プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年01月24日

エンフィールドNo2×3+1?

『かぶってイーノ?』第11弾!
今回は、エンフィールドNo.2リボルバーを。
No.2は英国のロイヤル(王立!)エンフィールド造兵廠で作られ、
制式となって第二次世界大戦を戦った中折れ式の拳銃です。
英国は大口径に拘って、中折れDAリボルバーでも.455を採用していたようなのですが、
みんながジェフ・クーパーでもパットン将軍でもないので?
さすがに扱いずらかったのか、(S&Wの弾を元にした?もので
正式名称は長ったらしいのですが、通称)380エンフィールドという
弱めの弾に乗り換えて作られたのがこれのようです。
エンフィールドNo2×3+1?
エンフィールドは以前、『現在珍口径?』で一度紹介しましたが、
うちにあるマルシン モデルガンを組み換えると、No2 MkⅠが3丁!になります。
左からエクセレントHW(プレーンの木製グリップ付き),HW,ABSモデル
HWモデルは何だか仕上げ前、に見えますが。
エンフィールドNo2×3+1?
エクセレントHWのモデルは、実はポリスと☆を合体させたものです。
今回は撮影時、これで一丁増やしてみたのですが、
すると残りの部品でこのような仕様も!
エンフィールドNo2×3+1?
ショートバレルにデボーンドハンマー、というコンシールドモデルで
意外にいいかも!





同じカテゴリー(かぶってイーノ?)の記事画像
コルト パイソン6インチ×4
SIG P210×4
Cz75×6
S&W M36-2インチ×3
S&W M59×3+?
SIG P226×3
同じカテゴリー(かぶってイーノ?)の記事
 コルト パイソン6インチ×4 (2009-12-31 20:20)
 SIG P210×4 (2009-12-30 21:50)
 Cz75×6 (2009-12-29 20:20)
 S&W M36-2インチ×3 (2009-01-26 20:20)
 S&W M59×3+? (2009-01-25 19:19)
 SIG P226×3 (2009-01-23 20:20)
この記事へのコメント
最後のポリス!イイ!!まさに紳士のコンシールドキャリー!
Posted by So-SuiSo-Sui at 2009年01月24日 20:40
はじめまして、長い間拝見させて頂いていたのですが、あまりに衝撃を受けてしまったのでコメントさせて下さい。

残り部品、最高!
見なきゃよかった!
Posted by およよ at 2009年01月25日 00:21
So-Sui様こんにちは。
コンシールドモデル、今ならグリップも販売されていますし、
ハンマーを削ればポリスから作るのは容易かも、です
(もちろんニコイチなら、この通り、ヒンジを抜いて交換すれば
簡単にできます)。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2009年01月25日 09:45
およよ様はじめまして。
安易な組み換え、しかもNo2MkⅠを作った残り物の、
いわば偶然の産物ですが、短い銃身とハンマースパーの
除去、両方コンセプトはコンシールド向きなんですよね。

ブログ、拝見しております。
NMGCのディプレッサー?自作は素晴らしい!!!
お気に入りに入れさせていただきました。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2009年01月25日 09:56
ポリスモデルにデホーンドハンマーは良く似合いますね!私も作ろうかな。マルシンの木グリは安っぽい作りなのがちょっと残念ですね。( ̄〜 ̄)ξ
Posted by ネコ at 2009年01月25日 10:30
ネコ様こんにちは。マルシン木グリ、以前のようにチェッカーをちゃんと刻んで欲しいですね。ただ、素材は十四年式のファルカタ?というようなものから、いちおう(ってそういうのがアリ、なのが木材の怖いところですが)ウォールナットに思えるものになっています。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2009年01月25日 11:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。