プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2011年06月29日

モデルガン ポリスポジティブSP

張り込みはこの仕事の中でも、最も重要で、そして退屈なものだ。
私服用の拳銃は短い猪っ鼻が使われることが多いのだが、
彼は巡査用の長いモデルを好んで使っている。
その贅肉が削ぎ落とされたバレルには、ポリスポジティブとあった。
雨は止まない。
「今日は、アイツはきっと動かないな」
交替に備えて、馴れた手つきでカートリッジを確認しながら、
彼はいつもの癖で跳ね馬の模様をなぞった。

侵入してくる隣のネコに備えて(って発火したことも無いので全然怖がってくれ
ませんけど)。

さて今日はタナカのモデルガンで、コルト ポリスポジティブスペシャルを。

モデルガン ポリスポジティブSP

これはウチでは珍しく?新品を入手したもので、ガスガンと同じく(カブってる!)
HWで黒いグリップが付いてきましたが、手持ちの木製に替えています。

仕上げや長いカートなど、内容は満足していますが、ペガサスと比べると
重量は大きく違いますね。

ま、もともと軽量化の為に贅肉をそぎ落としたモデルなので、
これは仕方ないかも。

モデルガン ポリスポジティブSP

ウチのタナカ Dフレームたちと。ガスガンのポジティブは外形が同じなので
今回遠慮していただいて?左上がカート式のデティクティブ3rd、中央は
ペガサスにカート式のバレルを元に作ったシュラウド付きバレルを被せたもの、
そしてペガサスの2ndスチールフィニッシュです。

中央の3rdバレル付きには、パックマイヤーのオーバーサイズなんかを付けよう
と思ったのですが(そうすると3rdで、カート式とはグリップが違うモノに)、
フレームを切らないと付かない!ので思案中、、、

バレルは割れたカート式のフレームから切り出し、内径を拡大してマズルには
ABSを埋め込んでカート式より自然な見た目にしてみました。

モデルガン ポリスポジティブSP

ついでにMGCのオフィシャルポリスとも。
同じ4インチバレルですが、比べるとポジティブのスリムさがわかります。
でも、MGCのはパイソンベースで、ちょっと実物よりゴツそうですが。

モデルガン ポリスポジティブSP

さて、モデルガンとガスガンですが、何気にほとんどの部品が改修されており、
新規、といってもいいくらい部品が違います。

まず、発火式なので当然ですが、ハンマーノーズがリアル動作するものに
(画像右がモデルガン)。

モデルガン ポリスポジティブSP

ラッチ周りは当然ですが、ポジティブロック機構の追加に加え、
シリンダーストップのボルト機構が実物より凝った機構に改められ、
なぜかグリップ内のシャーシまで別物に!

モデルガン ポリスポジティブSP

機関部のアップです。ハンマーの後ろ、ハンマースプリングの上に見えるのが、
ボルト解除のパーツで、ハンマーの下には、ポジティブの名前のもとになった
ポジティブロック機構がチラッと見えます。

タナカさんはデティクティブ系にコダワリがあったのか、ガスガンでもカート式と
ペガサスの2種類を作ってきたのですが、さすがに今回はモデルガンのせいか、
再現性,作動性など、非常にクオリティが高い!と思います。
ガスガンを既にお持ちの皆さんも、タナカのモデルガンシリーズを是非!
(といいながら、いまだにM1917シリーズとコレしか手を出してないような、、、
タナカさん、スチールフィニッシュなどの仕上げでモデルガンシリーズの
充実を是非!)





同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
CMC ルガースタンダードピストル
キンバーLAPD SIS
モーゼルミリタリー1930?!
ベビーブローニング
アラスカン
S&W M659
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 CMC ルガースタンダードピストル (2019-12-11 19:19)
 キンバーLAPD SIS (2019-12-06 19:19)
 モーゼルミリタリー1930?! (2019-11-27 19:19)
 ベビーブローニング (2019-11-03 12:12)
 アラスカン (2019-10-27 12:12)
 S&W M659 (2019-10-23 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。