2018年04月06日

S&W M945

きょうはメカメカ通信12号?!
KSCのS&W M945を。



S&Wは自社開発のM39を発展させ、
45ACPのM645などを作ってきましたが、
それでもM1911(とそのクローン)の牙城を
崩すには至らず、というか、9mmでも
欧州勢に押しまくられ、とうとうDAを捨て、
フレームにセフティを移し、グリップセフティを
付けたM945を(あくまでカスタム扱いですが)
作ります。



もうこうなるとM1911、としないのがS&W、
あくまでスライドなどは独自(というか、
フレームの方がムリヤリ感が、、、)。



カッコよく肉抜き加工したうえに、セレーションを
ウロコ状(スケイルド)とし、マズルブッシングには
樽形状(スフェリカル)を採用し、ティルト動作に
追従させるなど、凝った装備、高価になりましたが
人気もあった、ようです。



ただ、自社でもまるまる(エキストラクターとか
改良はされてますが外観、ね)M1911、のクローンを
始めてしまい、このカスタム、というか
”意地でもS&W"党向けの製品は終わったようです。



トイガンのほうも、KSCはM945シリーズを終了、
とか思ったら、今もカスタムモデルなんかを直販で
売っているようですね。

この直線を基調にした”メカメカ”しいデザインは大好きで、
コンパクトシリーズを中心に集めてしまっているのですが、
今回は基本のフルサイズ、ということでコレにご登場
願いました。

あ、セレイションがフツーのもそのうち、と思ってますが、
モチロン経済事情と置き場!(これも広義の経済事情?)
が許せばたくさん出たフルサイズのカスタムも欲しい!かな?




同じカテゴリー(メカメカしいヤツ!)の記事画像
KSC AP200
ベレッタ エリートIA
S&W M327 R8
XDm40
S&W M645
シーキャンプカスタム
同じカテゴリー(メカメカしいヤツ!)の記事
 KSC AP200 (2018-12-09 13:35)
 ベレッタ エリートIA (2018-11-14 19:19)
 S&W M327 R8 (2018-10-12 19:19)
 XDm40 (2018-09-02 17:17)
 S&W M645 (2018-08-15 18:04)
 シーキャンプカスタム (2018-07-20 19:19)
この記事へのコメント
こんばんは!

私のところには、黒い945がいます。
基となるS&Wの設計が良いのか、KSCの再現技術が凄いのか
どちらにしろ、良く出来たトイガンだと思います。
KSCでは、製造終了しても在庫があるうちは、廃盤扱いに
ならないみたいですね。
Posted by 松本市在住 at 2018年04月06日 20:00
KSC、いいな~(^^♪
昔は結構買ってたメーカーっす
スライドストップのノッチ対策がイマイチだったので結局手放した(/_;) 貧乏だから売ったとは言えない(笑)

エントリーA1また買いたいな~(>_<)
Posted by nozopon at 2018年04月06日 21:33
松本市在住様こんばんは。

>在庫があるうちは、廃盤扱いにならない
まあ在庫すら無くなっても、再生産する気なら”現行”ですよね。

問題はパーツ供給のほうが続くか、カモ、です。

M945は表面加工もトリガーのキレも素晴らしいので、
消えてほしくない機種、です。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年04月06日 22:46
nozopon様こんばんは。

>スライドストップのノッチ対策がイマイチだったので
マルイさんの対策がWAなどにも広がり、KSCでもSTIシリーズとかは改良してたのかな?
まあ、昔からのモデルガン世代はスライドストップを指で下げないという”作法”が
身についちゃってるので、 逆に”指デコック”対策された機種のトリガーのほうが
違和感あるんですが(笑)。

また機械屋から見れば、キャストで”綺麗すぎる”マルイより、機械加工を多用したKSCのほうが
”お得感”が高くて、ついソッチに流れてしまいます。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年04月06日 22:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。