プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年01月19日

デトニクス コンバットマスター×3

『かぶってイーノ?』第8弾!
今回はデトニクス コンバットマスターを。
実物はM1911系のサブ・コンパクト化の元祖で、
「ちょん切りガバメント」と呼ばれたようですが、
小型化の為の斬新なアイデアと、キワモノ的な?外観に似合わない(失礼!)
意外にしっかりした開発によって(またまた失礼!)、
高価でしたが一定の評価を受けたようです。
デトニクス コンバットマスター×3
MGCがモデルガンで発売後、マルシンから固定ガスで出て、
一昨年マルイがガスBLK化、実物のほうは復活が難航しているようですが、
トイガンでは安定した人気を得ているようです。

これもMGC入手後、マルイ発売まではカブらずに済んでいたのですが、
マルイ発売と同時に入手してしまい、更にカスタム用にと
中古で出ていたものを入手して3丁に!
しかもマルイ デトニクスはいっとき全く同じものが2丁!!!という末期的?状態に。
カスタムのほうは、スライドを一つ潰したところで重加工?を断念、
シルバーのスライドとハイキャパ4.3のハンマーを組み込んだ
組み換えライト・カスタム状態で現在様子見です。

下の画像は左からマルイのノーマル、カスタム、そしてMGCです。
デトニクス コンバットマスター×3
え?スライド加工失敗の話?
それがセレーション切ったらレール溝にかかって穴が開き、、、orz
今度はKSCスパイダーのようなフルートを切るぞ、
と思っても切削工具が上手く出来ず、、、orz orz orz
あ、ハイキャパ4.3用のハンマーはいいですよ。
これならコック&ロックでもスパーが痛くない!
以前5.1に付けた時は操作性がいまいちでしたが、
デトニクスはスライド上部が削られているので操作性もグッドです。





同じカテゴリー(かぶってイーノ?)の記事画像
コルト パイソン6インチ×4
SIG P210×4
Cz75×6
S&W M36-2インチ×3
S&W M59×3+?
エンフィールドNo2×3+1?
同じカテゴリー(かぶってイーノ?)の記事
 コルト パイソン6インチ×4 (2009-12-31 20:20)
 SIG P210×4 (2009-12-30 21:50)
 Cz75×6 (2009-12-29 20:20)
 S&W M36-2インチ×3 (2009-01-26 20:20)
 S&W M59×3+? (2009-01-25 19:19)
 エンフィールドNo2×3+1? (2009-01-24 20:20)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。