プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年06月20日

コルト パイソンでも3つ計測

今日の「周長~」は、すっかり拳銃編に戻ってコルト パイソン、
MGCのモデルガン,タナカのガスガン,コクサイのモデルガン用グリップを。

左から、タナカ、タナカにコクサイのグリップを付けたもの、
MGCです。

現在コクサイのグリップは、そのままタナカには付かないので、
ピン穴等を削って合わせています。
コルト パイソンでも3つ計測

MGCの金属パイソンは、2型(チェッカーがメダリオンの半分まである)を
再現していました。
またコクサイも旧型で違うグリップがありますが、
とりあえず、現在(MGCはちょっと前まで)入手できるもので
進めさせていただきます。

今回は、まず上下違うグリップを合わせてみて、それぞれの形状を
比べてみましょう。

コクサイ(下)とタナカです。
タナカは中央がかなり絞られており、底面の角度も違います。
コルト パイソンでも3つ計測

コクサイ(下)とMGCです。
これは両方が付くフレームがないので、フレームは一部をスペーサー代わり
に使い、後方の位置を合わせて比較しました。
ここでも底面の角度が違います。どうやらタナカとMGCが近いようですね。
コクサイとMGCでは、見て頂いているようにアウトラインが良く似ています。
また、MGCはチェッカー部が高く、
コクサイはサムレスト?の削り部分の角が丸めで、前方も高め?に終わってます。
サムレストの削りは、タナカでは少なめ(上方寄り)です。
コルト パイソンでも3つ計測

それでは計測を。
まずMGCでは118mmでした。
コルト パイソンでも3つ計測

次はコクサイです。こちらは116mm。
コルト パイソンでも3つ計測

最後はタナカです。113mmといったところでしょうか。
コルト パイソンでも3つ計測

タナカの違いが目だちますが、最も設計は新しく、またパイソンの3型グリップでも、
実は微妙に削りが違ったりするのかもしれません。

[この計測は、計測法,使用機器による誤差を含みます。
また、モデルやグリップの仕様により、異なる測定値となる場合があります。
データの使用に当たっては「いいかげん」な適用を厳守して下さい。]





同じカテゴリー(周長ウソツカナイ?)の記事画像
ブローニングハイパワーも
M2019なんかも
ハイキャパ測定祭り!
ワルサーP38の各モデルでは?
ミリタリーポリスのグリップは?
デザートイーグルなら?
同じカテゴリー(周長ウソツカナイ?)の記事
 ブローニングハイパワーも (2009-07-17 20:20)
 M2019なんかも (2009-07-15 20:20)
 ハイキャパ測定祭り! (2009-07-14 20:20)
 ワルサーP38の各モデルでは? (2009-07-12 20:20)
 ミリタリーポリスのグリップは? (2009-07-11 20:20)
 デザートイーグルなら? (2009-07-09 20:20)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。