プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年11月29日

モーゼルミリタリーを

きょうは前回のハドソン モーゼルミリタリーと、
マルシン、フルコックとの比較編を。

モーゼルミリタリーを

まずは左側面から。
画像の左から、マルシンM712(ガスガン)、フルコック
(アルゴ舎 水鉄砲)、そしてハドソンM1930(とメーカー
命名 モデルガン)です。

同じモーゼルミリタリーでも、全て再現している型が違います。

マルシンはセレクター付きで輸入元ストーガーがM712と
名づけ、シュネルフォイヤーとも呼ばれる最もホットなモノ。

フルコックはC96の9ミリパラベラム(ルガー)弾仕様で、
通称M1916、レッドナインと呼ばれるモノ。

ハドソンは少しオリジナル入ってますが(笑)、着脱式
ボックスマガジンでセミオートのみのストーガー呼称
M714と思われます。

モーゼルミリタリーを

逆サイドで、今度は左からマルシン、ハドソン、フルコック。

こちら側から見るとセレクターが見えないので、マルシンと
ハドソン(のマガジン以外)は良く似てますね。

あ、M714もM712と同じくバレルエクステンションの
フレームとかみ合う部分の2か所づつの肉抜き(抉り)は
無いようなので、マルシンが正解でハドソンは、、、
なんじゃあ。

モーゼルミリタリーを

グリップは細かい横溝のタイプ(フルコック)が古く、
アールの付いた大きめのピッチの削りのものが後期、
ですがモーゼルはとにかくバリエーションが多く、
小さめのボロモーゼルやショルダーストック付きなど、
様々なモノが存在します。

ストック取り付け溝は、ハドソンは単なる溝、他は
ストックが実際に付く!ため、段付き(奥が大きい)
になってます。

あ、マルシンのみランヤードリングが付き、またその
取り付け部の穴が前後方向ですが、実物では無し!
も含めて3通りあるような、です。

モーゼルミリタリーを

問題の?Fサイト。

左から、フルコック、ハドソン、マルシンですが、
フルコックはマルシンより小さめです。

ハドソンはなぜかロウ付けでなくリング状の
ベースを持った独自形状ですが、これは前回の
記事(コメント)でもあったようにカービン版からの
流用っぽいですね。

モーゼルミリタリーを

リアサイトは皆Vノッチです。
実物は1000mまで、から500mに、そして1000mに
戻る、というように変遷し、取り付け方法もピン止め
でなかった時期も、ですが、トイガンでも皆スライダーは
可動(フルコックはストッパー無し!ですが)します。

モーゼルミリタリーを

主役ハドソンのはありません!が、ストックの比較も。
左がフルコック、右がマルシンです。

フルコックは樹脂製で、マルシンはホンモノの
ウォールナット、しかも左右貼り合わせなく(蓋以外)
ワンピースの豪華なシロモノです。

おまけにこの画像の通り、蓋まで木目が合ってる!
つまり蓋部分も同じ木材を切って使っています!!

モーゼルミリタリーを

フルコックはかなり幅広(太目)で、チークピース部も
前に出っ張った形状ですね。

こういう実物もあるのかも、ですが、ヒンジも含めて
アルシン製が良く出来てるよーな、、、
あ、でもマルシンのは結構なオネダン(それもこの作りを
考えれば良心的かも、ですが)なので、廉価な水鉄砲でも
ストックを付属(無しのも当然売ってます)させ、しかも
ちゃんと本体に付けられ、収納までできる!フルコックを
責めるのは酷かも、ですね。

モーゼルミリタリーを

マルシンのストック装着の図。
マルシンはモデルガン(ABS)も持っていますが、
ストックは確か共用できたハズ。

モデルガンで樹脂と金属、更にカービン!、そして
ガスガンでも固定式、8mmBLK,そして6mmと、
M712だけですがイロイロ揃えてくれているマルシンさんは
有難い存在で、また20連マガジンやこのストックなど、
アクセサリーも充実してますね。

モーゼルミリタリーを

過去画像再使用!ですがフルコックも。
ストック取り付け部、本体ともにプラで、強度的には
無理は出来ないものの、ちゃんとスライドさせるだけで付き、
ロックも効きます。

チークピース部分が大きいのでマルシンより顔が本体に
近く構えられ、実物だとボルトが当る!危険も、ですが、
そこは可動しない水鉄砲なので大丈夫!

でも飛距離を考えると、ストックなんて不要カモ、
なんですが(爆!)。

モーゼルミリタリーを

現在海外メーカーも参入(ウチでもブラスター版
入手)してますが、M712が多いのでフルコックは歓迎、
既に廃業しちゃったハドソンも貴重なバリエーション、
あとはMGCの金属かな、なんですが、あっちはハドソンに
比べて高騰中!なので、、、当分フルコックで我慢、かな?




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
ガリルとM4、ついでにFNCとAK74!
ベイビーとイロイロ
アラスカンとイロイロ
モーゼルピストルで
ソードカトラスを
リアル?ウォーターガン達
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 ガリルとM4、ついでにFNCとAK74! (2019-11-17 12:12)
 ベイビーとイロイロ (2019-11-15 19:19)
 アラスカンとイロイロ (2019-11-01 22:00)
 モーゼルピストルで (2019-10-25 19:19)
 ソードカトラスを (2019-10-20 12:12)
 リアル?ウォーターガン達 (2019-09-22 12:12)
この記事へのコメント
こんにちは。
子供の頃、テレビでよく見たモーゼル!憧れでしたね。
モーゼルのモデルガンは、高価な上に個体数が少ない?
収集が難しいモデルですね。
MGCのモデルガンは、2年ほど前までは、比較的手頃な価格のモノも有りましたが・・・
最近では、海外製の金属ガスガンが出ているようですが、
強度が無く、輸送途中でフレームが割れていること委も有るらしいです。
Posted by 松本市在住 at 2019年11月30日 11:03
松本市在住様こんばんは。
>モーゼルのモデルガンは、高価な上に個体数が少ない
いや数はあると思うんですが、、、
たぶん供給より需要の数が多いんじゃ、ですね。

>輸送途中でフレームが割れていること
海外製で樹脂ボディのは持ってます(ブラスター)が、
そこまで弱そうには見えなかったんですが。

金属フレームでは製造上の制約か、それとも
カービン化して強度が足りない!とかでしょうか?
いずれにせよ、拳銃型で金属ボディは(ハーフでも)
グレーなので、ウチでは手を出さない主義です(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年12月01日 10:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。