プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2021年05月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2017年09月08日

スネイルマガジン?!

♪スネイル フォーミー♪
♪スネイル フォーユー♪
、、、河合奈保子は可愛かったなあ!?
(元曲;「スマイル・フォー・ミー」)

、、、さてきょうは先のショットショーで入手した
タナカ P08用スネイルマガジンなんかを。

スネイルマガジン?!

コレは一度販売されてから再生産まで品薄だったのか?
いっとき高かったようですが、現在は海外のコピー品まで
入ってきて、オネダン的には落ち着いてきたような、ですね。

スネイルマガジン?!

実物は32連発ですが、これも50連発!と大容量です。
更にカタツムリ?部分がガスタンクになっており、
これもノーマルとは比べ物にならない程の大容量!!

ボディはスチールプレスのホンモノを良く再現していますが
総ダイカスト(レバーやネジなど小部品は除く)で、
結構な重量!です。

スネイルマガジン?!

ガスの注入は前方のノズルから行います
(ちゃんと「GAS」と書かれてます)。

他の刻印も、「50ラウンド」、「タナカワークス」など
オリジナル!ですが、雰囲気を上手く再現していますね。

スネイルマガジン?!

BB弾の装填は、このようにレバーを回してチェッカーが刻まれた
ボタンを押してロックした状態から行います。

これでフォロアーが下がるので、空撃ちの場合このまま使えばOK!

普通に装填したあとは、再度レバーを引けばロックボタンが
上がってレバーが戻り、フォロアーがBB弾を押し上げるように
なります。

スネイルマガジン?!

4インチですが、以前入手したストックと共にP08に付けて。
これでこのあいだのモーゼル以上のフル装備?!

ガスタンクが大型化したことで、BLKも力強く感じます。

ただ、左下方に重心がきてしまうので、ストックがあっても
かなり取り回しに違和感が、、、

モーゼルミリタリーの方が、現代銃の構成に似ているだけ
カービンとしてはバランスが良いですね。

またカタツムリの貝殻?部分が、グリップに入る部分に対し
わざわざ角度を変えていて、BB弾のような球状でない
カートリッジの実物では給弾が難しそうなのですが、特に
操作性やコンパクトさに寄与していない!のも気になります。

このあたり、現代のドラムマガジンではほぼストレートで、
その代り左右対称(中央にひとつ、か左右に2つ)なのは、
進化を感じさせられます(まあ、それでも拳銃だと
”異様なバランス”ですが 笑)。

他にもストックはマガジン装着状態では外れない!など、
欠点も生まれてますが、でも、ともかくファイアパワー
(装弾数)増大を優先させたコーイウとんがった?
(形状自体はまあるいです!)パーツ、
面白いし大好き!です。


同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事画像
ホーグのKフレラウンド用
P226の木グリ
S様のグリップ!!
M59用のラバグリ
ディテクティブのグリップ
またまたまたホーグ!!
同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事
 ホーグのKフレラウンド用 (2021-03-10 19:19)
 P226の木グリ (2021-03-05 18:19)
 S様のグリップ!! (2020-12-27 12:00)
 M59用のラバグリ (2020-10-09 19:19)
 ディテクティブのグリップ (2020-09-27 12:12)
 またまたまたホーグ!! (2020-09-11 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。