プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2008年08月17日

PBといえば

新シリーズにはドール抜きで、と思っているのですが、やはりココに期待されるものは?
いえ撮る方も決して嫌々やっているわけではありません。
そこで少し脱線ネタを。
PBといえばここではピエトロ・ベレッタ社がまず浮かぶところですが、工具には違うPBがあります。
PBといえば
スイスのツールメーカー、PBのヘックスレンチセット、レインボーカラーです。
素材はクロームバナジウムで、そして一端が斜めでも回せるボールポイント、というところは他にも
ありますが、更にサイズも公差が厳しく、また形もよく吟味され、手持ちの中では最も信頼できる
六角棒レンチです。
しかし、やはり最大の特徴は七色のコーティングでしょう。
サイズ毎に色分けされているので、間違い難いし、それぞれも目立つ色なので紛失しにくくなってます。
他には1セット毎に色分けして、他人のものに紛れないように、というのもあるそうです。
バーゲンセールで、極小サイズのものもオマケで付いたものを入手しましたが、それでも結構な値段、
もったいなくて、色分けが無くても失くせませんって。




Posted by 紅い猫RRⅢ at 22:48│Comments(5)
この記事へのコメント
工具っていいですよねえ。
何とも言えない魅力があります。
ガンプラと銃も好きですが、工具も大好きです。
Posted by さんじ at 2008年08月17日 23:18
うおー、昔会社でこれの青いホルダークリップに全部シルバーステンレスそのままのを標準装備(笑)として渡されましたが、そこそこ太目のを締める時にこのくびれからポッキリ折ってしまいました(汗)。

壊れる時はショックでしたしトンクラスの金型のボルトに残った折れた先っぽを取るのに苦労しました。

反対向きに出来ないですから・・・大きいペンチ欠乏症でした(苦笑)。
Posted by 665 at 2008年08月18日 00:03
さんじ様こんばんは。
気づかぬうちに今週のネタが流出、いや自分が下書き設定の切り替え
ミスをしたのだと思いますが、この記事、出てしまってました(汗)。
前記事も上手くUPできず、バタバタ続きです(汗汗ッ!!)
えーと、話を戻して、さんじ様も工具好きとのこと、当方、ここでも無節操なコレクターと化しています。
もちろん美しい工具は作業していても楽しいですし、いつも使わない工具に出番が回ってくる時の嬉しさも格別なのですが、
同じ工具がカブってしまうのが困りものです。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2008年08月18日 00:05
665様こんばんは。
レンチが折れるとは大変な目にあいましたね。
ボールポイントは過大なトルクには耐えないですね。
なめてしまう方が多いですけど。
話は少し変わりますが、適正締め付けって難しいですよね。
正確にはボルトの引張力を測って、といいますが現実的ではないし。
超高張力なボルトやアルミ,チタンなんかも怖い!(もちろんトイガンには要らないっ、と思ったらカラーボルトとか有るようですが)
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2008年08月18日 00:23
それぞれ専用のボルトの為のトルクレンチが要りますね(苦笑)。
Posted by Saloon あーみ&665 at 2008年08月18日 02:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。