プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2021年04月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年01月31日

「殺しの烙印」~花田

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
このあいだ亡くなった宍戸錠氏を偲び、
「殺しの烙印」から宍戸錠演じる殺し屋、
花田五郎の銃を。

「殺しの烙印」~花田

まず冒頭はここでも紹介したギャビン・ライアルの
「深夜プラス1」のパクり(これはオマージュとは
いえまい)で、花田はルイス・ケインに倣って
多弾数マガジンを付けたモーゼルミリタリーを
使います。

映画では当時存在したホンリューのモデルガンを
使用したようで、ラージリングで本体底にマガジン
キャッチ、マガジンも単列らしきモノですね。

画像はホンリューの流れを汲み、ボックスマガジンで
セミオート、と共通仕様のハドソン(セフティは以前
自作したもの)です。

「殺しの烙印」~花田

花田はその後、日活コルトを使いますが、ここは
CAWのMGC復刻版コルト.32オートで。

「殺しの烙印」~花田

ストーリーとしては一応繋がっているんですが、
このオハナシはけっこうブツ切り感が強く(実際
脚本は多人数のアイデアを寄せ集めたらしいです)、
銃器一つにしても、どーしてわざわざ使った格好良い
モーゼルをあっさり替えたのか、ですね。

「殺しの烙印」~花田

花田はライフルも使い、これも映画では電着の
プロップを使っていたようなんですが、スコープ付き、
ガスポートやサプレッサー?の有無があったり、
テイクダウンタイプ、などが混在し、使い分けたのか
”話の都合上”現実には無い多機能を盛り込んだ設定に
なっちゃったのか?

ともかく、セミオートでバレル上の木被無し、マガジンは
拳銃サイズのストレートで長いもの、機関部はSMGの
ような、です。

これはレイジングSMGのカービン型(M60)が近いんじゃあ、
ですが、コッキンブレバーは独自のストック下ではないし、
当時まだスタームルガーのカービンなんか無いし!

まあ”ライフル型”してればOK,というくらい軽いノリで当時
プロップを作っていたんでしょうが(笑)。

さてウチでは当然このようなナゾナゾライフルは無く、
ここはCMCのM1カービンスポーターとMGCのM2カービンで。

宍戸錠は他の映画でM1カービンスポーターを使ってたり、
なんですが、その当時は払い下げ(廃棄?)実銃を無可動化
したものがアメ横あたりで売られており、それをベースに
プロップ化したとか!

当時スポーターカービンのモデルガン、なんて都合の
良いモノはなく、あ、逆に現在もそうかも、ですが、
モデルガンでスポーターが出てきたのはGun雑誌の影響、
もあるかもですがたぶんこのような映画で登場するプロップ
に対する憧れ、が大きかったんじゃあ、です。

「殺しの烙印」~花田

この映画、監督の鈴木清順が試写を見た日活社長に
”怒りの即解雇”電話を食らった、といういわくつきのシロモノで、
現在では”カルトムービー”という特別枠で評価されていたり、
ですが(笑)、カッコ良いのかお笑いなのか(つまり素直に魅惑
されることも笑うことも出来ない)、一般には”戸惑うばかり”
なんじゃあで、、、

あ、タイトルの”烙印”、ですが、普通に宿命的なもの、よりも
個人的にはランクイン⇒烙印のモジリだったんじゃあ、
と思うよーな。
ともかくそれくらい(難解、というのは本当はわかりにくいケド
答えがあるはず、なのでこれは)イミフな映画、です
(いつもいってますが、意見には個人差があります)。

でも追悼の意味も込めて未見の方はもちろん、既に見ている
という方もまたひとつ!


同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事画像
「ヨコハマ買い出し紀行」~アルファ
「ダンケルク」~トミー
「裏世界ピクニック」~紙越空魚
「スズメバチ」~エレーヌ
「あそびにいくヨ!」~双葉アオイ
「ターミネーター新起動」~サラ・コナー
同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事
 「ヨコハマ買い出し紀行」~アルファ (2021-04-07 19:19)
 「ダンケルク」~トミー (2021-03-26 19:19)
 「裏世界ピクニック」~紙越空魚 (2021-03-17 19:19)
 「スズメバチ」~エレーヌ (2021-03-03 19:19)
 「あそびにいくヨ!」~双葉アオイ (2021-02-19 19:19)
 「ターミネーター新起動」~サラ・コナー (2021-02-07 12:12)
この記事へのコメント
おはようございます!
宍戸錠さんは、モデルガンのカタログにも登場してましたよね?
私の頭の中では宍戸錠=モデルガンのイメージです。
シカゴのギャング・カーボーイ・スパイ?
当時は、違和感なく受け入れていた・・・・
Posted by 松本市在住 at 2020年02月01日 05:40
松本市在住様こんばんは。
>モデルガンのカタログにも登場
コクサイノカタログですね。
なんでも、コクサイの社長とは麻雀仲間で、
”負けが込んだ”から、返済の代わりに出たんだとか。
当時は「帰ってきたウルトラマン」の団次郎も、
あの石坂浩二もMGCの宣伝に出ていましたし、
一時期の”準”反社会的アイテム、のようなマイナスイメージは
無かったですよね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年02月01日 21:24
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。