2018年08月17日

S&T MG42

”盆踊り”といえば、
今やアキラ100%?!

(そーいやアルミのお盆、すっかり
”芸”でしか見なくなったような?)

あ、さてきょうは久方ぶりの大物、
S&Tの電動マシンガン!グロスフスMG42を。



実物はWWⅡの真っ最中、1942年にMG34の
コストダウン(生産性向上)を狙って開発されたもので、
ショートリコイル(ローラーロッキング)で毎分1200発!
という超高速連射型です。

その発射音から「ヒトラーの電気鋸」と呼ばれ、戦後も
改修型MG3が使われるなど、多目的機関銃の
代表的モデル、ですね。



MG42は日本(ショウエイ)で電動ガンが作られていた
のですが、それをコピーしたのか?海外製が出てきて、
ウチでは常連と化したS&Tもモデルアップ、価格的にも
魅力的!なのでつい、、、



バットストック、マガジン(とアダプター?)、バイポッドに
チャージングハンドル?など一部が分解された状態で
箱に入ってますが、まあ組み立てはそんなに手間ではなく、
でもサバゲーに持ってくときにはマガジン外すくらいで
済ませたいカモ、ですね。

長さも長いですが、それより重さが、、、
(諸元によると6.8kg!)
フツーのライフルバックでは無理かも!



ハイダー+リコイルブースターは削り出しのようで、
ちゃんとストッパー(回転止め)も機能してます。



サイトは前後可倒式で、一応対空照尺取り付け用の
穴もハンドガード?に付けられてます。



左右はフロントのネジを緩めて、ですが、上下は
タンジェント式でスライダーによって操作でき、
照準線長は短いものの、リアサイトと顔に距離が
あるのでオープンサイトでも狙いやすいです。



ドラムマガジンはBB弾がタップリ(2500発?!)
入ります。
取り付けはこのようにアダプターを機関部につけ、
スプリングの給弾部を押し込んでからマガジンを
ロック、更に下の電線!を繋いで(給弾も電動で
単三電池4本がマガジンに入ります)発射準備OK,です。



ハンドガード?は実物同様スチールプレス!で、
意味はないケドバレル交換用レバーも可動、
あ、チャージングハンドルも動きます
(こちらはガタが多かったので、スライダー部分に
樹脂板貼って傾かないようにしました。
UP画像無いケド!)。

バイポッドはワンタッチで取り付けられ、収納状態で
ハンドガードにロックでき、開くと自在に動くよう関節?が
設けられており、また開脚角度もノブで調整可能!と
至れり付くせり、さすがにドイツ製、このあたりは手抜き無し、
ですね。
(でも逆にバイポッドで支えてても銃が傾きやすいケド!)

できたら対空照尺とか、ボックス(四角い箱にリンク付き
弾薬)式マガジンとかのアクセサリーも期待したいところ、
なんですが、ダブルドラムマガジンなんかは
実在したのかな?




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
CMC ハンドエジェクター!?
マルイ ワルサーP38
S&W M&P9L
ウィンチェスターM70
ZEKE CMCダイヤモンドバック!?
ベクターCP1
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 CMC ハンドエジェクター!? (2018-11-04 12:12)
 マルイ ワルサーP38 (2018-10-24 19:19)
 S&W M&P9L (2018-10-17 19:19)
 ウィンチェスターM70 (2018-10-03 19:19)
 ZEKE CMCダイヤモンドバック!? (2018-09-28 19:19)
 ベクターCP1 (2018-09-21 19:19)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
「六分の一」ではなくてリアル「一分の一」! 次は三脚だ!! 無可動用ホンモノのラフェッテもありますね♪
MG42はコストダウン仕様だから? ベルト給弾オンリーで ドラムマガジンはベルト収納箱ですね。
MG34はバラ弾も可能(専用トップカバーに交換?)でダブルドラムマガジン Patronentrommel の中身はスプリングロードのバラ弾仕様です。
ベルトが使えない航空機や戦車用機銃には終戦までMG34だったみたいですね。
Posted by ないとあい at 2018年08月17日 22:20
ないとあい様こんばんは。
>「六分の一」ではなくてリアル「一分の一」!
まあ箱は普通のライフルよりちょっと大きいだけ、ですが、
重量は倍!ですね。
コレを担いでサバゲはかなり気合がいるんじゃあ、、、

>中身はスプリングロードのバラ弾仕様
するとダブルドラムマガジンはMG42には付かないですね。
アニメなんかに出てくるのはフィクション?

>航空機や戦車用
給弾方式だけでなく、毎分1200発のフルオートオンリーですから、弾もバレルも
たくさん使うだろうし、
結果的に、ですがMG34とは棲み分けしたっぽいですね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月17日 23:03
MG34もMG42もショートリコイルなので、アウタージャケットの中をバレルが前後動しますから、
戦車に搭載するには、銃架と成るジャケットを専用の物に作り変えなければ成りません。
その場合に問題と成るのが、バレルの交換方法です!。

MG34ではバレルを真直ぐ後方から出し入れするのに対し、MG42では右横に振り出してから斜め後方から出し入れせねば成らず、
戦車搭載専用のジャケットの設計製造が難しいのだとか。
それがMG42が戦車用に採用され無かった一因だと、何かで読みました。

歩兵用ではMG34よりMG42の方がバレル交換は簡単なんですが、戦車用では逆だったみたいです。
Posted by ご意見有用 at 2018年08月18日 02:45
おはようございます。
大型のコレクションは羨ましいです。
保管場所が無いので、諦めています。
朝早くから、レッドホークの10,5インチの置き場所探しに苦労してます。
最近見かけない、アルミのお盆ですが、
20年前位から、樹脂製品に代わりました。
載せたものが滑らない事。汚れが目立たない事。もし落としても大きな音がしない事。熱が伝わりにくい事等々・・・利点が多いようです。
しかし、アルミのお盆の凄い処は、いくら傾けても手から離れないんです!
(注) 潤いのある手のひらですよ!!
Posted by 松本市在住 at 2018年08月18日 08:38
ご意見有用様こんばんは。
>MG42では右横に振り出してから斜め後方から出し入れ
フィールドでの使いやすさと、狭い車内での操作は両立しないので、車載用としての機能は
あっさり捨てた、というところでしょうね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月18日 21:11
松本市在住様こんばんは。
>レッドホークの10,5インチの置き場所探しに
いや、ウチも”満杯”状態なので、効率を上げて収納スペースを確保しつつ、です。

>最近見かけない、アルミのお盆
確かに音は大きいですね。
それに、ヘラ絞り加工業者がすごく減った気がします。
アルミもプラスチックと同様、とはいきませんがキャストは可能、とはいえ
断熱性や軽さなどはかないませんね。


まあ、それぞれ”棲み分け”で利用が進んでますが、なんか銃器の素材でも
同様のところがありますね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月18日 21:39
因みに!。
小生はアサヒファイヤーアームズ製のBV式ガスフルオートのMG34を持ってますが、
あれは高かったな〜!、約30年程前に値段が20万円位したもんな〜!。

でも、ほんの2,3度しか撃った事がなく、今では殆ど物置の肥やし同然と成り果ててます・・・orz。σ(^_^;)
飾ろうにも大き過ぎて、我が家の現状では厳しい!。
それでも以前は飾ってた時期も有ったんですが、そのまま床や畳の上に置くと、
バイポッドの設置面に突き出ている、三角形状の突起が喰い込んで傷付けてしまうので、
厚いゴムブロックを噛ませていましたよ。

紅猫さんも気を付け無いと、小生の二の舞いに成るかもよ?。\(^o^)/
Posted by ご意見有用 at 2018年08月18日 22:26
ご意見有用様こんばんは。
>BV式ガスフルオートのMG34を
MG34!
いいですねー!!

S&T価格で出れば、、、でもやっぱり大きすぎ、重すぎですよね。
このMG42も(いや最近トイガン全てが)”資料用”で、物置保管です!!

あ、ちなみに自分の部屋でも、(撮影予定のとかを)箱に入った状態で少し置くくらいで、
ドールも銃も飾ってなかったりします(あ、小さなフィギュアは少しあります)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年08月18日 23:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。