プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2011年05月11日

プリSに新シリンダー!?

きょうもセブロでなくて、プリSカスタム日記、
今回は、シリンダー製作素材編?

プリSに新シリンダー!?

前回まで試していたホップバレル、10mでゼロインできる反面、
初速は2割近く下がり、これが精度に影響しているのでは?と心配です。

そこで、やはりノンホップでパワーアップする方法を探ってみたいと思います。

まず、プリシーダー,Sを購入したショップで行っていたカスタムは、
APS-1GMのインナーバレル,シリンダー+ピストン一式を移植する、
という力技!でパワーアップしていました。

これは現行GM用のシリンダーか、旧型のバネを交換したモノが必要になり、
メーカーからは旧型のシリンダーしかパーツが出ないとのこと、
そしてもともとシリンダーが分解できないので、分解式のアフターマーケットパーツ
などを購入すると、もうほとんど新型GMが買えます!
それなら新型GMを買えば、もう完成してるしプリSをいじる必要は、、、です。

ここまできたら乗りかかった船、極力オリジナルパーツを活かすことにし、
カシメのシリンダーを何とかし、分解してスプリングを交換することに決めました。

プリSに新シリンダー!?

しかしシリンダーを切ってバラすと再生できないので、
替わりのパイプを用意しました。
SUSで外径20mm、厚み1mmとノーマルのアルミ製と寸法は同じです。

通常ステンレスパイプは19mmの次は22mm、このサイズは見かけないと
思います。
今回素材業者でコレを持っているところがあり、頼んでみたら結構安かった!
でも普通はm単位、もしかすると1ロール生産分(プリSの販売数量分くらい!)
で購入しなければならないかも、ですが。

内,外面もまだ仕上げていませんが、長さをオリジナルと同じに揃え、端部を
面取りして、一応レシーバーに入れてみると
(ってか寸法計ってるので、別に必要はないけど、何となく今回ジミなので、
絵的にコウイウノが欲しくて、、、)、
バッチリ!

プリSに新シリンダー!?

これで心おきなくシリンダーの分解に取りかかれます。
シカシまだスプリングがどんなサイズで、替えられるモノがあるのか?も
わかりませんが。

ともかく、次回はシリンダー分解編を
(注;このカスタムはアナタのプリシーダーにとってある種”命がけ”の、
後戻りの出来ない特攻作戦であり、あくまで自己責任で参考にしてください)。





同じカテゴリー(プリS戦記)の記事画像
APS-3の木グリ
AP210のグルーピング
AP210!
スコープ付きAPS-3の初速
APS-3でもスコープを
スコープ装着!
同じカテゴリー(プリS戦記)の記事
 APS-3の木グリ (2014-02-07 21:21)
 AP210のグルーピング (2014-01-29 21:21)
 AP210! (2014-01-12 20:20)
 スコープ付きAPS-3の初速 (2013-04-26 22:22)
 APS-3でもスコープを (2013-04-12 21:21)
 スコープ装着! (2012-12-14 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。