プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2008年10月15日

7mmBR?

現在 珍?口径、シリーズ第8弾!
今回はレミントンの変わり種ピストル、XP100を。
7mmBR?
レミントンは、シングルショットのボルトアクションライフルの機関部を、ショルダー部分無しでピストルグリップ
付きのストックに搭載し、このXP100を”拳銃”のワクに収めています。
もともとは小型獣の狩猟用として開発され、弾はライフル用のボトルネック型.221ファイアーボールを使用
していた為、この銃を「ファイアーボール」と呼んでいるところも?
ライフルよりは持ち歩きが楽で、狩猟に必要な遠射性能を持たせたモデル、という位置づけだったのでしょうか。
その後、メタリックシルエット競技のピストルクラスでこれが着目され、弾も.223,7mmBR-Rem,7mm-08,
.35Remなどのカートリッジのものも作られているようです。
7mmBR?
これはサンプロのエアコッキングガンです。
サンプロではオリジナルのXP100も作っていたのですが、16インチのヘビーバレルとシルエット競技向けの
シンサティック風ストック(木製ストックも有り)を付け、着脱式のマガジンを付けたXP100-Rというものを作りました。
(これもレミントンで作っていたのかも?)
口径は記載されていないのですが、シルエット競技向け、という事で7mmBR、という設定で紹介してみました。
もっとも.223以外は間違い無くトイガンで珍しい!
サイトは付いていなかったので、タスコのMAGというスコープを付けてみました(ちょっとデカ過ぎ!)。
7mmBR?
しかし、肩付け出来ないからって、ソウドオフショットガンより大きなこれ、既に”拳銃”じゃないサイズです。
これ、昔Gun誌でTurk氏が使っていた(これがトイガンの参考?)のですが、同じく使われていたスーパー
ブラックホークなんか、並べてみればとっても可愛く見えます。





同じカテゴリー(現在珍?口径)の記事画像
.380Enfield
.36?
.44S&W
.38LongColt
.454Casull
.41Rimfire
同じカテゴリー(現在珍?口径)の記事
 .380Enfield (2008-10-22 19:34)
 .36? (2008-10-21 19:19)
 .44S&W (2008-10-18 21:59)
 .38LongColt (2008-10-16 19:19)
 .454Casull (2008-10-12 19:56)
 .41Rimfire (2008-10-11 19:19)
この記事へのコメント
ム、ムネの谷間が・・・。
イイっすね~、デザインが。
あ、あと谷間も。
個人的に好きな形です。
Posted by さんじ at 2008年10月16日 13:12
さんじ様こんばんは。
やっぱりネギま、いや谷間ですね!
狙っていました。
ただ、コメントは特に頂いて無かったのですが、前回の女子高○風のほうが、
騙された方が多かったのか?Hit数は上がっています。
詐欺商法じゃないので見間違えるくらいリアルな方が面白いのですが、
だからって遠目の小さめ(、、、ムネじゃなくて)だけじゃつまらないですよね。
今回、3枚ずつ同じ構図で進んでいますが、さんじ様なら、どんなセリフを入れますか?
撮る方は一応テーマがあるのですが。
ちょっと聞いてみたかったりします。また、良かったら宜しく、です。
Posted by 赤い猫RRⅢ at 2008年10月16日 18:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。