プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2008年10月12日

.454Casull

現在 珍?口径、第7弾!今回は.454カスールのスーパーレッドホークを。
.454Casull
スターム・ルガーは、44マグナムを凌ぐ45ロングコルトを2ミリほど延長した、45マグナムとでもいうべき
カートリッジ、.454カスールを採用します。
このカートリッジは少し前から存在していたものの、使用する銃に充分強度のあるものが出てこず、
忘れかけられていた存在だったようです。
44マグナムを凌ぐ強力カートリッジ、という事でフリーダムアームズ,スターム・ルガー,トーラスなどが
採用し、世界最強を狙いますが、このあとスターム・ルガーは480ルガー弾を作り、S&Wは500マグナム、
とパワー競争は行き着くところまでいったようで、現在454カスールの存在は珍品、というところになって
しまったのでは。
ハイパワーカートリッジとしては、過去に取り上げた44AMPも、それから45-70や480ルガーも、珍しい
存在になっているように思います。
スーパーブラックホークでは、44マグがノンフルートシリンダーでしたが、レッドホークから44マグでも
フルート付きなので、スーパーレッドホークでも44マグがフルート付き、454がノンフルートになっています。
これを利用して、弾薬を間違わないように、シリンダーに使用カートリッジを刻印(しかも上下ライン付きで
強調!)しています。
.454Casull
これはタナカのガスガンで、ブラックニッケルフィニッシュとか?ミッドナイトブルーに近いメッキですが、
より黒い、ということでしょうか。
実物のほうが反射防止の為かステンレスの上に艶のない、濃い灰色の仕上げとしていますが、
見栄えという点では実物以上、かも。
グリップはスタームルガー伝統の滑らせて反動を逃がす?プレーンなもの(横は木材風)でしたが、
バトラークリークのものに替えてみました。
.454Casull





同じカテゴリー(現在珍?口径)の記事画像
.380Enfield
.36?
.44S&W
.38LongColt
7mmBR?
.41Rimfire
同じカテゴリー(現在珍?口径)の記事
 .380Enfield (2008-10-22 19:34)
 .36? (2008-10-21 19:19)
 .44S&W (2008-10-18 21:59)
 .38LongColt (2008-10-16 19:19)
 7mmBR? (2008-10-15 19:19)
 .41Rimfire (2008-10-11 19:19)
この記事へのコメント
こんばんは赤猫さん。そのグリップ握り易いですか?私のもグリップを別の物に交換しようかな。
Posted by ネコ at 2008年10月12日 21:36
ネコ様こんばんは。
これは日本人サイズで握りやすいです。
パックマイヤーも持ってますが、あちらは米国人サイズ(笑!)です。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2008年10月12日 22:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。