プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年12月11日

CMC ルガースタンダードピストル

最近のカーナビは饒舌ですが、
同僚には「でこ多髪地点」、
ワタクシには「ねこ多発地点」が
ときどき案内されるようです。


あ、さてきょうは土曜日ショットショーでの獲物、
CMC ルガースタンダードピストルを。

CMC ルガースタンダードピストル

今回の物はいわゆる完品でしたが、箱の上に
テープが貼ってあり、つい捲ったら見事に表面が、、、
まあ箱には拘らないんですが。

CMC ルガースタンダードピストル

箱を開けると、当時のカタログ&分解図パーツリスト、
価格表も入ってました。

カートも8発付き、マガジンなんかビニールに包まれ
(その上を劣化したテープで止められていたので)
もしかすると一度も使用されていないんじゃあ、という
状態!

本体もビニールはありませんが、金色がしっかり、
というより一部は濃くなっており、素手で触って
いなかったんじゃあ、です。

CMC ルガースタンダードピストル

ボルトの動きは軽く、セフティでボルトストップがかかるのも
再現されています。

が!マガジンは非常にキツく、一度入れたら抜くのに
往生した!!ために、以後マガジン非装着状態での撮影と
させていただいております、はい。

CMC ルガースタンダードピストル

そしてこのモデルの分解は、非常に行いにくい、と
認識されている通り、この個体ではバックストラップの
分解レバーが非常に固く、次にレシーバー、ボルトを
止めているピンはビクともしない!ために分解は
”破壊”覚悟、となりそうなので止めてます(笑)。

CMC ルガースタンダードピストル

あ、カートはどうやらワルサーGSPと共通らしく、
後部にプラスの溝が付いてます。

これは火薬カスによって固着したとき抉るため、
らしいですが、リムをドライバーなどで引っ掛けて
外せないのかな?

分解できなければ、ドライバーがまず入らない!
んですけど(笑)。

CMC ルガースタンダードピストル

まあ、火薬発火はしないし、いやそれどころか
動作も基本的にはほとんどしない予定、ですが、
でもコレ、「分解が難しい」というのはかなりヒドイ
”言い訳”で、もう組み立て不良のレベルなんじゃあ、
ですよね。

まあ他社でもピンがひん曲がって入ってる!とか
パーツにクラックが!!など、イロイロあったうえに、
作動は不安定、すぐにドコかが壊れるなんて普通!
当時のモデルガンは今では絶対”クレームの嵐”に
なるようなレベルだったよね!(もちろん優秀な
モデルも存在し、また意見には個人差があります)。

ちなみにコレ、当時の値札が残っており、現在の
流通価格からすると数分の一、貨幣価値はそこまで
変わってないので、それもモデルガンの品質を左右した
大きな要因、だったのかも、ですね。




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
ブッシュマスター!
MP41
十四年式の金属モデルガン
キンバーLAPD SIS
モーゼルミリタリー1930?!
ベビーブローニング
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 ブッシュマスター! (2020-01-17 19:19)
 MP41 (2020-01-03 12:12)
 十四年式の金属モデルガン (2019-12-20 19:19)
 キンバーLAPD SIS (2019-12-06 19:19)
 モーゼルミリタリー1930?! (2019-11-27 19:19)
 ベビーブローニング (2019-11-03 12:12)
この記事へのコメント
こんばんは。
長きに亘り、時間が止まっていたモデルですね。
大変貴重な一品!!
この先は、時間が止まらない様に保管ですね。
当時物の、作動不良モデルを弄るのも、楽しいですけどね。
理解して貰えるかは・・・・・?
Posted by 松本市在住 at 2019年12月11日 20:15
松本市在住様こんばんは。
>時間が止まっていたモデル
弾が出るエアガンより、やはりモデルガンは弄らない
ケースが多いのですが、それでもコレは珍しいかも、ですね。
表面劣化が進行しないよう気をつけますが、マガジンの
”封印”を解き、本体に挿しちゃった!ので、
”未使用”とはいえなくなったんですが(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年12月11日 21:22
紅い猫RRⅢ 様
分解組立に難ありなのは本家でも同じだったのか? 現在販売中の新型はボタン押すだけでレシーバーが外れる構造ですよ。 私の調整箇所は バックストラップのレバーの下端の研磨でした。 フレーム側との回転時の摩擦抵抗を減らすように形状やバリ取りをやった記憶です。 むかしガンショーの店舗で聞いた情報では~ ボルトを貫通するボルトストップピンとバックストラップの連結を外して 別々にすると手順がラクチンになるそうですよ。(作動中に上方に抜けないようにする加工は必要かな?) 本家ネットでも ボルトストップピンをレシーバー上部から差し込むオスネジ部品と バックストラップに連結したメスネジ部品に 二分割するアイデアパーツもあった記憶です。
Posted by ないとあい at 2019年12月12日 20:53
「二分割するアイデアパーツ」の記憶をたよりにググってみたら ありました!
「Speed Strip Kits for Ruger 22 pistol」でググってください。
Posted by ないとあい at 2019年12月12日 21:19
ないとあい様こんばんは。
>二分割するアイデアパーツも
そもそもウッズマンがバックストラップ引き出し式だったので
影響を受けたような、ですが、あちらはロックレバーが
無かったような、なので、スタームルガーのはひと手間
多いうえに捻りながらクロスボルト部を抜く、という
難しさもあり、上からネジ止めのほうが簡単ですよね。

コレはクロスボルト部がかなりキツく、当て木をして
ハンマーで叩いてもビクともしないので、無理に
分解するのは諦めてるんですが(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年12月12日 22:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。