プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年06月14日

今度こそマカロフ用ホルスター

最近よくニュースに出てくる
”接客を伴う飲食”業、そこで働く女性を
よく”夜の蝶”っていいますけど、
それは””なんじゃあ、、、

(*昼行性と夜行性の違いだけでなく、
羽根の畳み方、触覚の形などが違う
そうですが、明確な区別点はない、とか)

あ、さてきょうはまた中型オート用ホルスター、
マカロフ用と思しきモノを。

今度こそマカロフ用ホルスター

これもいつもの中古トイガンショップにあった
モノなんですが、前回仕入れたモーゼルHScと
似ているものの、クリーニングロッドが付いていて、
これこそ正にマカロフ用なんじゃあ、ですね!

今度こそマカロフ用ホルスター

お店で袋を開けてみせてもらったところ、中から
このような革紐も出てきました。

ホルスター本体はベルト通しがあるものの、
肩から吊るようにはなってないので、この紐は
ランヤードのようです。

今度こそマカロフ用ホルスター

雪国仕様のせいか、グリップ底部にも一枚革が
縫い付けられ、雪や埃の侵入が少なくなるよう
配慮されています。

今度こそマカロフ用ホルスター

以前入手したHSc用(画像右)と。
今回のは、米軍革装備のシールブラウンより
明るいですが、HSc用のヌメ革より濃いめに
塗られており、革の厚みもぐっと薄いです。

ベルト通しは使った跡がありますが、使用頻度は
少なく、実際に兵士が装備したものではないようですね。

上部のフラップなど、異なる素材としてHSc用より
小さな面積の革を縫い合わせて作られており、手間は
かかるものの、皮革素材が高いトコロで作られたのかも。

今度こそマカロフ用ホルスター

上蓋に加え、グリップ底まで覆い、しっかりホルスターに
入り込む形状のため、そのままでは抜き出すのが一苦労!

そこでトリガーガードにかかるよう内部にコレマタ革紐が
仕込まれており、ソイツを引っ張ると銃がせり上がり、
スムーズに(といっても止め革を外し、上蓋を持ち上げ、
皮紐を引いてから、となるんですが)抜ける、凝った構造です!

サイズ的には、この間のHSc用より全長方向は短く、
高さ(グリップ部)方向は長いのですが、このようにKSCの
マカロフがぴったりフィットします。

今度こそマカロフ用ホルスター

上蓋(フラップ)部分には、ナニヤラ識別コード、製造年らしき
焼き印まであります!

コレ、それでもレプリカなんじゃあ、ですが、良くできてますよね。

今度こそマカロフ用ホルスター

そしてコイツを購入する気にさせたこの付属ツール!
クリーニングロッドとドライバーを兼ね、先端は少し尖っている
ので異物でもほじりだす、のかな?

ガンブルーで染められた、コイツが付いてると一気に
”マカロフ用”のイメージに、ですが、実物は肩掛け紐付き
とか、まだまだイロイロ(製造、採用した国にもよって)
あるようなんですが(笑)。

あ、予備マガジン入れも、キツイものの(水でふやかしたり
せずとも)なんとか入ります。

このホルスターが最初に手に入っていれば、HSc用には
手を出さなかったカモ、ですが、しかしこうなると米軍の
M1903(32オート)用とか、黒いワルサーPPK用とか、
イロイロ欲しくなって困る!

でもフルサイズの軍用拳銃ホルスターも持ってないし(爆!)。


同じカテゴリー(こんなモノ番外編)の記事画像
レザーバック(仮)
ポリス用ホルスター?
タナカSAAの不調原因
謎の?軍用ホルスター
めっき工房
コスモドラグーン メーテルVer?!
同じカテゴリー(こんなモノ番外編)の記事
 レザーバック(仮) (2020-05-06 12:12)
 ポリス用ホルスター? (2020-04-24 17:17)
 タナカSAAの不調原因 (2020-04-05 12:12)
 謎の?軍用ホルスター (2020-02-16 12:12)
 めっき工房 (2020-01-05 12:12)
 コスモドラグーン メーテルVer?! (2019-12-29 12:12)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
ピッカピカですね♪ デッドストックか?レプリカか? 「OTK」のスタンプは ソ連とワルシャワ条約機構の軍標準規格記号ですが ソ連やワ軍がなくなった頃の放出品でしょうか?
クリーニングロッドのリングの端部はマイナスドライバーですが グリップスクリューに使えますか? 先端の突起は 動画サイトの「Complete Makarov Disassembly」では エクストラクターやマガジンの分解に使っています。 この動画にはバレルをフレームから抜き取るツールが登場します。
Posted by ないとあい at 2020年06月14日 22:18
ないとあい様こんばんは。
>デッドストックか?レプリカか?
その「03ⅹOTK-2」のKが、どうもロシアっぽくないのが
気になるんですが、まあレプリカにしても十分なデキ、
と思ってます。

スタンプが製造年だとすると、1985年でまだ体制崩壊前、
ですが使用されず保管され、体制崩壊後放出された、
というセンもありですね。

>グリップスクリューに使えますか?
サイズ的にはジャストです(敢えてコレで回してみてませんが)。

先端の突起も分解時に使うものなんですね。

独でも昔工具付属だったようですが、近年西側では
クリーニングキットも含めて別、というのがライフルでも
増えましたね。
でもこういう小物が、”マニア心”をくすぐるアイテムなんじゃあ、ですが。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年06月14日 23:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。