プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2017年09月17日

SAA 2ndのモデルガン

きょうは連休で、しかも台風襲来中!
ということでじっくりSAA 2ndの比較編を
(そーいや以前のランパント入手報告の時も
台風接近中、とか書いてました!
あ、警戒情報には注意して、早めの非難を
皆様心がけてください)。

SAA 2ndのモデルガン

エーット、このあいだランパントクラシック(以下Ram)の
2nd レイト(ニッケル 7.5インチ)を入手
、以前から
持ってるアーリーと、タナカ製、そしてCAW製の4挺になり、
またここに遊びに来てくださるご意見有用様からも
違いについてコメ頂いていましたので、ズラズラズラッと。

SAA 2ndのモデルガン

左から、Ramアーリー、CAW、Ramレイト、タナカです。
CAWはラトルスネークグリップと真鍮トリガーガード、
バックストラップ付き、タナカはスチールフィニッシュです。

フレームトップ(シリンダーの上)はタナカだけが少し
薄いですね。

しかし、タナカはトリガーガードのフレームに接する部分も
薄く、これは一番リアルかも。

あ、CAWのトリガーガード(正にトリガーを守る部分)は
分厚いですが、これは真鍮製(オプション)のためかも、です。

ベースピンの頭のグルーブ(溝)は、CAWだけ3本幅が狭く、
最後の大きめの抉りは逆に大きめ、です。

CAWは宣伝文句?だったベースピンキャッチ?のスプリングが
見えないようになっていますが、他はそういった配慮はなし!
ですね(笑)。

フロントサイトはタナカが前後幅がちょっと小さいのかな?
Ramのレイトと共に高めに感じますが、これはキャバルリー
(7.5インチ)のため、なのかも。

SAA 2ndのモデルガン

順番が(左から)CAW、Ramアーリー、Ramレイト、タナカ
に替わりましたが(笑)、上から見たところ。

フレーム上部のサイトのための逃がし溝が、Ramアーリーでは浅く、
フレーム前端に1mmくらい届かない?のに対し、Ramレイトは
幅も広めで逆に少し前端まで抉っています!

CAWはあと0.5mmくらいで前端に、というカンジ、幅も広めですが
Ramレイトほどではないような、ですね。

タナカは溝の端がフレーム前端ちょうど!そして幅はRamアーリー
と同じくらい狭いカンジですね。

SAA 2ndのモデルガン

シリンダーのノッチ(ボルトが嵌る溝)は、全て台形(ガイドの抉り
の反対側が広い)ですが、タナカはちょっと小さいような、です。

SAA 2ndのモデルガン

ハンマーはタナカのみフラットトップで、スパー端も短く垂れ下がり?
が少ないタイプです
(Ramでも、他の機種でフラットトップがあるようですが)。

SAA 2ndのモデルガン

ハンマーのチェッカリングですが、始まりがRamはどちらも
(同じ形かも?)スパー付け根から遠目で、終わりも早め、
タナカのチェッカーは細かめ、かな?

また、ハンマーのチェッカリングも全て縁取り?無しですが、
タナカだけは開始,終端部に横に一本溝が入ってます。

SAA 2ndのモデルガン

ちょっと気になるのは、シリンダー後方のフレームのコブ状の
膨らみ?と、ハンマーでその形に揃えた部分の幅(赤い矢印)が、
Ramは広く、まるでセフティーノッチに入っている(ちょっと起こした)
状態に見えます
(画像左がタナカ、右がRam アーリー)。

SAA 2ndのモデルガン

そしてローディングゲート。
Ramのアーリー(左)は半円状ですが、レイト(右)は下部が
フレームラインに沿ったカタチと広めのアールの後方との
2つの曲線で、

SAA 2ndのモデルガン

CAW(左)、タナカ(右)も同様に2曲線型です。

SAA 2ndのモデルガン

Ram同士(左がアーリー、右がレイト)ですが、アーリーでは
グリップフレーム端が丸められています。
これはCAW、タナカ(小さいですが)にも見られます。

SAA 2ndのモデルガン

フレーム前端のトリガーガードから出ている部分はこのように
CAWが最もアールが大きく、また側面部がハの字に(前に
向かって絞り込まれて)見えます。

SAA 2ndのモデルガン

グリップフレームのフレームとの接続部は、ハンマーのアールに
かなり良くあっているCAWに対し、タナカはちょっと直線的!
Ramはその中間、といったところでしょうか?

見ていくと、SAAが曲線多用でちょっとしたところで違いが出やすく、
各社それぞれのカタチになっています。

え、どれが正解?
それは一概に言えなくて、ホンモノでも手作業で仕上げていた
部分が多く、しかも2ndの初期は1stの剰余パーツだったり、
と”ホンモノのこのシリアルNoを再現”(CAW)!でも、ユーザーの
イメージするSAAとは違ったり!!とナカナカ難しいようで。

ま、集める側としてはソレが面白い、とも言えるんですが(自虐!!)




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
モーゼルミリタリーを
ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!
ベイビーとイロイロ
アラスカンとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 モーゼルミリタリーを (2019-11-29 19:19)
 ガリルとM4、ついでにFNCとAK74! (2019-11-17 12:12)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 アラスカンとイロイロ (2019-11-01 22:00)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
この記事へのコメント
2ndとハッキリ銘打って発売されたSAAモデルガンは、今の処この4種類だけですが、
小生はこの中ではCAW製が一番出来が良いと思ってます。

それはやはり同じシリアルNo.「32765SA」の実銃が実際に存在し、
それを素にモデルガンの方が造られている事!。
(TGはCAWの様に太い方が一般的で、むしろランバントみたいに薄い方が少ないんじゃないかと?。)

ランパント製はアーリーにしろレイトにしろ、設計者である六人部さんの強い思いや意向で出来ているみたいですね。
数多くの2ndの実銃の中から、六人部さんが気に入った部分だけを抜き出した。
例えばフロントサイトやTG、シリンダーフルートやハンマーの形等の、
SAAのあらゆる部分から、自分の好きな形だけを寄せ集めて設計した。
よって少々チグハグな印象、そんな感じです。

・・・で問題はタナカ製です。
これはハッキリ言って駄作!です、今の時代にこの造りは無いんじゃないかとおもいますよ。
フレームのアゴの刻印がASGKからSPGに変わっているので、もしかしたら改良再設計されたのかもしれませんがね?。
Posted by ご意見有用 at 2017年09月19日 13:03
ご意見有用様こんばんは。
>CAW製が一番出来が良いと思ってます
確かに特定の個体を現地で計測し”ニコイチ”可能を標榜、現在最も再現性の高い機種、
ではありますが、逆にそれが災いしてプラスチック、しかもHW樹脂では強度的に問題も、です。

ネジピッチが細かすぎ、崩れてナメやすい、バネが強すぎて長期的にボディが持たない、
などモデルガンとしては、、、
(CAW自身、バネは対策品を売ってますが)。
また、できたら1stとかやってほしいのと、2ndも安定供給を、なんですが。

タナカさんは、他にはないリアルなスチールフィニッシュという仕上げがありますし、
ガスガン化(マルシンは実射性能的に敵わないし!)もしているので”捨てがたい”存在ですよ。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年09月19日 23:24
お言葉を返す様で恐縮ですが、ご懸念の点はなにもCAWに限った事では無く、
HW材を使用する全てのモデルガンに言える事ではないでしょうか?。

タナカのペガサスの部品を流用した、SAA2ndモデルガンを買って、
小生が非常にガッカリした点を、以下に書きます。

1,フレームがインナーシャーシ構造。
2,刻印がモデルガンなのに「ASGK」。
3,ベースピンブッシングが別部品で無い。
4,カート&チャンバーが其れまでと同じで41口径サイズ。
5,ハンマーのFPが長過ぎで固定されている。 (実銃は2nd以降は可動式)
6,ハンマー背面にFP抜き用の穴。(実銃2nd以降には無い)
7,ボルトが貼り合せ構造で一体構造で無い。
8,フレームリコイルシールドのFPホールが異様に大きい。
9,BS内側にハンマーリバウンドSP用の突起が有る。

タナカSAA2ndモデルガンは確かに外観は素晴らしい、しかし中身は40年前に登場したテンプラ構造のSAAから、
殆ど進化して無い!、まるで「狼の皮を被った羊」の様なモデルガンです。
折角外観の良いペガサスの皮側が有るから流用して、まあモデルガンにでもしてみるかと、
片手間にでも考えて造られた、タナカが本気で設計したとは到底小生には思えませんね。
Posted by ご意見有用 at 2017年09月20日 02:50
ご意見有用様こんばんは。
>なにもCAWに限った事では無く
いや、ネジがなめるのはCAWやホビーフィックスの”リアルな“細かすぎるピッチで
頻発するものの、マルシンなどでは粗いピッチに変えて避けていたりするところです。

また、CAWのスプリングの強さによる破壊はSAAに限らずスコーフィールドなどでも起こっており、
ガバの初期デハバレルが割れたり、ともかく樹脂の経年による強度低下を
理解してなかった
かのような”無理”が多いです。

更に対策用の弱いバネを別売りするなど、いわば”確信犯”、ですし(個人的には
両方同梱するならまだ許せるのですが、、、)。

もちろん、模型なのですから無用な”個性の主張”で変更などして欲しくない
と私も思いますが、
”壊れるのがわかっていて”そのまま、というのは、現状のように”ユーザー離れ”を
招いてしまった、CAWが反省ずべき点なのでは、と思っています。

CAWもそれに気付いたのか、現在はMGCガバのほうを再生産(リバイバル)させたりしていますね。

実物測定、リアルサイズに対する拘りは、またその費用をどうやって賄うか、も”需要先細り”の
モデルガンでは難しく、価格を上げると販売数も減る、という問題もありますし、
現在CAW/MULEがリアル設計の新製品を計画してないような、です。

タナカさんはガスガン流用ですが、SAAだけでなくM19やM500、パイソンなどを
モデルガン展開し成功しているように見えます。

そして、それぞれが独自の”読み”で様々なモデルを販売して競争しているのは、
ユーザーにとっては選択肢の増大、ということで、私としては歓迎です。

あとは、このようなブログなんかで情報共有が進んで、ユーザーが自分の求める
モデルを選択できれば、どちらの点(りあるじゃない、壊れやすい)についても”ガッカリ”
とはならないんじゃ、とか思ってるのですが。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年09月21日 00:12
紅猫さんのCAWに対する御意見は、これまでのモデルガン業界のついても同じ事が言えると思いますよ。
ただ話が大きく成り過ぎるので、小生はタナカSAA2ndモデルガンの事だけに限らせて頂きますね。
又もや悪口ですけど。(汗)

タナカは今迄に7種類のSAAトイガンを造りましたが、その多くはSAAに対する深い愛情や情熱が感じられました。
しかし例外的にSAA2ndモデルガンだけは、そう云ったものが感じられ無いのです。
言わば造り手のSAAに対する「尊敬」が、全然伝わって来無いのです。
一見すると観て呉れは良いが、内部は40年前から殆ど変わっておらず、
決してリアルだとは言え無い。
一応発火可能だが、FDやGP等の激しいアクションには全く向か無い。

多種多彩なSAAトイガンが市場に溢れるのは結構な事ですが、タナカ2ndは一体何を目指して造られたのか解ら無い、
存在意義さえ疑われる様な、実に中途半端なモデルガンだと思います。
Posted by ご意見有用 at 2017年09月21日 03:58
追伸、誤解されるといけないので明確にします。
タナカが今迄に製造した基本設計の違う、7種類のSAAトイガンとは以下の通り。

1,カート式ガスガン
2,金型を引継いだ旧CMCの金属製三代目モデルガン
3,ペガサス式ガスガン
4,3をモデルガン化した物
5,カシオペア式ガスガン・・・発禁
6,金型を引継ぎ改良した旧ハドソンの1stモデルガン
7,6をモデルガン化した物

小生がこれまで散々文句や悪口を言って来たのは、4についてですよ。
4が新発売された時期は、CAWの2ndよりも後!。
小生が購入したのは発売直後で、フレーム・アゴ下の刻印は「ASGK」でした。
でも紅猫さんの物は「SPG」に成っています、もしかしたら修正改良されたのかもしれませんね?。
そこでお聞きしたいのは、先に上げたタナカSAA2ndモデルガンの9つの不満点は、
改良されていますか?。
Posted by ご意見有用 at 2017年09月21日 12:52
追伸の追伸、ゴメンなさい間違えました。m(>人<;)m

上のコメントで「7,6をモデルガン化した物」と書きましたが間違いです。
正しくは「7,6をガスガン化した物」です。
訂正してお詫び致します、失礼しました。m(_ _)m
Posted by ご意見有用 at 2017年09月21日 13:11
ご意見有用様こんばんは。
ありゃ、最近コメがUPされずに消えるトラブルが多い、、、
気を取り直してまたイチから書こう!

順を追って、
1,フレームはインナーシャーシ構造。
2,刻印は画像の通りSPG。
3,ベースピンブッシングが別部品で無く、しかも上から見ると偏芯している!
4,カートは平均10.95mmで、刻印だけ45COLT。
5,FPは固定式で長い(これはカート形式から仕方ないかと)。
6,ハンマー背面にFP抜き用の穴(これも固定したから抜けなくなる対策では?)。
7,ボルトは分解して確かめてませんが、部品図によると貼り合せ構造。
8,フレームリコイルシールドのFPホールは役8mm!
9,BS内側にハンマーリバウンドSP用の突起が有る。

ということで刻印しか変わっていないようです。
しかし、発火のため固定式でリーチの長いFPが必要になったようなので
(キャップ火薬では実物のように、一ミリほど叩けば発火するように出来ないし、
カート内インナーの慣性で発火する方式だと”落としても発火”する)、
5,6,8は仕方ないカモ、です。

なんだかんだはありますが、スチールフィニッシュは綺麗だし、かなり安価に入手できているので、
個人的には”タナカの狙い”=ガスガン流用で廉価にモデルガンを作り、モデルガンの存続を図る、はアリだと思ってる訳です。

いや、SAAよりM19とかのハンマー流用の方が個人的には残念度高いんですが(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年09月22日 01:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。