2017年12月08日

M627入りました~!

みんな!上司は「おやがわり」であっても
「おやつがかり」ではない!!
(過剰な要求は”逆パワハラ”だっ!
ナンデ列車遅らせてまで行列に並ばなきゃ
ならんのか!! 
なくぞ! ニャーってなくぞっ!?)

さてきょうも買い物日記、タナカの新製品
(といっても少し前)、S&W M627を。



タナカさんは以前、Nフレ バリエーションとしてM327
PC(パフォーマンスセンター) R8というモデルを
制作、こちらはM&P(ミリタリー&ポリス 5インチに
アジャスタブルのV字状サイト)と2インチの固定サイトで、
最近Ver2.0版が発売になってます。

その後、5インチのシルバーモデルが復活したのかな、
と思ってたら(ソレも出てましたが)、なんとM627として
新規のバレルを起こしていました!

不覚にも?うっかりM327のバリエだとスルーしていたところ、
「マッタリ 子連れ狼が撃つ」の子連れ狼様が購入、
某BBSにも書き込みされており、遅ればせながら
(いまタナカではHW黒の”M627”?を作ってます)確保!!

あー間にあって良かった(こういう機種は再生産までの
スパンが長く、しかも次はジュピターとか仕上げ違いが
しばらく続くハズ)。



箱は今回黒色のシボ付上蓋で、シールはS&Wの実物っぽい
最近のタナカでは共通の仕様ですね。



M327ではバレル下にレイルが彫られ、上にも付属の
レイルを付けられる、というオプションてんこ盛り向け?の
仕様でしたが、コレは斜めにラグが削り取られたシンプルな
シルエットで、M629コンプハンターに近い形です。



8ショットのシリンダーはそのまま、ですが内部はホップも
含めてリニューアルされ、ウチでは試してませんが命中率も
向上してるとか!



ABSでも、金属のシリンダーにウエイトをぎっしり詰め込んだ?
グリップのおかげで重さは確保されており、SUS風メッキの
金属感とも相まって、”満足感”高し!です。

実はHW版が今月リリース予定、なのですが、M627(6はSUSを
意味する)で黒いのはもうM27じゃね?とか思っちゃうし
(いやM327で逆にシルバー!ってのも出てますが)。

それに、コレは両サイドが削り落された”スラブバレル”なので、
本来M&Pより軽量化に拘ったモデルでもあるし。
(ジュピターが将来出ても、高価で被膜の弱そうなジュピターは
今まで避けてきたし)。



今回、リアサイトは通常の白ラインで囲んだものに戻され
(画像ではぼやけてますが!)、Fサイトはパトリッジ型に
真鍮製のビードが付いたものになってます。

タナカさん、今度はコレの2.5インチなんかも、
作ってくれません?




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
ウィンチェスターM70
ZEKE CMCダイヤモンドバック!?
ベクターCP1
AK74U
ラウンドバットのミリタリー&ポリス
ブラックホークハンター!!
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 ウィンチェスターM70 (2018-10-03 19:19)
 ZEKE CMCダイヤモンドバック!? (2018-09-28 19:19)
 ベクターCP1 (2018-09-21 19:19)
 AK74U (2018-09-17 18:19)
 ラウンドバットのミリタリー&ポリス (2018-09-09 17:19)
 ブラックホークハンター!! (2018-08-29 19:19)
この記事へのコメント
こんにちは。

私も、327のバリエーションと思ってました。
タナカの新製品開発は、止まりませんね。
あの一件の悔しさが、原動力になっているのでしょうか?
熱いタナカワークスを、微力ながらも、応援したいです
Posted by 松本市在住 at 2017年12月09日 10:46
松本市在住様こんばんは。
>タナカの新製品開発は、止まりませんね
もちろんバージョンアップ、再販も多いんですが(笑)。
でもこのように”シレッと”新規金型(今回バレルだけ、ですが)起こしてくれるのは嬉しいですよね。

>あの一件の悔しさ
あの事件も、タナカ社長が購入者を救うために自身の主義主張を曲げ、
警察の主張を受け入れた、という面があると思います。
そうしてメーカーによる回収の道を残し、ユーザーが”違法所持”にならない形を
選んだんじゃないかと。

現在も”グレー”な商品がありますが、勝手な解釈「違法でない」主張までするところまであり、
販売者に果たしてユーザー皆の分までまとめて責任取る覚悟があるのか、
はなはだ疑問(というか無責任にも程がある)なのと比べると、タナカの社長は“漢”ですよね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年12月09日 21:37
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。