プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2021年07月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2021年07月11日

SHOOTERのホルスター

サーモン・イン・ザ・アニサキス、
♪心~肺ないからね(ゾンビー)、、、
このところダジャレが
”破滅の刃”っぽい
(切れがない?ってずっとそーだった?!)


さてきょうはまた国産ホルスターシリーズ?で、
いつものリサイクルショップで仕入れてきた
SHOOTERブランドのヤツを。

SHOOTERのホルスター

これはラッキーポイントのSHOOTERというブランドで、
アベンジャーホルスター45AUTO用、なんですが、、、

SHOOTERのホルスター

安価になってるのはホック止めのストラップが紛失してる
から、のようで(笑)。

まあ、ストラップ無くても簡単に抜け落ちたりはしない
ようだし、サムブレイクじゃないストラップを外すのは
ちょっと面倒だから、前ユーザーも外してそのまま、
だったのカモ!

SHOOTERのホルスター

シューターの刻印はベルトループ部に入っています。

革は内側がそのまま、なので全体を染めてから切った
のではなく、裁断後表(+切断面)だけ染料を塗ったようですね。

そのため、外部でもスレているところが少し地色が出ており、
使い込むと”茶芯”が出た状態、になるのかも。

SHOOTERのホルスター

いつものWAガバを入れてみました。
革は分厚く、型押しで密着させてますが実物用の輸入モノ
ほどきつくはなく、ちょうど良いカンジ。

SHOOTERのホルスター

入り口部分は一枚(ベルトループの革を延ばして)補強されて
ますが、ギリギリ調整式サイトも入りそうですね。

マグキャッチもノーマルなら押されてマガジンが出てきたり、
は今のところありません。

SHOOTERのホルスター

でもコック&ロック状態だとハンマーもセフティもむき出し!
なのでちょっと安全性は?かな。

このところ一気に増大したガバ用ホルスターですが、
今のところ実物用のサファリか、ノーブランド国産でも
サムブレイクタイプがやはり無難かな?

でもこれだけでは納まらず、あ、続きは(他ネタを挟んで)
またの機会に(と、気を持たせて引っ張る作戦?)。


同じカテゴリー(こんなモノ番外編)の記事画像
お中元頂きました
アローイントのホルスター
日本製?ホルスター2つ
キャップポーチの使い方?
南北革装備?!
米軍リボ用ホルスター
同じカテゴリー(こんなモノ番外編)の記事
 お中元頂きました (2021-07-18 13:43)
 アローイントのホルスター (2021-06-30 19:19)
 日本製?ホルスター2つ (2021-06-23 19:19)
 キャップポーチの使い方? (2021-06-11 19:39)
 南北革装備?! (2021-06-06 13:39)
 米軍リボ用ホルスター (2021-05-16 12:12)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
この商品はハンマースパーまたはグリップセーフティの先っぽにストラップのリング部を引っかけるタイプだったとおもいます。 銃を抜く場合は 指先でゆっくりリングを外すか 緊急時?は ストラップをムリやり引っ張って リング部ではなくホックの方が外れ ストラップはすっ飛んでいくわけです。 そのような使い方でストラップが破損したか?紛失したのカモ?
「ビアンキ 105 ミニマリスト スロット ヒップホルスター」は 輪ゴムというかOリングのようなストラップが付いていて スライド後部をこのゴムバンドで固定し そのまま銃を強く引き抜けば外れるというアイデア商品です。
Posted by ないとあい at 2021年07月12日 18:45
ないとあい様こんばんは。
>ストラップのリング部を引っかけるタイプ
無理やり引っ張る!!(笑)
やっぱり一番良いストラップはサムブレイクですよね。
Oリングも強い力で引き抜けるなら要らないカモ、
です。
ただ、銃の方がコック&ロックからDA、しかも
サムセフティ付きなど、最近は主流が変化してきており、
ホルスターもそれに合わせたカタチに(しかも
樹脂製が
多くなってるし!)変わってきてるような、ですね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2021年07月12日 21:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。