのはヤノ氏の方なんですよ!。
あそこまで書くのなら、ヤノ氏の方が科学的根拠なりデータなりを示して反論するのが当然、
そうするのが礼儀と言うか人の道です!。
あの反論記事は唯の伝聞や経験だけで、全く具体性が無いじゃないですか!。

又、誰かが或る事について個人的なブログに疑問を呈したからと言って、
一々証拠やデータを示さなければ成ら無いのでしょうか?。
世の中には色んな考え方が有って、それは尊重されるべきで、
それらの中から人は自分に合った情報を、日々取捨選択している事は、
ヤノ氏自身が書いた通りです。
然るに単なる個人的意見に対して、商業誌とは言え数ページを使い、
あの様な何の科学的根拠も示して無い反論を、偉そうに書くのは、
上から目線の高ビーの何様!としか小生には感じられません!。
Posted by ご意見有用 at 2018年08月05日 15:29
ご意見有用様こんにちは。
>欠陥と捉えるか、そう云う仕様の消耗部品と捉えるかの、認識の違い
これは”程度問題”で、またシロクロつけたところで得るものより失うものが多い
でしょうし、ユーザーの賢い姿勢は”君子危うきに近寄らず”、メーカーはあくまで”仕様です”(”良心的なトコロ”はコソっと改良してくる)を通すでしょうね。

ただ、少し指摘しましたが、大量の破壊例などのデータを集めなくても、
壊れた部品の断面を顕微鏡で見れば、疲労破壊(小さな荷重の繰り返しが原因)か
どうかは判断できます(これも工学的知見により”証拠”になります)し、
たかしろ氏指摘の軸の傷(変形)も、正に過大な荷重がかかっていると
(工学的に認められる)”証拠”です。

ガンプロの問題は、ライターも編集も”わかってないのにプロ目線”では?です。
特に個人ブログに売られた喧嘩は買いますよ!
(広告主のお金で食ってるのと違って、”探求心”や”知識欲”、そしてある意味読者の為に
ボランティアでやってる崇高な理想家達をなめんなよ!です)
また潰れなきゃいいけど、、、
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月05日 16:35
紅い猫RRⅢ 様
私はCZ75の生まれた「時代背景」でCZ75シリーズを考えました。当時チェコはワルシャワ条約機構の一国としてソ連式の軍用装備一色でしたが、「プラハの春」事件によってNATOとソ連の板挟みの苦しい立場に置かれたことから、ソ連からの軍事援助が停止することを想定して兵器体系の見直しをしたことでしょう。その状況の手本としたのが2次大戦中のスイスであったか?スイスは大戦勃発後ただちにピストルのトライアルを実施し、ハイパワーのコピーではなくM1935設計のペッター氏アイデアのカムスロット・バレルを使うP47(P210)を採用しました。当時スイスは隣国ドイツが戦況逼迫で銃器を切削からプレス加工で代替する状況を横目に見ていたはずです。P210の特徴であるフレームレールは戦時にはフレームをプレス加工で代替でき、カムスロット・バレルは軸1本(戦時はボルトでも)でショートリコイルメカを作動させフレーム側に精密加工を不要にするアイデアと考えます。プラハの春の緊急事態でCZ社はモデル75を急遽設計するにあたり、P210のバレル、トリガーハンマーメカとフレームレールのデザインを流用し、フレームは最初から戦時プレス加工の場合の板厚と形状そのままに切削加工したと考えます。1stモデルは試作であっったから細部まで入念な加工と不要なレール部は削られていますが、量産2ndはレール長が基本に戻り仕上げがブルーイングではなく塗装であったのもまさに戦時対応モデル! そのような理由からスライドストップ軸の問題は軍用設計デザインの範囲内と考えます。 また衝撃を分散できるリング形状が特徴的なカムスロット・バレルは最近ではフレーム強度のないポケットサイズでも9mmが使えるということで人気ということかな。
Posted by ないとあい at 2018年08月05日 22:20
ないとあい様こんばんは。
>「時代背景」で
チェコの情勢と工業技術などの背景は気になりますね。
Cz75も当時の西側の流行、アルミの導入は技術的に難しかったのが、
逆に幸いして、、という気もしますが、2ndでロストワックスを導入してたり、
なかなかどうして”遅れていなかった”ようですし。

プレスは独だけでなく、車で使われ米でも進んでいたものの、
東欧はAK47の試作で躓いているように遅れていたのカモ、ですが、
チェコ(スロバキア)はどうだったんでしょうね?!
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月06日 00:37
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。