プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年07月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年01月15日

HScとMP41

きょうは久しぶりに主従装備ネタ、
WWⅡ期のドイツ警察などの想定で、
モーゼルHScとハーネルMP41を。

HScとMP41

HScは1940年に製造開始、MP41は1941年開発、と
両者は登場時期が近く、また当初軍用としてより
警察等の装備として開発されたのも同じ、ですね。

HScとMP41

HScはワルサーPPを意識してDA機構を取り入れ、
それまでのM1910系(M1934とか)とは比べ物に
ならないくらい複雑なメカですが、逆に外観は
トリガーガード前方の三角状のデザインなど、
未来的、といえるほどスマート。

でも上部がトリガー付け根付近まで伸びた木製の
グリップがMP41とも会う!カンジですね。

HScとMP41

対してMP41はMP38,MP40で廃した木製ストックを
復活させたレトロ路線(というか、MP40が当時斬新)
なんですが、これはフォールディングストックだと
”殴れない”から、だそうで。

元々銃器なんだから物騒なモノですが、鈍器としての
実用性を求められて復活した木製ストック、しっかり
底には補強の鉄板が付いてます。

このストック、Kar98kばりのスリング固定穴もあり、
ファンにはタマラナイ!ところなんですが、しかし強度
UPだけなら、戦後のH&K G3,MP5(固定式)のように
ピストルグリップのまま後部に付ける方法もあったんじゃ、
ですよね。

使い慣れたMP28からできるだけ変えてくれるな、
という保守的な考えが、当時の”技術革新著しい”ドイツ
でもあったんですね。

HScとMP41

ただ、HScはほとんど陸,空軍に将校用として納入されたとか。
一方でMP41は第一線の兵士ではなく、保安警察や他国の
装備として供給されたような、なので、、、ですが戦後なら
この組み合わせはアリ、なんじゃあ。


同じカテゴリー(メインとサイド)の記事画像
M73とSAA
SG552とP229
CA870とM10
スターリングとハイパワー
ブッシュマスターとウッズマン
コンバットコマンダーとイングラム
同じカテゴリー(メインとサイド)の記事
 M73とSAA (2020-07-08 09:19)
 SG552とP229 (2020-06-03 19:19)
 CA870とM10 (2020-05-13 19:19)
 スターリングとハイパワー (2020-03-25 19:19)
 ブッシュマスターとウッズマン (2020-01-26 12:12)
 コンバットコマンダーとイングラム (2019-11-06 19:19)
この記事へのコメント
こんばんは!
今回のメインとサイド、どちらがメイン?
モーゼルHSCが目立っているように見えます!!
最初の画像にあります、HSCのグリップが
美しすぎて、そこしか目が行かないです。
Posted by 松本市在住 at 2020年01月17日 18:53
松本市在住様こんばんは。
>どちらがメイン
撮影ではHScが身だっちゃいましたが、
もともとショルダーウェポンがメイン、ハンドガンはサブ、と
両方持つ場合は位置づけられてますし!

でも、CAWさんの木製グリップ、彫り(チェッカー)も
オイル仕上げも丁寧で良いですよね!!
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2020年01月17日 21:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。