プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2010年05月30日

グルググ・ビームライフル

きょうはサンスター文具のGABPシリーズ、
グルググ・ビームライフルを。
グルググ・ビームライフル

これは先週もご紹介しました、ガンダムMkⅡビームライフル
(下の画像左側)と同じく、通算第三弾、
サンスター版第二弾のひとつです。

グルググ・ビームライフル

2色のバリエーションのうち、今回はブラック
(といってもガンメタですね)を選んでみました。

トリガーガードが大きめなのは、モビルスーツの手に
合わせたのでしょうか?

でもこのマズル、跳ね上がりが増大,弾道も乱れそう,,,
あ、光線だから関係ないか
(ならマズルにこんなパーツを付けなくてもよいかも)。





同じカテゴリー(ガンダムアームズボールペン)の記事画像
ヒートホーク再び!
ドム・ジャイアント・バズ
ガンダムMk-Ⅱビームライフル
ザクバズーカ
ガトリングシールド
ガンキャノンビームライフル
同じカテゴリー(ガンダムアームズボールペン)の記事
 ヒートホーク再び! (2010-06-13 20:20)
 ドム・ジャイアント・バズ (2010-06-06 20:20)
 ガンダムMk-Ⅱビームライフル (2010-05-23 22:47)
 ザクバズーカ (2010-03-21 20:20)
 ガトリングシールド (2010-03-13 20:20)
 ガンキャノンビームライフル (2010-03-06 20:20)
この記事へのコメント
赤い猫RR-Ⅲ様

これでも TV版デザイン画稿比べれば グリップの前後の広がりなど 「Zガンダム」の「ガルバルティーΒ」というか実銃よりにアレンジされていますよ。
 本編の画像のチェックはしていませんが、1982年ごろ販売された バンダイ1/60「ゲルググ」 では人差し指と中指の2本がトリガーにかかっています。
「MSV」の「MS-14B ジョニーライデン仕様」からは一指指1本に解釈が変わったようですが…。

 このデザイン、メインメカデザインの大河原氏(ただし ゲルググの基本ラインは 監督のラフ画が元ですから 装備品もラフ画の存在する可能性はあります)や 背景デザインの中村氏が「タツノコ プロ」出身から「キャシャーン」の「MT銃」に通じる タツノコのメカラインを見るのですがいかがでしょう。

ではでは
Posted by Doburoku-TAO at 2010年05月31日 00:39
Doburoku-TAO様こんばんは。

>実銃よりにアレンジ
ボールペンの方が、原作よりリアル路線だったとは!
原作の段階から模型化することを念頭において
パーツの太さも折れにくさを重視しているようですが、
さすがにボールペン化までは考えていなかったでしょうね。

タツノコプロの影響、ですか。
このトリガーガード前の穴あきリブ、建築物っぽくもあり、
一連のガンは本当にありそうな、の方向性ですが、
ディテールの表れてくる、デザイナーさんの好みとか、
癖のようなものは共通かも知れませんね。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2010年05月31日 22:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。