プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2010年03月04日

ベークライトのグリップ

きょうは「最モノぱーつ編」ですが、またもハドソンさんで
ビズリーモデルのグリップなんかを。
ベークライトのグリップ

これはさいきん、ジャンクパーツでグリップだけを入手したものですが、
実物と同じベークライト製で、裏から見ると中身がしっかり詰まっています。

現在一般に良く使われる樹脂は熱可塑性で、成形後のヒケが
大きいこともあって、裏面にはリブを設けてできるだけ薄く、
また厚みが均一になるように成形されています。

ベークライトは熱硬化(化学反応)性で、硬化後のヒケは少ない(ない?)
ようですね。
音も乾いた、カンカン高めの響きのようなカンジ。

ただ、現在電器製品に使われているベークライトも、紙か布に含浸して
これらの繊維を補強としているように、見かけに比べ強度は低いので、
ハドソンさんも、「割れやすい」と注意を喚起していたようです。

同じベークでも、ワルサーP38の戦時中のものは成形法が異なるのか、
斑模様の濃い茶色で、表面も凹凸があったようですね。

ちなみにCAWの使うロックライトもベークライトだとか。

と、いいながら、手持ちのタナカSAA(ガス)を分解してみたら!
ベークライトのグリップ

左の一対がタナカSAA、右がハドソン SAAビズリーのものです。
タナカ製もベークライトなのでしょうか?(表面はつや消し塗装かも知れません)

ハドソンのものより、チェッカーも細かく、裏面に細かい文字も入るなど、
造りは非常に良いのですが、裏面をみるといくつか注型跡(抜き?)のような
ものがあるので、HW樹脂製グリップと同様(もしくは本当にHW!)
インジェクション成形の樹脂でヒケの少ないものかも、、、

他のSAAを知らないのですが、イーグルグリップはトイガンでもみな中実型なの?





同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事画像
ルガーのターゲットストック?!
44マグナムのアダプター
珍しめのヘレッツ
ホロサイトレプリカ
44マグナムの木グリ
SILEのラバー?!
同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事
 ルガーのターゲットストック?! (2019-12-18 19:19)
 44マグナムのアダプター (2019-07-12 19:19)
 珍しめのヘレッツ (2019-06-21 19:19)
 ホロサイトレプリカ (2019-05-24 19:19)
 44マグナムの木グリ (2019-05-01 19:19)
 SILEのラバー?! (2019-04-12 19:19)
この記事へのコメント
赤い猫RR-3様

机の近くのグリップ箱に、国際金属(装填できないダーミーカートが2発ついていたモデル)の物がありますが、典型的な薄型リブつきです。

タナカの場合、ぺガサスの転用だからではないでしょうか?
特に ペガサスはシリンダーがガスタンクをかねていますので、グリップ側を重くしバランスをとらないと、握った際に違和感を感じるからだと思うのですが?

ではでは
Posted by Doburoku-TAO at 2010年03月04日 22:09
Doburoku-TAO様こんばんは。
>タナカのグリップ
ペガサスの重心改善、はあるかもしれませんね。
特にHWモデルはグリップもHWの中実タイプが、他にも
(うちにはポリスポジティブなどが)ありますね。
しかし、ハドソンさんは、少ない生産数で償却しやすい
という判断だったのかも知れませんが、よくベークライトで、
と思ってしまいました。
ではまた。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2010年03月05日 00:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。