プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2010年03月09日

STIイーグル6.0

きょうの「ポリ☆まっくす」はSTIイーグル6.0を、
KSCのガスBLKで。
STIイーグル6.0

ポリマーオートの流れは、M1911クローンのハイキャパシティ版にも及び、
金属シャーシにポリマーグリップフレームをボルトオンする、
という新しいコンセプトでSTIの2011シリーズが登場します。

KSCは何とSTIからグリップフレームの供給を受け(但しトイガン用に
変えてあるようです)、いわば実物のエアーソフトバージョンとでも
いうべきSTI 2011シリーズを作っています。

なので、このマーク、正式契約したコピーではなく、本物のSTIが作った証、
ということになります。

STIイーグル6.0
イーグル6.0です。
金属シャーシのダストカバー部がマズルまで延びたタイプで、
重心が前方により、反動による動きも抑えやすくなっています
(ってコレで競技する訳じゃないけど)。

このハイブリッドフレームコンセプト、パーツの汎用性
(市販パーツが多い)が高いM1911系のメリットを活かすため
のデザイン、ともいえますが、
グリップとフレームを一体化して薄くでき、また衝撃緩和性も
持たせることができるのかも。

反面、シャーシにもチタン(KSCではアルミ)を使うモデルなどに
代表されるように、このシリーズ、決して廉価なものではなさそう。

STI 2011のポリマーフレームは、コスト度外視のモノだからこそ、
の面もありますよね。





同じカテゴリー(ポリ☆まっくす)の記事画像
マルイ ハイキャパ5.1
H&K MP5A5
SP2022
グロックG21
SV3.9EXコンパクト
WAハイキャパ
同じカテゴリー(ポリ☆まっくす)の記事
 マルイ ハイキャパ5.1 (2010-04-22 20:20)
 H&K MP5A5 (2010-04-21 20:20)
 SP2022 (2010-04-20 20:20)
 グロックG21 (2010-04-19 19:19)
 SV3.9EXコンパクト (2010-04-16 20:20)
 WAハイキャパ (2010-04-15 20:20)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。