プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2011年03月30日

プリシーダーSの体力測定

「新しい プリS はじまる(のか?終わってないか?)」
きょうはプリSの健康、違う現況診断なんかを。

プリシーダーSの体力測定

うちのプリS、カスタムにはいそしんでいるものの、
まだパワー測定を行っていませんでした。
巷では「たいへん非力」と噂されているような?プリSですが、果たして?

プリシーダーSの体力測定

うちのプリSは未だ100発も撃っていないハズ、
いわば箱出し(言いすぎ?)状態です。

計測にはマルゼンのSGM0.29gの弾を使ってみました。
機械はXCORTECHのX3200です。

プリシーダーSの体力測定

気温15度(寒!)、10発の初速を計ったのが上のグラフです
(同じミリブロ内の「MAGIのAPS研究室」様のグラフを参考に作ってみました)。

平均はプリシーダーSが61.53m/sec、 パワーは0.55Jで、
APS-1は64.96m/sec、パワーは0.61J、
APS-3は76.88m/sec、パワーは0.86Jです。

プリSはマルイの0.2gなんかを使うと、メーカーが箱に記載している
80m/sという値に近かったです。
また、ウチにあるプリシーダーはプリSより、少し初速が低いようです。

この弾速計測器が、5m/secくらい高めに出ているなら、ちょっとまだパワーが
低め、ではありますが、プリSもそんなに極端なローパワーではないですね。

特に初速の変動は少なく、上下は1.07m/sec、何と平均値±2%もない!
という素晴らしい値でした。

ま、データの数が少なく、信頼性は?ですが、
初速の安定度は、APS-3などに比べると結構優秀ではないでしょうか
(というか、このAPS-3、シリンダーのパッキン交換などが必要かも)。

しかしAPS-3の10mでの落差の少なさ、グルーピングを考えると、
ホップバレル(入手済み)への交換や、シリンダーを一部作っての
バネ交換なども考えてもいいかも(入手ショップ社長から、パーツの
流用方法を教わったりしてますし)と思ったり、です。

ちなみに同じ0.25gでレスト5m,5発の精度は、こんなカンジ。

プリシーダーSの体力測定

ゼロインがまだ合っていませんが、18mmにまとまっています。
サイト調整と、タマの選択によるグルーピングテストは、またの回に!
(というか、まだ試していない!!!
更に、グリップ高さ、表面の小加工や、トリガープルの比較や、
とメニューがいっぱい、、、
コンナ調子で、パワー調整までたどり着くんだろうか???)





同じカテゴリー(プリS戦記)の記事画像
APS-3の木グリ
AP210のグルーピング
AP210!
スコープ付きAPS-3の初速
APS-3でもスコープを
スコープ装着!
同じカテゴリー(プリS戦記)の記事
 APS-3の木グリ (2014-02-07 21:21)
 AP210のグルーピング (2014-01-29 21:21)
 AP210! (2014-01-12 20:20)
 スコープ付きAPS-3の初速 (2013-04-26 22:22)
 APS-3でもスコープを (2013-04-12 21:21)
 スコープ装着! (2012-12-14 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。