プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2012年03月07日

A1のワイドスパーハンマー

きょうは基本的に買い物ネタ(基本的、ってどういうコトよ?)で、
WAのマグナテック M1911A1を。

A1のワイドスパーハンマー

実は、このA1のワイドスパーハンマー、A1の付かないM1911のモノと
同じカタチでは?と思って、中古で安かったため購入したものなのです。
(WAでも、更に前のA1では、違う形状のモノが付いています。)

A1のワイドスパーハンマー

マルイのA1はMGCと似ており、正にA1のイメージ(実物でも製造時期,個体差
により、様々なモノがあるようです)なのですが、実はM1911や、WWⅡ前の
ハンマーのカタチが、けっこう好きなのです。

以前戦前のナショナルマッチをカスタムしたとき、ちょうどイメージに合う
ハンマーが無く、WAに聞いてみたところ「ワイドのスパーハンマーは部品で出ない」
とのことだったため、ベースにガスガンを使うことを諦めていました。

しかし、たまたま見かけたコレなら下手なカスタムハンマー一個のネダン!
よーし、それなら刻印を打ち直せば使える!と衝動買いしてしまいました。

ライフリングの無いバレル、プラのチャンバーに、ノッチ貫通のスライドですが、
まあ素材としてなら安くてベース銃にピッタリ!

でも、調べてみると同じマグナテックでミリタリー/コマーシャルも
出ていたんですね!
それなら刻印もナショナルマッチの文字だけを足せば良さそう、、、

というコトでコレはそのまま、になるかも知れませんが、ツヤの出た灰色の
表面がちょっと可哀相なので、再塗装の実験くらいはやるかも
(結局ヒトバシラかよ!)。

A1のワイドスパーハンマー
(左;マルイ 右;WA)

ちなみにウチで一番長いハンマースパー、HFの戦前ナショナルマッチと。
このハンマーは、自然崩壊で折れる、というシロモノ(スライド交換もドキドキ!)
ですが、今回登場させてみました。

出来たらこのカタチのハンマーをガスガンで、と思うのですが、、、

A1のワイドスパーハンマー





同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
ブッシュマスター!
MP41
十四年式の金属モデルガン
CMC ルガースタンダードピストル
キンバーLAPD SIS
モーゼルミリタリー1930?!
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 ブッシュマスター! (2020-01-17 19:19)
 MP41 (2020-01-03 12:12)
 十四年式の金属モデルガン (2019-12-20 19:19)
 CMC ルガースタンダードピストル (2019-12-11 19:19)
 キンバーLAPD SIS (2019-12-06 19:19)
 モーゼルミリタリー1930?! (2019-11-27 19:19)
この記事へのコメント
自主規制には程遠いコスチュームなのに、なぜかピンぼけ。
これは、赤猫氏お気に入りのコスに違いあるまい。
我々に細部まで見せたくないけど見せたい、葛藤の一枚というところか。
たぶん、赤猫氏への夜伽はこの格好がデフォルトなのだろう(クスクス)。

>このハンマーは、自然崩壊で折れる

亜鉛合金製は、この運命は避けられないようで。
マジンガーZから始まる、超合金シリーズも、初期のものは崩壊モノが結構あるとか。

私はハンマーをよく折ります。
断面を見ると、中にたくさんの気泡=(「巣」)が入っていることがわかる。
製造時に入るのは避けられないようで。
WAのルガー・スーパーブラックホークのハンマーなんぞ、何本折ったか。

かといって・・・、さわると起こしたくなるのよねーー。
ワイドなハンマーって。
Posted by 元町愛 at 2012年03月08日 23:45
元町愛様こんばんは。
>ピンぼけ
えっと、衣装でなくて、意匠上、M1911A1に焦点をあてた画像を、と思っただけ、
(潜在意識下では、コレに反応したのかも、ですが、、、)です。

ちなみに、これはFateのセイバーさんに付いてきた私服?の短いキャミソールで、
没カットではフトモモを見せていました。

>自然崩壊
有名な話かも、ですが、このモデルのハンマー,リアサイトなどは、”触わらなくても”
欠けたり、折れたりするようです。

ン十年前の亜鉛合金は確かにスが多く、MGCの金属パイソンなんか作動させていると
ハンマースパーが良く折れました。

そのせいか、MGCのプラではここがゴツく、コクサイもちょっと違う形にして強度を確保していた
ように思います。

亜鉛合金は不純物のせいで数十年経つと崩壊するものがありますが、
これはそこまで旧くないにもカカワラズ!で、メーカーは壊れたら自社の他のモデルの
ハンマーを推奨しています。

素材のせい、と思われるのは、海外に生産拠点を移した某楽器メーカーの製品が、
一時高い確率で、数年のうちに崩壊する、という事態が起きたり、他にも同じような
海外の粗悪な金属素材による事例があるから、です。

HFは有償とはいえ安価で壊れた部品を交換してくれるようなのですが、発売当時
決して安価なモデルでは無かったのと、ZEKEブランドの評判を保つためにも、
できたら同じ形状で対策品を作り、全数交換して欲しかったところです。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2012年03月09日 00:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。