2018年06月22日

ヴァッシュの水鉄砲?!

吞兵衛の聖地、オタク赤バニー
(って、白も黒も出てますが、、、
「東京都北区赤羽」はノンフィクションで
実在の人物・団体・事件などとかなり関係あり、
だそうで、しかも作者が飲み過ぎによる
体調不良で近く連載を終える予定、
という、ある意味”命がけ”の作品、
って関係ない?! ああ、そーですか!)


さてきょうはアルゴ舎の本格SF水鉄砲シリーズ第二弾?!
ヴァッシュの銃(シルバー)を。



アルゴ舎は「ブレードランナー」のデッカードブラスター
(下の画像)を水鉄砲化し販売、これが(たぶん)大ヒット。



で、今回、第二弾として発売されたのがコレ、
「トライガン」の主人公ヴァッシュ・ザ・スタンピードの銃です。



今回はどうやら正式ライセンス?らしく、パッケージに
作品名どころかイラストまで使用され、本体の大きさもあって
カナリ大型のブリスターパックになってます。



封を開けると未組み立てのグリップと本体が出てきます。
台紙の説明によると、コレを購入者が組み立て
(接着剤などは付属してません)、ということですが、
まあ左右のグリップをはめればOK(接着しなくても
じゅうぶんなカンジ)。



この銃、中折れ式でブレイク用のレバーがアンビ
(もちろん無可動ダミーですが)、でもマテバ,キアッパ同様
シリンダー下側にバレルが配置されてるんですが、
ハンマーはどうもシリンダー上を叩くっぽいカタチ、、、

ということはやはり上がバレルで水が出るところは
レーザーサイトなの??



まあ細かいトコロは置いといて(爆!)、
水鉄砲性能は説明に書かれてる通り”低性能”のようですが、
今回水の注入口を本体上側に移動、そして使ったあと中の
水を抜きやすいよう、本体底のグリップエンド部にも
水抜き穴を設けてくれています。



今回はクリアー、ブラック、レッドの色違いだけでなく、
グリップのセットもあるようなので、組み替えたり
塗り直したり!イロイロ楽しめそうですね。

それにビーチにプール!という
シーズンに間に合った!し(笑)。

アルゴ舎では、次にモーゼルミリタリー(C96)とそのストック!
を予定しているそうなので、ますます期待が高まります。

そしてリアル水鉄砲シリーズでコルトM1900とか、
グリズリーとか! レアなモデルを作ってほしい!!

前回は発売早々に売り切れ(再生産してます)たので、
気になった方は、早速入手を!




同じカテゴリー(こんなモノ番外編)の記事画像
2018ショットショー冬の部
S&W 460マグナム ダミーカート
Figma バイオニック・ジョシコウセイ
リトルアーモリー 照安鞠亜
世田谷ベース ガンコレクション
2018ショットショースペシャル3
同じカテゴリー(こんなモノ番外編)の記事
 2018ショットショー冬の部 (2018-12-01 17:43)
 S&W 460マグナム ダミーカート (2018-11-07 19:19)
 Figma バイオニック・ジョシコウセイ (2018-11-02 19:19)
 リトルアーモリー 照安鞠亜 (2018-10-28 12:12)
 世田谷ベース ガンコレクション (2018-10-14 13:09)
 2018ショットショースペシャル3 (2018-09-15 20:21)
この記事へのコメント
こんばんは!
こちらのメーカーの水鉄砲シリーズは楽しいですね!!
欲しくても、なかな、か手が出せないところを、格安で提供!
子供から大人まで、特に大人が楽しめる!
次回作のモーゼルも期待します。
Posted by 松本市在住 at 2018年06月22日 21:00
松本市在住様こんばんは。
>特に大きな大人が楽しめる!
これまでの2作はSFですが、次は実在するモノですし、今後が楽しみですね!
コスプレなどで持つ場合、エアガンだと問題(誤解)があるそうなので、”水鉄砲”は
うってつけ、のようですし。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年06月22日 21:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。