プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2014年07月27日

モーゼルスポーターとブラックホーク

きょうは組み合わせネタで、モーゼルKar98のスポーターと
スタームルガーのブラックホーク357マグナムを。

モーゼルスポーターとブラックホーク

シチュエーションは1950年代後半から1960年代で、ハンティング、もしくはそのガイドの装備、
というカンジです。

あ、モーゼルスポーターはCMC、ブラックホークはコクサイのモデルガンです。

モーゼルスポーターとブラックホーク

モーゼルにスコープが付いていませんが、戦後でもしばらくスコープは高価だったこと、
ビッグゲームでそんなに遠距離でない(ガイドは反撃してくる獣を倒す時に初めて撃つ
だろうし)なら、付けないこともあったと思いますし。

サイドアームも、安価でも丈夫、が売りだったスタームルガーを合わせてみました。
ハンティングで357マグナムを使うのは、昔Gun誌の掲載記事で見たことがあります。

現在では、ライフルはまずスコープ付き、サイドアームも、より強力な44マグナムなんかが
人気かも、ですが、こういうちょっと懐かしい?装備も、趣きがあっていいかも。




同じカテゴリー(メインとサイド)の記事画像
HScとMP41
コンバットコマンダーとイングラム
M1スポーターとM28
スチェッキンとAK74
FNXとUMP
FNCとハイパワー
同じカテゴリー(メインとサイド)の記事
 HScとMP41 (2020-01-15 19:19)
 コンバットコマンダーとイングラム (2019-11-06 19:19)
 M1スポーターとM28 (2019-09-08 12:12)
 スチェッキンとAK74 (2019-08-16 19:19)
 FNXとUMP (2019-07-31 19:19)
 FNCとハイパワー (2019-07-10 19:19)
この記事へのコメント
赤い猫RRⅢ様 こんばんは

最近は光学サイトはあたりまえですがむかしは超貴重品ですね。

ちょっと昔のモデルによく見かけるスコープが、とんでもなく長く、ゼロインはレティクルを動かすのではなく、スコープ本体をマウントの中で上下左右に動かすタイプです。
西部劇映画でもウインチェスターにこのタイプの真鍮製のスコープが乗っていたりします。
ライマンやウナートルの初期はみんなこのタイプだったのか?
この超長スコープを知ったきっかけはマンガ「ワイルド7」に登場の対戦車ライフルでした。
激しい発射衝撃に耐えられるスコープはきっとこれだ!っと納得した記憶です。

下記はM1903にウナートルの珍しいオークション写真です

ttp://www.gunauction.com/buy/12918480/guns-for-sale-curios-relics/curios-relics-rifles/springfield-sniper-rifle-with-unertl-8x-usmc-scope-can-and-papers
Posted by ないとあい at 2014年07月29日 23:14
ないとあい様こんばんは。

>とんでもなく長く
思えば光学,レーザー等のアイアンサイト以外の照準器の歴史は、短縮(小型化)の歴史
だったかも、ですね。

写真レンズもスコープも(反射式でなければ)、倍率(焦点距離)と長さ、明るさと太さ(直径)に
比例関係があるはずですが、最近安物スコープで表記と実性能が違う!というヤツにも
遭遇しているので(爆!)油断なりませんが、基本的に長いスコープは”カッコ良い”ですよね。

>「ワイルド7」に登場の対戦車ライフル
英国のボーイズ対戦車ライフル改造型のようですね。

最近のバレットはエアガン化されていますが、ラティやシモノフやこのボーイズも、ですが、
あ、でも置き場に困るカモ、ですね。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2014年07月30日 00:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。