2010年04月09日

H&K P46UCP

きょうの「ポリ☆まっくす」はH&Kの提唱する4.6mm口径の
P46 UCPを、頑住吉氏のガレキ エアコッキングで。


FNの5.7mm×28弾に対し、H&Kは更に小口径の4.6mm×30弾を
PDW用として採用、MP7と共にこの弾を使うのが、今回のP46 UCPです。



ここではコレは過去にも何度か登場しており、
けっこう人気があるようなのですが、
技術のH&Kの中でも、特に近未来的な存在なので、
もう少し知名度があがれば各トイガンメーカーも
作ってくれるのでは。
MP7の次はコレだ!(各メーカーさん、お願い!)




タグ :UCPP46

同じカテゴリー(ポリ☆まっくす)の記事画像
マルイ ハイキャパ5.1
H&K MP5A5
SP2022
グロックG21
SV3.9EXコンパクト
WAハイキャパ
同じカテゴリー(ポリ☆まっくす)の記事
 マルイ ハイキャパ5.1 (2010-04-22 20:20)
 H&K MP5A5 (2010-04-21 20:20)
 SP2022 (2010-04-20 20:20)
 グロックG21 (2010-04-19 19:19)
 SV3.9EXコンパクト (2010-04-16 20:20)
 WAハイキャパ (2010-04-15 20:20)
この記事へのコメント
残念ながら、UCPは実銃の開発計画自体がおじゃんになってしまいましたね…。
Posted by タナ・セガール at 2010年04月09日 21:06
タナ・セガール様はじめまして。
H&KのGunは、VP70にしろ、P9にしろ、大成功とはいかなかった伝統が、P46にも、かもですね。
また宜しく、です。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2010年04月10日 01:05
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。