2017年06月16日

ディープブラックなエンフィ

きょうも買い物ネタなんですが、キットなので
組み立て記でもある、という体で、新発売の
マルシン エンフィールドNo2 MK1☆
ディープブラックを。



このところ、怒涛の再販計画を推し進めている
マルシンですが、単なる再販ではなく新たな表面処理を
導入し、しばらくご無沙汰だったガンブルー風処理
(以前のはメタルフィニッシュ)を復活させてくれました。

ディープブラックと名付けられたこの仕上げは、少し前に
M586から導入されており、非常に気になってはいたものの、
その前にMGCのシルバーなどを入手していたワタクシ、
購入には踏み切れず、、、ですがエンフィールド登場で
とうとうキット(ですが)ディープブラック初体験!です。



さて、入手したキットですが、各機種共通のシンプルな
白い箱に機種,仕様を書いたシールを貼ってコストダウンを
計っています。

箱を開けると、台紙に固定された本体(バレル,シリンダー,
フレーム)と金属部品,バネ類,ピンとスクリュー類、
そしてカートに分けられて袋詰めされたものが出てきます。

カートは発火式のモノがちゃんと6発あり、更にローダーと
キャップ抜き用?の細い棒も一緒になって入っています。



組み立てですが、少々コツが要るポイントを一つ二つ
(もっとか?)。

まず説明書は30年前!のキット発売時から基本的に踏襲
されており、パーティングライン処理などは今回不要、
そして追加の説明書にディープブルー処理はアルミブラックで
”ある程度”補修できる、とありますが、皮膜が剥がれた段差は
残り、また補修部は艶の無い仕上がりになるため、あくまで
”補修”と考えた方が良いかと。

以前のメタルフィニッシュのように、紫外線に当たっているだけで
退色する!とは思えませんが、黒皮膜はスクリュー締付時に
ドライバーが当たっても剥がれるくらい、なので、慎重な
取り扱いが必要かも、です。

さて、組み立てに関して、ですが、まずサブフレームや
フレームインサートは既に組み込んだ状態で箱に入ってます。

ハンマーですが、ピンが入るのはこの画像で表方向から、
そしてピン穴が後半が狭すぎるので、キリ(ドリル1.9mmなど)で
拡大するか、ピンをテーパー状に削らないと、力技(つまり
叩き込み)では破壊しかねません。

但しあんまり緩いと抜けるので、そのときはピンの頭を少し
カシメましょう。



次にメインスプリングの組み立てですが、説明書通り、
スプリング→メインスプリングレバーといくより、逆に
レバーを組んで圧縮したスプリングを組む方が容易です。

まずハンマースイベルを上げておき、スプリングを入れたら
スイベルを下げてひっかけ、スプリングの圧縮を解除すればOK。

スプリングは手で圧縮しても良いのですが、保護テープを
貼ったバイスクランプ(先の細いタイプ)などを使用する方が
ラクです。



そして、今回の組み立てで一番難儀したのがフレームヘッドの
組み込みです。あと1mmほど、というところで叩いても入らず、
各部をヤスっていて気づいたのが上の矢印の部分(画像は加工後)。

フレームの出っ張りを避けるために下から数mmを0.5mmくらい
削ると、ようやくフレームに納まりました。

説明書では”バリを取る”という記載だけですが、入らない場合は
フレームをよく見てドコが当たるか確認してください。

あ、サイドプレート固定スクリューは頭の低いヤツをバレルラッチ
下に配置して、ラッチとスクリューの頭が干渉しないように
気を付けて組んでください。



更に、トリガーの戻りが悪かったので、トリガー,ハンド,
メインスプリングとレバーなどを少しヤスリで均し、軽い力で
戻るように調整しました。

バレルラッチはバネをしっかり圧縮してネジを入れる必要が
ありますが、ここも傷つけないよう気をつけてバネ側に
バイスクランプなどを使ったほうがラク(そのうえで反対側を
手で押しながらネジ挿入、回転させる)かもです。

この動きも渋いのですが、まあメッキ(黒い皮膜)が剥がれて
しまえば軽くなるカモ、くらいで、指で押せば閉まるので
ここはあんまり削り倒さなない方向で(メーカーでも内側を
ちゃんと削ってからブルーイングしたようです)。

ハンドも効きがイマイチで、メインスプリングレバーとの
コンタクトを見直したほうが良いカモ、ですがこっちはまた
経過を見て、そのうちに弄ろうかな?
(注;その後、レバー(亜鉛)を少し左(サイドプレート側)に曲げ、
ハンドから外れないようにしたら直りました)。

何だかんだで5時間くらいかかっており、またフレームヘッドの
件ではかなり手こずりました。
キットとしては”十分楽しめる”上級者向け、カモ。

完成品との価格差はバイト時給換算でも”リーズナブル”なので、
ドリル刃(とピンバイス)やヤスリ,バイス(圧入,組み立て時保持用)
など一通り工具とスキルがある方以外は完成品が無難です。

そうはいっても、トリガー,ハンマーのコンタクト、シリンダーストップ
との連携などは無調整で好調ですし、基本的には”素性の良い”
機種、といえるかも知れません。

まあモデルガンキットでは他社も同様な傾向があるし、
通常分解時点まで組んであって、各部調整も行ってたら
完製品より(バラす分)コストがかかる!だろうし
(それにソーイウ時にこの記事が、というブロガーにとっての
”稼ぎ”ドコロ「かもしれないし!)。



と、組み立てについてはイロイロ書きましたが、出来上がってしまえば
このディープブラック、たぶんホンモノのエンフィより綺麗です!
(画像は表面に油を塗った状態です)。

まあ実物が軍用なので結構ラフ、なのもあるんですが(爆!)。

しかし思い起こせばエンフィ、既に5挺めくらいなんですよね!
まあ☆は2つ目で、仕上げが違うので自分で自分を納得させてる
んですが!!

マルシンさんは今回、ノーマル,ポリス(短銃身)、☆と外観で3つ、
HW,ディープブラック,シルバーと仕上げで3つ、更に完成品と
キットの2通りの販売方式、というワイドな商品展開を
みせてくれています。

一度無くなると再販は今度いつになるか?なので、
気になっている方はひとつ早めに!!




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
ウィンチェスターM70
ZEKE CMCダイヤモンドバック!?
ベクターCP1
AK74U
ラウンドバットのミリタリー&ポリス
ブラックホークハンター!!
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 ウィンチェスターM70 (2018-10-03 19:19)
 ZEKE CMCダイヤモンドバック!? (2018-09-28 19:19)
 ベクターCP1 (2018-09-21 19:19)
 AK74U (2018-09-17 18:19)
 ラウンドバットのミリタリー&ポリス (2018-09-09 17:19)
 ブラックホークハンター!! (2018-08-29 19:19)
この記事へのコメント
ご存知と思いますがマルシンのエンフィには、以前より大きな欠点が有りました。

それはモデルガンで有るが故、クリアランスの大きさとプラ材質のタワみやユガみが原因で、
作動時にシリンダーがハンドの突き上げに依って、バレル延長のブリッジ部分の裏側に当たって擦れ、
摩擦でシリンダー回転が鈍く、トリガーの引きが重く成る、と云うものでした。

もちろんブリッジ部分の裏側には、シリンダー避けのカットが設けられてはいますが、
エンフィは中折れ式と云うその構造上、回転軸のシリンダーピンの最後部が、
単にフレーム側の窪みに収まるだけで、他のリボルバーの様にガッチリとは固定されません。
なのでモデルガンの場合は如何しても、シリンダー後部が上下左右にブレつきがちですね。

今回のキットでは上記の欠点は修正されているのでしょうか?。
もし何らかの対策が施されて無ければ、せっかくの表面メタルフィニッシュが台無しに・・・?。
Posted by ご意見有用 at 2017年06月17日 10:42
ご意見有用様こんばんは。
>上記の欠点は修正されているのでしょうか?
今回メッキなどで材料厚が増したのか、まだスレてはいませんが、構造は変わらず、です。
ただ、シリンダー軸部を抜く必要性はないので、バレルに組み込むときにエポキシなどで
接着すると(接着剤が間を埋める役割も果たし)解決しそうです。

ただ、バレルラッチがサイドプレートを擦る、という状態もそのまま、なので、作動させるなら
有る程度傷は覚悟しないといけない機種ですね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年06月17日 21:31
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。