プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年06月28日

S&W ミリタリー&ポリス

きょうはセレーション探求の旅?で、
リボルバーにセレーションが使われ始めたのは
いつか??を考える回を。

S&W  ミリタリー&ポリス

えー、リボルバー(回転式拳銃)は19世紀から
連発式けん銃の花形、として大流行したんですが、
コルトのパーカッション式などを見てみると、
どうもハンマーなどの滑り止めはチェッカーばかり、
のようで、”指がかり”としてセレーションが使われ始める
のは20世紀になってから、なんじゃあ、です。

S&W  ミリタリー&ポリス

今回引っ張り出してきたS&Wのミリタリー&ポリスは
モデル1905とも言われる20世紀初頭の型(画像は
HWSのモデルガン 2インチモデル)、なんですが、
トリガーにセレーションが入っています。

S&W  ミリタリー&ポリス

しかし、海外の実物画像を見ると、モデル1905でも当初は
スムーズトリガーで、第二次大戦前にセレーションが
入るようになったんじゃあ、です。

S&W  ミリタリー&ポリス

トリガーは単一のアールではなく、上部が膨らむような
形状ですが、どうやってそれに沿って溝を入れたのか?

こればっかりは当時の職人の証言とか、工場の写真でも
出て来ないと分からないカモ、ですが、
一つの仮説は”倣い加工”で、曲線を描きながら動く
(たぶん当時は専用)機械を使い、これまた専用の
複数の溝を一度に削る回転工具(刃)で切ったかと。

もうひとつは、”転造”です。
これは溝形の工具を部品に押し付け、その溝を
転写する方法で、現在では”ねじ”の溝成形によく
用いられています。

トリガーのセレーションは、指が切れるほど鋭くない
ように加工されているので、転造が有力かな、と
思いますが、すると溝の前に主要部品も(こちらは
熱間の鍛造ですが)型成形になってから、でしょうね。

リボルバーは戦後、上部の反射防止にグリップ部の
滑り止め、更にラッチにも、と広くセレーション(グルーブ)
が使われますが、どうも最初はこのトリガーあたりから、
かと思ってるんですが。


同じカテゴリー(セレーション)の記事画像
セブロM-5
ボーチャード
キンバー LAPD SIS
同じカテゴリー(セレーション)の記事
 セブロM-5 (2020-06-12 19:19)
 ボーチャード (2020-05-31 12:12)
 キンバー LAPD SIS (2020-05-22 19:19)
この記事へのコメント
あとは…キャストかロストワックスですね♪
(°▽°)
Posted by てるぱ at 2020年06月28日 20:05
紅い猫RRⅢ 様
190万☆通過 おめでとうございます♪

ギザギザ滑り止め加工を フランス語はローレット 英語はナーリングです。日本ではなぜかフランス語のローレットが一般的になってますね。 SAAのハンマースパーのチェッカリングは ナーリング つまり転造ですね。 トリガーのセレーションは溝が繊細で均一だから ならい盤の回転刃の切削とおもいます。
Posted by ないとあい at 2020年06月28日 21:37
てるぱ様こんばんは。
>あとは…キャストかロストワックス
ロストワックスはスタームルガーやハードボーラーのAMTが
1970年代くらいから、焼結の鋼材キャスト(MIM)はキンバーが
もっと後に、というカンジなので20世紀初めにはまだ、かと。
ただこういう加工と製造技術の関係は、あんまり
興味の対象でないのか?銃器の年表はあっても、
加工技術を合わせて載せてたりしないので、
謎が多いです。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年06月28日 21:56
ないとあい様有難うございます。
>フランス語はローレット
すると日本にはこの技術、仏から入ったのかも、ですね。

>トリガーのセレーションは
時期的にいつかは?ですが、S&Wはフレームまで
型鍛造で作るようになるので、その頃にはここも
転造したんじゃあ、です。
ただ、S&Wはその後溝無しの”スムーズ”タイプに移行し、
キャスト(MIM)で作ってるような、ですね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年06月28日 22:05
紅猫さんに教えて欲しいと言うか、確認して欲しい事が有るのですが。

HWSのS&W・Kフレリボルバーシリーズは、
御存知の通り元々は旧CMCが製造した、
プラ製S&W・M19がベースに成ってますよね。
小生は其の頃から気に成っていた欠点が有って、
それはシリンダーヨークの内側・・・フレームに接する側に、
比較的大きく且つ深い!、金型鋳造時の押出しピン跡が残っているのです。

ヨークの内側なので、普通はシリンダーを閉じれば見え無く成る筈ですが、
CMCのM19はこの押出しピン跡が何故か?、
ヨークの前面との角にまで掛かっており、
シリンダーを閉じても、ヨークのフレームとの前面接合ラインは、
丁度押出しピン跡が掛かった所が欠けて、
まるで段が付いた様に成っているのです!。

所詮は精度の低いモデルガンなのですから、仕方の無い事かもしれませんが、
当時から実物に忠実だと言われたCMCにしては、
実につまらない失敗だと思ってましたね。

其の後HWSからM19がリメイクされた時に確かめたのですが、
押出しピン跡は修正されて無かったです!。
このミリポリでは如何でしょうか?、最近は修正されたのかな?
Posted by ご意見有用 at 2020年06月30日 12:36
ご意見有用様こんばんは。
>ヨークのフレームとの前面接合ライン
この個体はトリガー、ハンマー側面磨き出し、フレームラグ別体で
仕様としては最近のものですが、ヨーク前面は少し張り出した
形になっています
(過去記事に大きめの画像がありました。頭にhを付けて
ttps://akaineko.militaryblog.jp/e517902.html)。

M19はHWSになってからのものしかなく、まだ見てみてませんが、
この個体は欠けている、というより、一部はみ出ている、
というカンジですね。
もちろん、気になる方は削って再塗装すれば綺麗になると
思いますが、それよりフレームのパーティングライン処理
が甘く、更にHWSお得意の?バレルの傾き
(Fサイトが少し斜め)
があるので、ソッチの方が気になるカモ、です。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年06月30日 21:54
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。