プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年01月17日

ブッシュマスター!

以前、”綺麗な五円”を”綺麗な声”と
間違われた話をしましたが、
この間、その書店を再び訪れたところ、
くだんの店員さん、”ミュージカルばり”に
良く通る、ハリのある声にグレードアップ、
店内を明るく、ハイテンションな空間に
変革するまでに成長されていました。

、、、ワタクシがそのレジを避けたことは
言うまでもありません(笑)。


あ、さてきょうはウィッチーズ宮藤さんと
サーニャちゃん、じゃなくて!コレも懐かしの
エアガン?アサヒ ブュッシュマスターSMGを。

ブッシュマスター!

コレはいつものトイガンショップで見つけてきたもので、
ガス供給ホース接続式を”無可動”化したもの、です。

電動、ガスブロなど他の作動方式が台頭したせいで、
サバゲ黎明期?のこれらガスホース式エアガンは
いっとき(今でも?)ジャンクでしたが、コレのように
今ではモデルアップされない機種もあり、お求めやすい
価格で手に入るので個人的にはウレシイ!です。

ブッシュマスター!

コレ、仕様なのかカスタムなのか?ですが、
前後サイトはなく、バレルもちょっと長い(スペーサーが
ハイダーの後ろに入っている)んですが、元々は
パイロットの非常用自衛火器として開発されたもので、
ブルパップ式でストックどころかチークピースすら持たない!
”5.56mmの全自動ピストル”ですね。

ブッシュマスター!

民間用にセミオート化して販売されたものもあり、
セレクターやチャージングハンドル位置にバリエーション
があるようですが、機関部にピストルグリップを
付けただけ、というカンジの素っ気なさは共通で、
商業的にはあまり成功とは、ですが、余った機関部を
普通の形態に直して売ったところから、現在のAR系
ライフルメーカーとしての歩みが始まった、とか。
そーいう意味では、ブュッシュマスターを象徴する
一挺かも。

ブッシュマスター!

グリップ部は左右にスイングするのが再現されてます
(実物だとサイトもこれに伴って動くそうなんですが)。

しかし、グリップとその腕に沿わせるように機関部を
おき、反対の手で機関部持つの?

なんとなく射撃姿勢は?で、セミオートの実射動画を
見ても反動はけっこうあるようなので、ちょっと
”攻め過ぎた”(軽量、小型化)感は、でも外野(トイガン、
しかも射撃しない!派)としては実に面白いガンです。

ブッシュマスター!

ちなみに入手時、マガジンにはこのようなシールが!
当時は多弾数の超小型ガンとして、アタッカーご用達、
だったんでしょうね。


同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
M500の10.5インチ!
MGCのM73
スモルト?スマイソン??
Cz75ホーグカスタム
CMCのSAA?!
S&W M66 PC-Fコンプ
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 M500の10.5インチ! (2020-07-03 19:19)
 MGCのM73 (2020-06-21 12:12)
 スモルト?スマイソン?? (2020-06-05 19:19)
 Cz75ホーグカスタム (2020-04-29 12:12)
 CMCのSAA?! (2020-04-12 12:12)
 S&W M66 PC-Fコンプ (2020-03-22 11:01)
この記事へのコメント
こんばんは!
アサヒファイヤーアームズのブッシュマスターですね!!
100連マガジンは後期型です。
同時期販売中のFNCと共通でした。
トイガンの性能は、ガス放出スイッチとトリガーがワイヤーで繋がっていたので、
捻じれでワイヤーの固定が緩んで作動不良が有りました。
なのに高額商品でした!!
Posted by 松本市在住 at 2020年01月17日 20:23
松本市在住様こちらでもこんばんは。
>FNCと共通
おお、ウチのアサヒFNCにはマガジンが付いておらず、
電動用を無理やり付けてましたが、コレが使えるなら好都合です。

>なのに高額商品
これは生産数と逆比例しちゃうので、、、
でも当時、こういう製品を支えた”ヘビーユーザー”が
結構いた、ということですよね。
え、私、もちろん”そんなお金はない!”派でした(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年01月17日 21:58
紅い猫RRⅢ 様
むかし マルゼンのカート式ミニウージーを手にサバゲに集まっていたとき~ ガス缶をねじ込んだアサヒのバトルマスターのBBシャワーを目の当たりにして・・おわっちゃいました
むかし ブッシュマスターがガン雑誌に記事になったとき~ 一番ビックリしたことは~ ブッシュマスターのビックリデザインではなく~ 弾が民間用の221ファイアーボールだったこと~ 軍用に民間用のモノが容易に提案採用される環境がカノ国にはある! 「commercial off-the-shelf 民生品(COTS品)」などと 日本では特別なことのように扱われていますがねぇ
Posted by ないとあい at 2020年01月18日 22:29
ないとあい様こんばんは。
>BBシャワーを目の当たりにして
連射速度、装弾数共にカート式の比ではなかったので、”10人分のファイアパワー”だったかも、ですね。

>軍用に民間用のモノが
いやそれまでは米国でも(30-06にしても.308にしても)
軍用から民間に、という流れだったんですよね。

ちょうど.223の頃から、弾薬だけでなく銃も民間会社
(M1カービンはウィンチェスターですが、開発は軍の要請)であるコルト(設計はアーマライト)のもの、造兵廠は解体となっちゃいましたね。

今では更に民間軍事会社まで台頭してますが!
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年01月18日 23:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。