プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2014年01月17日

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

それでは現場から、赤い猫がオトボケします!
(、、、で、誰が突っ込むの?)


さて、このところ、S&W Kフレ熱が再燃しているのか、M15の2インチ、スマイソン 6インチの
2丁目、そしてミリポリ旧型2インチ!など、HWSの製品を入手しちゃってますが、
今日は中古で見つけてきたS&W純正の実物らしき木製サービスサイズグリップを。

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

Kフレ用サービスグリップは国内でもマルベリ、HWSなどが作っており、
それらもウチにあるのですが、今回、メダリオン裏に金属のスペーサー?が付いた
ホンモノと思しきブツを行きつけのトイガンショップで発見、しかも中古で入ってきたらしく、
価格もこなれている!

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

入手してしまいました。

少し傷もあり、塗装も剥がれてきていて、チェッカーもつぶれてきてますが、
逆にホンモノの迫力!のような雰囲気はあります。

色も長年の使用によって、なのか、自然に濃くなっていて、木目も最高、とは
いいませんが、手持ちの木製グリップとは違う素っ気無さが良いカンジ!!

裏面にはナニやら数字が刻まれ、フレームの跡が黒く残っています。

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

コクサイのM10に付けてみました。
グリップを変えただけで、ぐっとホンモノっぽく感じられますね!

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

コクサイのモデルガンで、グリップの比較も。
左はマルベリ、中央が今回のもの、右はコクサイオリジナルのプラ製です。

マルベリは綺麗なウレタン塗装のような厚い半艶クリア塗装で、
下地もしっかり仕上げられているのが、木目の凹凸がありません。
今回のものと比べると、ちょっと高級すぎる仕上げかも。

コクサイはスクリュー部が菱形(ダイヤモンドチェッカー)で側面下部の面取り(アール)が無い、
旧いカタチを再現しています。

マルベリと今回のものは比較的最近のカタチです。

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

更にHWSの木製とも。
HWSのラッカーは明るめで薄め、チェッカーも細かいです。
チェッカーの面積は、HWS、今回のもの、マルベリの順で少ないカンジですね。
ただ今回のブツが、最もメダリオンの近くまでチェッカーが入っています。

実物グリップ~S&W Kフレ サービスサイズ

そして今回のものは特に上部が薄く作られていて、手に程よくなじむ、握りやすさが
あるような?です。

以前測ったグリップの外周最細値(最も細いところ)で比べると、実物が98mm、
コクサイ製は101mm、HWSの木製は103mm、マルベリは105mmと、
実物が最も細かったということに(もちろん実物でも多くのバリエーションがあり、
また個体差もあるかも、です)。

うーん、やっぱりホンモノ?
でも旧型の側面下部に面取りが無いタイプや、更に旧いダイヤチェッカーも
欲しくなるような、です!

そして高いといっても、ゴンカロのオーバーサイズや、コルトのパイソン用なんかに
比べると、まだまだお求め安く、まだモノも豊富な気も(あぶない、あぶない!!)




同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事画像
44マグナムのアダプター
珍しめのヘレッツ
ホロサイトレプリカ
44マグナムの木グリ
SILEのラバー?!
デイビスのグリップ
同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事
 44マグナムのアダプター (2019-07-12 19:19)
 珍しめのヘレッツ (2019-06-21 19:19)
 ホロサイトレプリカ (2019-05-24 19:19)
 44マグナムの木グリ (2019-05-01 19:19)
 SILEのラバー?! (2019-04-12 19:19)
 デイビスのグリップ (2019-02-01 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。