プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2013年07月10日

ファイブ-セヴン

きょうは久方ぶりに(それでも中古)マルイ製品、ファイブ-セヴン入手のお話を。

ファイブ-セヴン

ちょっと前、少し離れたトコロへ出かける機会があり、出先で見つけたリサイクルショップ
を覗いてみていたところ、見た目は綺麗なコレが激安で売られているのを発見!
もともと興味はあったものの、マルシン製を入手していたこともあり今まで手を出して
いなかったのですが、余りの安さに、ついお買い上げとなりました。

ファイブ-セヴン

画像はライトのダミーカートと。

外観は目に付くような傷も無し、で、安さの理由は、箱が下(発泡スチロール)だけ、
取説や付属品一切無し、ということ、だったようです。

命中精度テストはしてませんが、BLKもなかなか力強く、いや良い買い物だったかと。

ファイブ-セヴン

マルシンと比べると、サイトの形式が違うだけでなく、マガジンのボトム、フレームの
形状(トリガー上部のラインがそのままグリップ部につながっているカンジ)まで
違います。

マルイはバレルのシルバーが良いアクセントなのと、青い墨入れを文字にしていない
あたりが、もともとオモチャっぽい?ファイブ-セヴンでもリアルな雰囲気に見える
ポイントかも。

但し、トリガーガードの溝の大きさを交互に変えているマルシンの作り込み
(いやこれが実銃通りかは知らないのですが)も捨て難いし、ドッチをとるかと
言われると、、、でもやっぱりマルイかも。

と結構気に入っていますが、あんまりカスタムの対象にはならないし、
オートマグより握り難いかも、と思われる、巨大なマガジンを納めたグリップなど、
一般受けは、、、ですが。

現在、マルイでも生産は止まっている状態かも、ですが、実はマルシンから
Co2仕様の発表がされており、また話題になるかも、ですね。





同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
モーゼルミリタリー1930?!
ベビーブローニング
アラスカン
S&W M659
ガリルARM
ブローニング22オート・マグ?!
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 モーゼルミリタリー1930?! (2019-11-27 19:19)
 ベビーブローニング (2019-11-03 12:12)
 アラスカン (2019-10-27 12:12)
 S&W M659 (2019-10-23 19:19)
 ガリルARM (2019-10-09 19:19)
 ブローニング22オート・マグ?! (2019-09-27 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。