プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2013年02月22日

9ミリのオトモダチ

きょうは”比べる”ネタで、9ミリルガー,パラベラム(9×19)から、
有名ドコロ?をいくつか。

9ミリのオトモダチ

まずはシングルアクションで。
左から、マルイのエアコキでハイパワー、MGCのモデルガンルガーP08、
マルシンのガスブロ SIG P210(グリップはBWCのもの)です。

9ミリのオトモダチ

ルガーP08はタマの名前になっている通り、9ミリの元祖、ともいえる存在で、
ハイパワーは9ミリ多弾数オートのこれまた元祖、そしてP210はスペックこそ
目立つモノはないですが、高精度の加工で名銃の誉れ高い存在。

9ミリはドイツから始まり、長く欧州のスタンダード(これらは皆欧州勢です)
でしたが、DAと多弾数、それにポリマー素材をひっさげ1970年代から
45口径神話のはびこる?米国でも攻勢に転じ、”世界標準”と思えるくらい、
メジャーなクラスになりましたね。

9ミリのオトモダチ

というわけで次はDAで、左からBWCのエアコキ トーラスPT24/7、
マルシンのモデルガン S&W M439、そしてこれもマルシン モデルガン
CZ75です。

トーラスは有名というより変わりダネかも、ですが、最近のポリマーオート、
M439は米国を代表するS&Wのオートのひとつ、そしてCzは伝説の名銃!ですね。

画像を撮ってませんが(!)、ハイパワーとP210、Cz75などは、長円形の
エジェクションポートなんかも似ています(この形状だと、横でなく上の方に
排莢されるとか!)。

9ミリだと過去にカテゴリーを作った(このときも手持ち全てを紹介することは
諦めてます)ほど、数は多いのですが、45口径などに比べると比較的スリムで、
美しいモデルが多いような、ですね。

え、その45口径との比較?
それはまた、ということで。



同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
S&W M500でイロイロ
M92とM73
タナカ金属SAAとイロイロ
Czのフレームとスライド
Kフレラウンドのグリップ
ハドソンの十四年式と
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 S&W M500でイロイロ (2020-07-05 12:12)
 M92とM73 (2020-06-24 19:19)
 タナカ金属SAAとイロイロ (2020-04-26 12:12)
 Czのフレームとスライド (2020-04-19 12:12)
 Kフレラウンドのグリップ (2020-04-08 19:19)
 ハドソンの十四年式と (2020-04-03 19:19)
この記事へのコメント
こんばんは。

最初のCz75の写真、KSCかと思ったらマルシンのモデルガンでしたか。
私も持ってるけど、KSCに比べてぽっちゃりしてるので、ほとんど触れてなくて気が付きませんでしたw。アップだと、綺麗に見えますねー。
ウチのは、プラの素材色そのものでツルツルなんですが。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年02月23日 19:22
Timm_MK2様
>マルシンのモデルガン
もともとエアガンだったのを無理やり?モデルガン化、メカの再現やディティールは
二の次でとりあえず発火だけ、というコンセプトで出てきたので、仕方ないかも、ですが、
ABSモデルでも疑似ショートリコイルや各種メカの再現など、”模型として高度なもの”を
志向していたマルシンが、このころから”玩具として気兼ねなく遊べる”に180度?転換したのを
象徴するモデルにも思えたりします。

そして現在、またトイガンファンは”よりリアルさ”を求めるようになってきているように思います。

再現性と強度,耐久性、価格の配分で、どこに重きを置くか、は結構難しいと思いますが、
またP38のショートリコイルやM39のコイルスプリング多用メカ再現など、
「そこまでやるかマルシン!」と思わせてくれるような名作を作り出して欲しいところ、
その第一作として、Cz75のリメイクは最適では?とか思うのですが。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2013年02月23日 22:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。