プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年09月02日

APS-2

今日の「マルゼンファン通信」は、
これもマルゼンの代表機種ともいえる、APS-2を。
APS-2
APS-2は、単にAPS-1のライフル版、というだけでなく
(もちろん本格競技が目的になっていたはずですが、)、
ゲームに使えることを意識したのではないかと思います。
カセット式のマガジン、外せるサイトなどを持ち、
またホップ付きで短いSV版も作るなど、
ゲーム向けの要素が盛り込まれ、実際マルイのVSRが登場するまで、
ゲームではスナイパーご用達の代表格だったように思います。
APS-2

但し、競技では有利と思われるグランドマスターのトリガーなどは盛り込まれず、
またマガジン配置など、機能を優先したために、ステアーを参考にした外観も
ちょっとアレンジが加えられていました。

モデルガンファンとして、そこがちょっと引っかかり、
すぐには購入に踏み切れなかったのですが、
競技用としても、ゲーム用としても、圧倒的な支持をうけていた為
(他の意見に流されやすい?)いっちょいってみるか!
で購入を決意した思い出があります。

で、うちでは未だにVSRを入手していないために、
長く一線で活躍?しています。
(ゲームもしないし、実射用のコレと、タナカのM700(モデルガン代わり)で
けっこうお腹いっぱい、なうえ、VSRなら木製ストックや何やかや
揃えてしまいそうでコワイ!のです。)

購入後、パッキンを調整し、サイトとトリガーのセフティを外し、
トリガー自体もトラベルを調整するなど少しいじっていましたが、
現在トリガーは元に戻しています。

最近つけているスコープはタスコの固定倍率で、
確かGスナイパー 4×40、
これにバトラーキャップを付けてみました。

コレは安くて明るくクッキリ見えてお気に入りで、
すっかりタスコ派になってズームのもの、固定の6倍も入手してしまいました。

ちょっと接眼部から離れていますが、覗くとこんな感じのレティクル(ミルドット)です。
APS-2
コレの良いところはコインや薬莢,ドライバー不要で、
カバーも無くいきなり直接手で回せるノブですが、
張り出しが大きめなのがタマにキズです(銃本体と関係ないか)。





同じカテゴリー(マルゼンファン通信)の記事画像
マルゼン KG-9
マルゼン レミントンM1100
1.5×20ピストルスコープ
マルゼン Vz61スコーピオン
シリアルNoの謎を追え!Ⅱ
マルゼン ワルサーP38
同じカテゴリー(マルゼンファン通信)の記事
 マルゼン KG-9 (2009-09-18 21:21)
 マルゼン レミントンM1100 (2009-09-17 20:20)
 1.5×20ピストルスコープ (2009-09-16 20:20)
 マルゼン Vz61スコーピオン (2009-09-15 20:20)
 シリアルNoの謎を追え!Ⅱ (2009-09-14 20:20)
 マルゼン ワルサーP38 (2009-09-11 20:20)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。