プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2018年03月09日

M629同志で

きょうは比較ネタ、このあいだ入手したタナカ M629を
コクサイやPC3インチなんかと。

M629同志で

えーっと、タナカ M629は比較的新しい型を、コクサイは
M629登場当時の型を再現しているようで、また、
コクサイでも旧型はセミワイドのハンマーで、ちょっと特殊
(当時コクサイはM28も作っていたため、共通パーツで
M629化しちゃった!)なんですが。

M629同志で

左から、コクサイ旧(Ⅱ?)型、コクサイ新(最終)型、
タナカです。

トリガーが順にナロー、セミワイド、ワイドとなってますが、
コクサイの新型にワイド、タナカにセミワイドの方が
考証的には合うんですが(笑)。

シリンダーはコクサイが両方ともカウンターボア、
タナカはバレル止めピン無し、バレルが6.5インチと
この辺りも苦しいトコロ、なんですが、コクサイも
トリガーだけでなく、ヨークとフレームのバレル取り付け
部分に謎の溝!とか、まあ拘り出すとイロイロあり、
結果このようにたくさん集まる、という、、、

あ、グリップはコクサイ新型が実物と互換性が高く、
タナカは少し違うので、とんかちグリップ用にタナカ、
となっちゃった、的な理由もあります。

M629同志で

タナカさんのガスガン版、PC(パフォーマンスセンター)
3インチとも。

タナカさんは元々PCカスタムなど新しめのM29系を
作っていて、更にM29の6.5インチを重視していたため、
初期のM629などとは少し違う、という結果になったようで。

ただ、M29でも初期のカウンターボア仕様を別に作った
ほどなので、決定版M629も将来的にはあるカモ!


同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
S&W M500でイロイロ
M92とM73
タナカ金属SAAとイロイロ
Czのフレームとスライド
Kフレラウンドのグリップ
ハドソンの十四年式と
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 S&W M500でイロイロ (2020-07-05 12:12)
 M92とM73 (2020-06-24 19:19)
 タナカ金属SAAとイロイロ (2020-04-26 12:12)
 Czのフレームとスライド (2020-04-19 12:12)
 Kフレラウンドのグリップ (2020-04-08 19:19)
 ハドソンの十四年式と (2020-04-03 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。