プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2017年10月04日

M79+M39

きょうはM79入手記念?久しぶりに主従装備研究会ネタ?!
M79グレネードランチャーとS&W M39を。

M79+M39

えーっと、これらはどちらも(WWⅡ)戦後に開発されたモノで、
M39は軍制式にはならなかったものの、少数は使われたとか。

M79+M39

あ、M79はちゃんと制式となり、製造はコルトで行われたそうです。

現在はアドオン(普通の銃にくっつける)タイプのM203に
大多数が置き替わってしまったそうですが、非致死性の弾を
使う警察関係などでも使われて現役、のようです。

M79+M39

対してS&W M39ですが、M1911に替わる制式を目指したものの、
戦後ダブついた装備の更新自体がなく、結局新型拳銃トライアルが
始まったときには、多弾数型でサイトも改良したM459の時代、
競争激化であえなくベレッタに制式の座を奪われてしまった、
”早すぎた”モデルかも。

M79+M39

それでも一部9mmのSMG(カールグスタフ)などを使う際には、
カートの共用が効くので便利だったのか、上で書いたように
少数は使われていたそうで、特に海軍の特殊部隊用
サイレンサー付き(Mk22 Mod0)は”ハッシュパピー”という
笑えない愛称で有名ですね。

M79+M39

ということでナム戦期の特殊部隊、または米国内で公的機関が
”暴徒鎮圧用”に、とこのコンビの可能性は(それでも低い?)、、、


同じカテゴリー(メインとサイド)の記事画像
M73とSAA
SG552とP229
CA870とM10
スターリングとハイパワー
ブッシュマスターとウッズマン
HScとMP41
同じカテゴリー(メインとサイド)の記事
 M73とSAA (2020-07-08 09:19)
 SG552とP229 (2020-06-03 19:19)
 CA870とM10 (2020-05-13 19:19)
 スターリングとハイパワー (2020-03-25 19:19)
 ブッシュマスターとウッズマン (2020-01-26 12:12)
 HScとMP41 (2020-01-15 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。