プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年10月06日

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

きょうは映画登場キャラ使用銃ネタ、
今回は懐かしの名作「ナバロンの要塞」から、
グレゴリー・ペック演じる主人公
キース・マロリーの銃を。

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

まずは拳銃から、ですが、マロリーが手にするのは
フランクリン少佐の持っていたエンフィールド No2。

これはマルシン モデルガンで、ハンマースパーの無い
☆型です。

映画では、スタブロスもコレを持ってるんじゃ、ですね。

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

そしてモーゼルのM1934(画像は無可動キャストに
自作グリップ)。
マロリーはドイツ軍から奪ったコレを手にするほか、
レジスタンスから供給?されてたサイレンサー付きも持ち、
サイレンサー付はこの映画で初めて射撃!します。

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

映画中ではドイツ軍がルガーP08の砲兵モデルを
使ったり、とこの映画は拳銃も彩り豊か!
大体モーゼルM1934なんて、ナポレン・ソロとコレ位しか
思い浮かばない(いや私が浅学なのは、、、)!

さて長物ですが、まずはドイツ軍から鹵獲するMP40
(画像はマルシンモデルガン)。

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

そしてナバロン島潜入時に持ち込むのはステン。
映画では撮影用に作ったプロップ、デコガンがイロイロ
混在し、マロリーが手にするのも初期型ストックと
このパイプ溶接(T字)型があるような、です
(画像はハドソン モデルガン)。

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

モーゼルM1934とステンMkⅡを一緒に一枚。
モーゼルの方は規制対応で金色に塗っていますが、
ステンは薄いレシーバーは鋼板でなく亜鉛ダイキャスト
で作り!!SMG規制に適合、販売されたハドソン渾身?
の一作です。

どちらもドコカ(ステンの金型はCAWが持ってる、か)で
造ってほしいところ、あ、ガスブロでも(電動ステンはあった)
良いですよ!!

「ナバロンの要塞」~キース・マロリー

このオハナシは作戦どころかナヴァロン島自体フィクション!
なんですが、戦闘だけでなく潜入のアクションに人間ドラマと
今見ても見ごたえがあり、映画も原作も続編を続けて出し、
我々世代はTV放映を何度もみたような、ですが、宜しければ
これら銃器のチェックも兼ねてまたひとつ!





同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事画像
「とある魔術の禁書目録Ⅱ」~一方通行
「フィフス・ウェイブ」~キャシー
「とある科学の超電磁砲S」~布束砥信
「太平洋の奇跡」~大場大尉
「エンデュミオンの奇蹟」~シャットアウラ
「ジャンゴ」~ルリ子
同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事
 「とある魔術の禁書目録Ⅱ」~一方通行 (2020-01-19 12:12)
 「フィフス・ウェイブ」~キャシー (2020-01-08 19:19)
 「とある科学の超電磁砲S」~布束砥信 (2019-12-27 19:19)
 「太平洋の奇跡」~大場大尉 (2019-12-15 12:12)
 「エンデュミオンの奇蹟」~シャットアウラ (2019-12-04 19:19)
 「ジャンゴ」~ルリ子 (2019-11-22 19:19)
この記事へのコメント
アリステア・マクリーンの小説は「女王陛下のユリシーズ号」も、
「ナバロンの要塞」も、「荒鷲の要塞」も読みました。
勿論映画化されたナバロンの要塞と、荒鷲の要塞は観ました。

映画の2作品では、荒鷲の要塞の方が完成度が高く、
より面白く感じました。
でも小説では、何と言っても女王陛下のユリシーズ号が最高です!。
あの悲壮感が溢れ!荒涼感が漂う!、北の海の過酷且つ悲惨な戦いを、
マクリーンは格調高く表現しています。
不思議な事に、マクリーンの最高傑作と言われた作品なのに、
確か?一度も映画化されて無いんですよね。
是非とも映画にして欲しいもんです!。

紅猫さんがもし未だ、御読みに成って無ければ、
是非読んでみて下さい!。
Posted by ご意見有用 at 2019年10月07日 01:09
ついでにちょっとした蘊蓄を2つ!。

先ず、映画ナバロンの要塞の冒頭、英軍飛行場の場面では、
ミニチュア撮影が行われていましたが、爆撃機のミニチュアが、
空中に浮いて停まったままに、撮影ミスでしょう。

次に女王陛下のユリシーズ号は、原題が「HMS ユリシーズ」です。
このHMSと云うのは、女王の場合「ハァー・マジェスティー・シップ(女王の軍艦」、
国王の場合「ヒズ・マジェスティー・シップ(国王の軍艦)」の、
イニシャル(頭文字)と意味なんですが、おかしい?のは、
同作品はWW2の話です!。
御存知の通りWW2中の英国は国王の時代!。
だから本来なら「国王陛下のユリシーズ号」が正しいのです!。
これも日本語訳の誤訳でしょうね。
Posted by ご意見有用 at 2019年10月07日 01:39
ご意見有用様こんばんは。
>一度も映画化されて無い
二作目が映画化され、その続編も、となった事、
それから、CGも無い当時、巡洋艦が北極海をいく、
というストーリーの再現が難しかったんじゃ、ですね。
この映画でも実物大の船を難破シーンで作ったようですが、
それを巡洋艦規模で、となると、、、

現在も海洋冒険小説のジャンルでは高い評価を
受け続けている作品ですが、「ダンケルク」とか
「遠すぎた橋」とかの史実に基づいた話のほうが
映画化されやすく、フィクションはSFにまで行っちゃう!
のが難しいトコロかも、です。

あ、「女王陛下の」については、”英国の”と思える丁度良い
”意訳”なんじゃあ、です。
「国王の~」だと世界中(日本は天皇ですが)ありますからね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2019年10月07日 21:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。