プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年11月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年11月01日

アラスカンとイロイロ

きょうは先週入手のご報告をしましたマルシン
スーパーレッドホークアラスカン(もう長いのでSRHA)
と他メーカー、他機種の対クマ用リボルバーなんかを。

アラスカンとイロイロ

キャンプや釣り、といったアウトドアレジャーで、もしも、
という状況に使うエマージェンシー(緊急)サバイバル
アイテム、という位置づけで近年ハイパワーで短銃身の
リボルバーが販売され、けっこう需要があるのか、
各社イロイロなモノを作ってきています。

アラスカンとイロイロ

まずはS&Wですが、同社は44マグナムを(レミントンと)
開発、M29シリーズを改良しながら今も販売、その中で、
4インチのテーパーバレルをつけたマウンテン・リボルバー
(上の画像右 コクサイ ガスガン)、そして同社の
パフォーマンスセンターが3インチのフラットサイドバレル
を付けたカスタムモデル(画像中央 タナカ ガスガン)
などが、かさばらずに携行しやすい非常用装備、として
認められてきたような、ですね。

スタームルガー社も、この需要に対応すべく、同社の
最強リボルバーSRHのバレルを2.6インチ(実測約66mm
でした)とフレームの長さまで切り詰めたアラスカン(画像左)
を発売、更に44マグだけでなく最高パワーは
この.454カスール!

まあ、最大500kgにもなるアラスカのグリズリーを倒す
には、44マグでも力不足なのかも、ですが、しかし
フツーの人はアラスカの原野でキャンプとか
しないんじゃあ、、、

購買層のほとんどはホンモノの冒険者、ハンターなど
ではなく、そういった”ロマン”を求め、ハイパワーリボルバー
に憧れる人達だったりして!

ま、.454なら.45コルト、.44でもスペシャル弾があり、
正に非常用に強装弾を持ってれば対応可能だし、
”大は小を兼ねる”で、カスール弾でヘビを撃っても
構わないんですが。

アラスカンとイロイロ

S&Wはこれに対抗?し、500マグナムのバレルを
スナブノーズ(2-3/4インチ)化した、M500ES
(エマージャンシーサバイバル)を発表、
兄弟モデルとして460XVR仕様もあるようです
(画像左;タナカ M629フラットサイド、
中央;マルシン SRHA 
右;タナカ ガスガンM500 )。

これらは皆錆びにくいステンレスが選ばれ、更に
M500ESなんか目立つようにオレンジ色のグリップ
(M460は黄色)が装備されています。

実物のSRHは灰色艶消し仕上げだったのですが、現在は
SUSのシルバー仕上げが全て標準となったようですね。

アラスカンとイロイロ

ここらでSRHの比較も。
画像左から、マルシン2.5?インチ、
タナカ454 7.5インチ、タナカ44マグ 7.5インチです。

タナカ454はブラックニッケル、44マグは
トライライトクロームという仕上げで、今回のマルシンが
SUS風のシルバーですね。

アラスカンとイロイロ

並べてみて気になったのがバレルの太さ。
マズルで比較すると、タナカが細くマルシンはかなり
太い!

計ってみると、マルシンSRHAはバレル先端径22.9mm、
タナカのバレル径は先端で21mm、ただマルシンと同じ
トコロ(フレーム付け根)だと23.4mmと、逆に大きかった!
です。

まあカートもマズル(恐らく実物11.5mmくらいに対して
マルシン12.2mm)もマルシンは大きく作ってるっぽい!
んですが。

ちなみにタナカのシリンダーは.44も.454も同寸のようで、
マルシンとは0.1mmくらいしか違わないようです
(マルシン.44は持ってないので比較できず)。

あ、計測値は”だいたい”でかつ模型には少し”演出”
入れた方が逆に魅力的だったりするのも認めております、
はい。

アラスカンとイロイロ

他にトリガーもマルシンが分厚めに感じますが、素材が
実物のステンレス鋼から亜鉛になっちゃうため、同社は
しばしば強度優先で”改良”するので、これはまあ仕方ない、
かな?

同じように大きいのがグリップ。
実物はどうやらホーグがOEM生産したようなんですが、
リプレイス用の市販品を装着したタナカと比べると、
横から見るとそんなに違いが感じられないものの、

アラスカンとイロイロ

後ろから見るとこの太さ!(この画像では左がマルシン)

これは既製品のフレーム、ガスタンクを流用して
ホーグ風のグリップを被せるため、のようで、同社の
ガスリボルバーではしばしば太くなっちゃってますね。

まあ、上に登場したビルジョーダングリップ(M629に
装着)と同じくらい、なので、極端に握りにくいという程でも、
でも手の小さな人だとけっこうキツいのかな?




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!
ベイビーとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
リアル?ウォーターガン達
パイソンハンターでイロイロ
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 ガリルとM4、ついでにFNCとAK74! (2019-11-17 12:12)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
 リアル?ウォーターガン達 (2019-09-22 12:12)
 パイソンハンターでイロイロ (2019-09-18 18:18)
この記事へのコメント
おはようございます!
アラスカンが気になって、ショップで眺めていました。
何故か違和感が有ったのが判りました。
グリップがやや太かったんですね!
触らせてもらえないので、踏ん切りがつかない・・・・
Posted by 松本市在住 at 2019年11月04日 05:02
松本市在住様こんばんは。
>グリップがやや太かった
ご覧頂いた通り、”のび太がジャイアンになった”くらい
(まあマルシンガスリボではままある事ですが)
で、”やや”では済まないカモ、です(笑)。

横から見るとまあまあ、なんですが。
でも実物のビルジョーダンくらい、なので握れないほどでは、ですが。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年11月04日 19:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。