プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2021年02>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2021年02月28日

果てなく遠い名作への道?!

きょうは毎年恒例?の写真コンテスト応募日記?!
「ハイパー道楽」さんのトイガン・フォトコンテスト2021
参戦?の様子を。



えーっ、このコンテストはトイガンが写っていれば、どのような
作品でもOK,というもので、もうワタクシも”Gun+ドール”画像の
普及促進?のため、ほぼ毎年参加させていただいている
ものです、はい。

ではさっさと今年の写真について。
まずネタ(やっぱり”お笑い”系?)ですが、このところずっと
映画関連でやってきたものの、受賞から遠ざかってきている
(いやネタが悪いんではないかも、ですが)ような、ですし、
今年は開催概要にワザワザ大きく書かれている通り、
”写真の美しさ”に重点を置く、という原点回帰を目指し、
シンプルにトイガンとドール(ココはウチの趣旨上外せない)
を考えて撮ることに。

さて、それではトイガンを何に、というところですが、
昨年末に9ミリ機関拳銃のガスブロを入手しており、
ちょうど1/6もあってドールにも持たせられるし、
まあ珍品なのは間違いないところなので、まずはコレ。



衣装も自衛隊のがあったんですが、男性素体用で
かなり大きく、大幅に気崩してみました。

背景ですが、自衛隊絡みで「GATE」のDVD付属
Tシャツをあしらってみましたが、ちょっと今更感が、、、

それにハンドガンより大きく、ウチの通常撮影装置だと、
ちょっと照明がワザとらしい?



そこで被写体を拳銃サイズに、と出してきたのがコレ、
スチェッキンAPSです。

コイツはレジンキャストで無可動ですが、大手がトイガン化
してないので珍しいし、1/6もあるし。



1/6スチェッキンは、スライドが前後し、ハンマーも可動、
マガジンも抜ける、というギミック満載の凝ったモノです。

ついでに小物として9mmマカロフ弾も入手しました。
コレはRIGHTのダミーカートでケースは金色だったのですが、
ロシア製の鉄ケースのイメージに近づけるため、ガンブルーで
黒く染めて(プライマーはコンパウンドで金色に戻して)います。



まずはグリップを外し銃に鉄板を貼り付け万力で固定して
立たせ、赤いフェルトを背景に。

、、、なんか背景が物足りん。



そこで古い木材を立てかけてみました。
そして照明はライトに頼らず自然光(+レフ)に。

、、、悪くないけど、せっかくダミーカートがあるのに、
モノを立ててるとカートが使えない!



しかし平置きにした銃とドールでは、距離があるので
ピントがどちらか大きくボケる!

スローシャッターでも、もう少し被写体同士を近づけないと、、、



などと試行錯誤してるうちに締め切りが来てしまった!
本日24時まで、なので慌ただしくメールしたけど、大丈夫かな?
ともかく、完成作はコンテストのエントリーフォト一覧で。
〈無事?エントリーNo.055番で公開されました。〉  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(2)番組からのお知らせ?

2021年02月26日

ビアンキ ザ・ジャッジ

犬はもちろん、猫も嗅覚は人の数十万倍とか。
それで時々吐いてるのか?!
(いや毛玉とか舐めとってるから、ですが)。


さてきょうはこのところのマイブーム、中古ホルスターで、
ビアンキのモデル#2800 ”ザ ジャッジ”を。



これもいつもの中古トイガンショップで安く出ていたもので、
6インチの中型?(ミディアムと刻印有り)リボルバー用です。



サムブレイクのホックあたりは少し茶色の芯が出たり、は
ありますが、そんなに使用感は無く、程度は良いものが
ヒジョーに安く手に入り(ということは、、、ですが、ソコは
後半!)、それにコイツは既に生産中止かも!

ヒップの利き手側に吊るホルスターですが、最大の特徴は
ぱっくり真ん中(銃の上側)が割れ、長いバレルを
引っこ抜かなくても良い!というアイデアなのですが、、、



革は分厚く固く、刻印もしっかり打ち込まれています。
下のスクリューはベルトを締めるため、のようですが、すると
ベルトを通してから、ひっくり返して締めろ、ということでしょうか?



スマイソンを入れてみました。
バレルはアンダーラグ付きでもOKですが、Nフレはシリンダーが
凹みに入らず、使用できませんでした。

そして、出し入れは指で大きく左右を開けないと、たぶんバレルと
フレームが分離!しそうです。

強度のある実銃でも、トリガーガードを支点にバレルから出しても
結構抜けにくいので、たぶんバレル側を支点にシリンダーを先に
出すようなカタチになるのでは、で、しかもそのときの腕力が
かなり必要なシロモノです(笑)。

理想的には上下両方開けばスムーズに銃が前に出るハズですが、
それは現実的じゃない!くらいバネがきついです。

このホルスター、鉄(鋼)板が入りまくっているせいか重量もかなり
かさみ、そして思うようには開かず早くなくかなり扱いが、、、と
ディスコンになったのはリボルバー衰退だけではないような、ですね。



このあいだ入手したサファリランドの569-09と。
どちらも強い保持力ですが、中古の#2800のほうが手ごわいカモ!
(画像は#2800にコクサイのM19にホーググリップ、569-09に
HWSスマイソンにこれまたホーグ)。

このところ入手しているホルスター類、実銃用はやはり保持力
がモデルガンには強すぎ!
まあ飾り(と写真撮ったり)、には実銃用が欲しいんですが。

あ、サファリとビアンキの関係ですが、どちらも英国の会社に
買収されて、サファリグループの一ブランドがビアンキ、と逆だった
ようです。
ビアンキといえば自転車の有名ブランドもあるのですが、あちらは
イタリア(現在フランスの会社の一ブランド)でホルスターとは全く
関係が無いような、ですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)こんなモノ番外編

2021年02月24日

SVDとSVD-S

きょうは比べるネタで、最近入手のSVD-Sと
元祖SVD、2つのドラグノフを。



SVD-SはCYMAの電動セミオート、SVDはもう10年以上!
前に入手したエアコキで、後にクラウンが輸入、
自社ブランドでも販売したような、です。



SVD-Sはストックを折り畳み式にしただけでなく、樹脂製
グリップ+ハンドガード、バレルもハイダーも短いです。



ハイダーはSVD(画像左)の方が長くて格好良く、
着剣装置も付いていますね。

あと、フロントサイトベース部分も形が少し違います。



次はガスルートですが、、、
両者並べた画像がミスでブレてた!ために以前の
SVD-S紹介時のもの(SVD-Sのみ)でご勘弁を。

二枚目のカットのように形状的には同じカモ、なんですが、
SVD-Sのモノはロックが別部品でバネ入り、パイプ部分も
また別部品で、少し回転し、ロックが外れる(2カット目の
状態は実は外れて飛び出してる!)複数部品の凝った
構成です。

もちろん、一体成形のSVDと同じく”何ら機能に関わり
ない”のですが、模型としてはリアルさ向上、
「ガスカットして消音装置を、、、」とか、イロイロ妄想して
遊ぶには最適?!



リアサイトも、形状は変更無し、のようですがレッドで
スミ入れされており、数字の視認性を高めています。

コッキングレバーもSVDの方が大きいですが、コレは
エアコキだからなのか、実物でもそうなのかは?です。



機関部は軽量化の溝が一部SVD-Sでは省略され、
またストックのロックボタン、折り畳み時のロック用
フックなどが追加されています。

実物もそうなのかも、ですが、セフティ/ボルトカバーの
指かけ部分の位置が、SVDでは下、SVD-Sでは上に
なっています。

中身はエアコキと電動で全く異なりますが、ガワも
トリガーガード固定スクリューなど、細部が異なってます。



チークピースはSVDでは金具で取り外し可としてますが、
SVD-Sではパイプ形状を活かして回転式とし、斜めと
真上の二か所で固定されるほか、ロックされませんが
チークピースが当らないトコロまで回してアイアンサイト
照準の邪魔にならないようにも出来ます。

あ、撮り忘れましたがマガジンもSVD-Sでは凹凸が
モールドのイキナリ始まるものではなく微妙に端に
アールがついた立体的?なモノで、BB弾の供給位置
が異なり、互換性はありません。

どちらもアルミレシーバー、プレス鋼板のカバーのようですが、
艶消し塗装ということもあり金属感は無い!ですね。

あ、金属なので細身でも剛性はありますが、個人的には
樹脂でしなってもギシギシ音がしなければ文句無い!派
なので。

お座敷派としては可動部の多いSVD-Sも(単板とはいえ)
リアルウッドのSVDもそれぞれ楽しい!のですが、
ゲームに持ってくならAVD-Sの方が有利、かな?
(でもストック畳むとセフティ解除できないので撃てないし、
所詮セミのみ、で根本的にゲーム向きとはいえないカモ、
なんですが!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)比べてみました

2021年02月21日

スピードストリップ!?

「かぐや姫は黙らせたい」
うぅ、かなりヤバめ?!

(原作;「かぐや姫は告らせたい」)

いつもと違って日曜も夜の更新ですが、ともかく
今日も買い物日記、このところナニかと、のビアンキ
ですが、今回はリロード用品、スピードストリップを。



これはいつもとはちょっと違ったトコロで仕入れてきたモノ
ですが、ソコはビアンキの現行ラインナップを幅広く輸入
しているようで、(サファリランドブランドも含め)ホルスター
なんかも数多く扱っていました。



ただホルスターは最近中古を安価に買っているので(笑)、
新品でも欲しい機種はあるものの今回はコイツを
いってみました。



といっても、以前38口径用は一個入手してたんですが、
今回、パック入り2個セット新品を2つ(38用と44/45用)。



画像はタナカの44マグカートを入れた状態で、
スピードローダー(画像左)とスピードストリップです。

同じ1シリンダー分でも、スピードストリップはかなりスリムで、
携帯しても邪魔になりにくく、またカートをバラで持つより
取り出しやすく安全(一応プライマー部が保護される)ですね。



38口径はルガースピードシックス(WA モデルガン)、
44口径はS&W M629(タナカ モデルガン)で。

12発携帯しても、このようにスピードローダーに比べ
邪魔にならないカンジ。



ただ、けっこうしっかりカートがハマるのと、2発ずつしか
込められないので、装填は”バラよりマシかも?”程度の
スピードです(爆!)。

しかも銃に装填+2つ持っても、グロックのフル装填(1+17)と
変わらないというファイアパワー、、、

現在拳銃を装備するなら、まず多装填オート、となるのは
無理なからぬトコロ、ただベルトにカートを一発ずつ挿すよりは
このほうが早くて安全、かな?

自宅などに備えておく場合や、ハンティング、キャンプで
大口径を持つ場合など、まだリボルバーの出番はあると
思いますが、こういうグッズの全盛期は’80年代くらい
だったかも。

とりあえずモデルガンで試した結果は、「予備弾持つなら
スピードローダー!」です(笑)。

いやオートで予備マグの方か!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:04Comments(4)こんなモノ番外編

2021年02月19日

「あそびにいくヨ!」~双葉アオイ

きょうはアニメのキャラ使用銃ネタ、引き続いてのバレット
だけでななく、このところ入手した長物なんかも総動員?
で、2010年放映の「あそびにいくヨ!」から、謎の日本映画
オタクかつ眼鏡美少女、悪運モミジこと双葉アオイの銃を。



今回、銃器の紹介だけでもネタばれの可能性が、ですが、
出来るだけストーリーはスルーしますのでご勘弁願って。

まず作品冒頭からアオイは9ミリ機関けん銃にドラムマガジン
を付けたモノを使います
(画像はノーマルマガジンですがM.D.Nのマルゼンガスブロ
イングラムの改造ガレキ組立品)。



その後手にするのはブローニングハイパワーが2挺で、
これはその後も1挺出てきますが、MkⅢあたりのロングセフティ
レバーにリングハンマー付き(画像はタナカのガスブロにMkⅢ
にリングハンマー組み込み)。

アニメでは、更にリアサイトがノバックのような、なんですが、
そこまで改造してません!のでソコんとこヨロシク!!



さて、場面変わって車内で出してくるのはS&Wの最強マグナム、
M500のパフォーマンスセンターカスタム
(画像はタナカのモデルガン)。



場面変わって主人公嘉和邸では、大サービス!姿で出して
くるのがまたハイパワー、そしてベレッタM93R
(画像はMGC/タイトーのモデルガン)。

コイツは金武城真奈美に渡すのですが、ストック付きのトコロ
までは画像のと一緒(マズルブレーキは2ndのハイダー仕様
のような)。



同じく嘉和邸で出してくるのがドラグノフSVD-S。
画像ではスコープが付いてませんが、作中はスコープ付き
(画像はCYMAの電動、アニメではフォアアーム、グリップが
茶色)です。



アオイが自身、他の人が使う護身用,バックアップとして
持つのはS&W M602インチ(画像はコクサイ モデルガン)。



中野では日活コルトのプロップを、ですが、これは実銃では
ないし、使用シーンも無いので今回は割愛させていただいて
(笑)、その後地下鉄トンネル内ではトラの3気筒(675)に
乗りながら撃つのはグロックG18(KSC ガスガン)。



その後も銃器は盛りだくさん、M653らしきもの(画像はMGC
のボルトフォアードアシスト無しM654モデルガン)とか、



本命?のバレットM82とか出てきます(画像はソノーウルフの
エアコキ)。



実は、9ミリ機関拳銃を思い切って入手したのは、このネタに
使えそうだったから!
そしてSVD-Sは好みもありますが、ここで”欠けたピース”を
埋める意味もあったの!!

と、この作品絡みでイロイロ収集してしまう程面白いSFラブコメ
の名作、他のキャラも実にバリエーションに富んだ銃器を次々に
使用、もし未見でしたらもちろん、一度見られた方も銃器に着目
してまた一度!!!
DVDもBDもBD-BOXもあり、いくつかのネット配信サービスでも
見られるよーな、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2021年02月17日

AUG!?

「完全酸欠のロックンローラー」
うん、ありがち。

(元曲;アラジン「完全無欠のロックンローラー」)

さてきょうも買い物日記?
ブルパップには気分が、とか言いながら(いやあくまで
狙撃銃では、ということ!)ブルパップの代表的一挺、
ステアーAUGの初期型(スコープ付き)を。



コレは古いマルイの電動で、中古をリサイクルショップで
調達?していた(少し前)モノです。

現在はマウントレイルを装備した改良型でハイサイクルのが
出ていますが、個人的に登場当時のインパクトが強いので
スコープ付きを探してました。

スコープは倍率こそ低いもののかなり近くからピントが合い、
中央部に丸いリングがあるレティクルも見やすいです。

このスコープ、外注でそのせいか現在旧型の生産をしていない
ようなんですが、海外勢ではこちらをモデルアップしたり、
人気はあるようなんですが。



AUGは外装に樹脂を大胆に採用した機種のハシリでもあり、
またブルパップのアサルトライフルとして初期のモノ、そして
その構成上照準線長が短くなるため、スコープを標準装備
してしまった!かなりセンセーショナルに登場したモデル
ですね。

その姿は今でも未来的!!しかしODカラーで”軍用イメージ”
になってます。

一応ちゃんと?動作しますが、ローサイクル!なので
2段階引きトリガーでなくても点射できるカンジ(笑)。



ハイダーは3つのスリットがある変形チューリップ型?ですが
M16の初期型に比べ、スリットを上と横だけにしてハネ上がり
防止(コンプ効果)も狙ってます。

ただ先が開いたスリットは、引っかかりやすいので後には
消えていくのですが(笑)。

あ、バレルも細かい溝が刻まれており、マルイさんは何かと
”質感の向上”に腐心していたよーな、です。

でもそうしないと”オモチャっぽく”見えるカタチ、そしてメカも
外から見える可動部が無い電動のシステム、ファンの心を
掴めないのでは、と思ってたんじゃあ。



フォアアームが水平から斜め、垂直と3つの位置にロックでき、
コッキングピースもダミーながら引いてエジェクションポート
からホップ調整できます。

フォアアーム後方はバレルロックかな?シンプルに見えて
結構イロイロ可動パーツはありますね。

画像に写ってませんがバレル横のガスルートはイロイロ
細かく再現され、ここでも”リアルさ”への拘りが伺えます。



操作系はトリガー上にセフティ、その後方にレシーバーの
分解ボタン、マガジンキャッチはマガジン後方で、これは
左右両方から使える良いアイデアです。



AUGはそれまでの電動ガンにはないイージーな分解が
可能で、ボタン一つでレシーバーがこのように分離します。

しかしこのせいで命中性に少し問題を抱えたのかな?
まあ”お座敷派”にとっては有難いコトで、このように意味なく
分解、結合して遊ぶ、には最適です(爆!)。

このユニット化を活かして短銃身に交換可能なのかも、
ですが、パーツだけ入手も難しいので、交換可能なら
ハイサイクルの短いのを中古入手してシステム化
(いやレシーバーもソッチならこのスコープ付きバレル部
移植?!)したい、かな?



マガジンの半透明化もAUGから、だったんじゃあ、で、
これは他社(SIG,H&K)にも波及してますが、トイガンだと
カートが、、、

他機種ではダミーカートを入れたマガジンがありますが、
コイツはBB弾の視認性を高めるためか、そのようなギミックは
採用されて無いようです(泣!)。



今更、ですが程度が良くてオネダンがこなれた個体を
長く探してたので、コイツを入手出来てラッキーでした。

ブルパップの他機種と比べてもスリムで流麗、バランスも
操作性も悪くない、と気に入ってます(いや別にゲームとか
しないので””使い道”は無いんですが!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)最近のこんなモノ

2021年02月14日

SVD-Sとマカロフ

きょうは主従装備研究会?ネタで、
SVD-SとPM、東側のマークスマンライフル?と
サイドアームって感じで。



プライマリーにSVD-S(1990年代の登場)をもってくると、
MP-443辺りが欲しいトコロなんですが、トイガンで出てない
(ハズ)、なのでここはマカロフをセカンダリーで。

想定は人質救出など隠密行動?の特殊作戦で、武器の
携帯が悟られにくいコンパクトなモノを要求される場面
(本来はスコープ使用ですね)、かな?

ま、スコープも外して運び、現場で装着、って事で(笑)。



SVD-Sはこのあいだ入手したCYMAの電動ガンです。
有名なドラグノフSVDを折り畳みストックに変更した派生品で、
チークピースやフラッシュハイダーなども改良されています。



マカロフ(PM)はKSCのガスBLKです。
KSCは、大きなグリップを付けたモノも作ってますが、
スチェッキンやMP-443とか、東側装備もアップデート?
して頂けると嬉しいです、はい。



折り畳みストック付きの狙撃銃とかアサルトライフルは、
”スナイパーご用達”の雰囲気が味わえ好きなんですが、
ドラグノフでもブルパップ(SVU)とかになると、ナゼだか
気分が盛り上がらない(なので未入手)、、、
いやアサルトライフルでは結構ブルパップ持ってるんですが!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 16:59Comments(0)メインとサイド

2021年02月12日

サファリ再び

♪BE ドゲザァ~ BE ドゲザァ~!
(元曲;「BE TOGATHER」)

何故か昨日、カマキリに食われる夢を見ました
(いや、私は平等主義者で某組織委会長とは
違う、と思うんですけど)。

子連れ狼様、「土下座で頼んでみた」
見られましたか?「嫌な顔~」路線ですが
少しライトで”笑える”トコロが、
あ、きょうはまたサファリランドのホルスターです。



少し前、「次々買う予定はない」とか言っていたのですが、
前回S&W Kフレ用を買ったトコロで、また一つ
いっちゃいました。



今度はガバ用で、ベルト通し?部分もプラでないヤツです。

製造も米国のようで、前回のメキシコ製より古いのカモ、
ですが、コイツは表面が合皮、そして使われている
スクリューの頭が六角、プラス、マイナスの3種類と、
ナンダカ統一感に欠けます(笑)。



裏のベルト通し部分は幅広で、刻印は熱で合皮を溶かして
いるような、ですね。

ベルトには上からぐいっと差し込めば入るように
(抜け止めはプラ)なっていますが、もちろん普通に
通してもOKです。



これも少し前に入手、カスタムしたMGCのモデルガンを
突っ込んでみました。

かなりきついですが、ホックはスムーズに外れ、思い切って
ドロウすれば素早く抜けますが、幅広でもベルトはしっかり
止めないとついてきちゃう!カンジですね。
もちろんホルスターに手を添えればいいし、実物でブルーが
剥げるくらい練習すれば、スムーズになるんでしょうケド(笑)。



でも表面は薄い合皮なので、使い込んでも味が出る、
というような事には、なんですが、、、

どうもサファリランドはビアンキのグループに吸収された
(ブランドは残っている)ようで、合皮やプラを使った
廉価なラインナップにしてビアンキが本革の高級?
路線とし、棲み分けを図っているような、なんですね。

まあガバ用ヒップは無かったから、いやでも本革も
欲しいカモ、とまたまた”散財が次なる散財を”状態ですが、
別にゲームに持っていく訳でも、なので(あくまでトイガン
本体がメインだし!)気長にコレクション、ですね(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:46Comments(0)こんなモノ番外編

2021年02月10日

9ミリ機関けん銃とイロイロ

きょうはまた比べるネタで、この前入手した
M.D.Nのガスブロ、9ミリ機関けん銃と、
コンパクトSMGをイロイロ。



この9ミリ機関けん銃はマルゼンのイングラムM11を
内蔵していて、M11よりひとまわり大きくなってますが
まずはそのM11(画像はMGCのモデルガン)と。



イングラムは少し大きく9ミリのM10という機種が直接の
ライバルとなりますが、このM11でも構成は変わらないので
比べると、やはりシンプルですね。

操作系はセフティとセレクターが分かれていたり、
マガジンキャッチの位置がグリップ後方で少し使い勝手に
難はありますが、一応ストックも付いており、当然ですが
保持、安定性に優れます。

伝統的に命中精度を重視し拘ってきた自衛隊が、独自の
装備にも拘らずドーシテ、、、

更にイングラムは前部もストラップを付けてフォアグリップ
代わりと出来るアイデアが採用され、、9ミリ機関けん銃
よりコンパクトでハネ上がり防止効果はあんまり変わらない
ハズ。

もちろんイングラムM11は後に機関部後方を伸ばして(ボルト
後退量や重量を上げた?)連射速度が高すぎるのに対処
します(コブレイ)が、9ミリ機関けん銃も(元になったUZI系
から)前方にバレルだけが延長されており、ナゼボルトを
前方に延長しなかったのか?理解に苦しみます。



お次はステアーのTMP(KSCのガスBLK)と。

TMPは9ミリ機関けん銃と同じくマガジンをグリップ部ひ配置、
固定式のフォアグリップを持っていますが、同社お得意の
ポリマーで本体が構成され、やはりずっとスッキリまとまって
おり、というか9ミリ機関けん銃のバランスの悪さが引き立ちます
(意見には個人差があります)。

TMPはチャージングハンドルもM16系に準じた形で、大きく
張り出し、カバーまで付けている9ミリ機関けん銃とは”小型化”
という点でも、トラブル防止(上に張り出したハンドルを押されたり、
掴まれたら作動不良を起こす)の点でも配慮が違います。

ボディを樹脂成形はおろか板金もできない、といった生産
(数量)上の都合はわかりますが、そもそも素材、加工法の
前にレイアウトが間違ってますよね(何度も言いますが意見
には個人差があります)。

TMPは専用ですが(後にB&Tで改良されます)光学機器取付
レイルが上部に付けられ、機構的にもクローズドボルト、ホント
コイツを(輸入)採用出来てれば、、、

大体、下にフォアグリップがあるのにバレルにスリット切って
(この個体では穴の向きが間違っていますが)、しかもこんなに
長く多い!のはマズルブレーキとしては効かない!でしょう。

まあ軽量化にはなるかも、ですが、それならバレル短い方が
(これでは初速も上がらないし、命中精度も、、、)。



さて、3つ目の比較対象はミニUZI(コクサイ?のガス式を
無可動化)です。

実は9ミリ機関けん銃はUZIから訴えられた!ように、マイクロ
UZIをミニUZIサイズに伸ばし、製法をプレス主体から削り出し!
に替えたモノ、どうやらバランスの悪さは”フルコピー”と
言われないための”付け焼き刃”だったような、です。



しかし、マイクロUZIでも付けていたストックを外し、照準線長も
全長の半分近く!という”命中精度低下”の変更、安全には
ウルサイはずなのにグリップセフティは外し、更に上でも
書きましたが何故かとっても大きなコッキングピース(サイト
ガードより大きく、引っかかりそう!)まで付け、コンパクトさ
も狙わない迷走、、、
(繰り返しますが意見には個人差があるんです)。



この(ミニUZI)マズルブレーキくらいが、9ミリでは効果がある
サイズ(ライフルなどは火薬量が多い)で、ハイダーとしても、
TMPの大きく短いヤツのほうが効きそうですね。

そうそう、スリング取り付けリングの位置までUZIをパクッて
ますね。

でもまあここまで”こき下ろせる”機種もなかなか、ってオリジナル
でも”スーサイドスペシャル”九四式があったか!

車なんか”ガラパゴス”の軽はともかくワールドスタンダード、
バイクに至ってはトップ(1,2位)独占、、、なのにドーシテ
日本(の軍や自衛隊)がこれだけ”センスない”オリジナル銃器を
作るのか?

日本人が一般に銃というものに縁遠く、馴染みがないから、
というのもありますが、ソモソモ銃器も道具であり機械器具、
合理性や人間工学?的なアプローチは出来るハズ、それに
ガソリンと火薬の違いはあっても、供給→燃焼→排出の
サイクルは同じ、カートをピストンと考えればブローバックは
レシプロエンジンにも近く、モデルガンのソレは建設機械
からアイデアが生まれたそうで、そんなに”遠くない”技術
なんじゃ、です。

たぶんホントに命がかかってる、という認識さえあれば、
(本気にさえなれば)それこそ”世界最高”が作れる素質の
民族なんじゃあ、と思うのですが
(でもそれでは”やれば出来る”子で終わっちゃう?)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(9)比べてみました

2021年02月07日

「ターミネーター新起動」~サラ・コナー

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、まだまだバレット特集!?
2015年の「ターミネーター新起動(ジェネシス)」から、
主要人物の一人、エミリア・クラーク演じるサラ・コナーの
銃を。



まずはサラ・コナーの登場シーンから出てくるバレットM82A1。
画像はスノーウルフのエアコキでA1Mじゃないか?ですが、
映画では専用スコープマウントベースでV型マズルブレーキ、
A1の中期型とか言われるバージョン、1984年の設定だと
”オーパーツ”なんですが!



次はデザートイーグルのたぶんMkⅦ。
コレも年代は合わないんですが、ともかく画像はWAの
ガスブロ44マグナム。



そのあと出てくるのがレミントンM870のロングマガジン型で、
たぶんフォールディッグストック付き。

バレル14インチでフォアアームまでの長さのマガジンですが、
画像はタナカのガスガンで。



更に武器を変えてMP5Kのストック付き、ですが、ウチには
ストック無ししかないのでソレ(マルゼン ガスBLK)。

あ、映画で使われたのは旧型のリブがあるレシーバー
でグリップにフィンガーチャンネルの付いたヤツです。



そのあと拳銃になるんですが、ブローニングハイパワーの
タイプ73と呼ばれる型(スパーハンマーでセフティが長くない)
なんじゃあ?

画像は最近調達してきたマルシンのモデルガンで、コレは
ランヤードリング付きのプラグリップなのがちょっと違うん
ですが、タナカはスパーハンマーだとMkⅢまでいっちゃうので。



次の拳銃は奪ったモノ(しかしその後自分たちの側で
用意した武器でも同じのがあるのか、使われてます)
P226レイル。

画像はタナカのガスガンで。



あ、ショットガンはその後FNのタクティカルポリス、が
出てきますが、コレは無いので割愛、
他にベネリのM3ショーティらしきものも使いますが、
コレもウチには無い(泣!)ので、ね。

そしてMGLリボルバーランチャー140(Mk14)。
コイツは海外製のトイガンがあるんですが、まあ割愛で(笑)。

ライフルではM4A1らしきもの(EOテックのホロサイト装着)。
これもレイル型ハンドガードにライト付きになったり、と
イロイロ変わり、AR15らしきモノを持っていたり、もですが
とりあえずMGCのモデルガン(アイアンサイト付き)。



エミリア・クラークは”サラ・コナー”としては最も若い!ヒト
だったんじゃあ、ですが、この映画全編通して銃を持ってない
ときは1割くらしかなかったんじゃあ、というくらい
とっかえひっかえたくさん出てきてしかも撃ちまくり!
鉄砲好きにはたまらないキャラ設定です(笑)。

このあとまた映画が作られ、他にTVシリーズなど、ワイドに
展開され、「ターミネーター」はもはや見たことない、
という方は、、、カモですが銃器に注目してもう一度いかが?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)あのひとのGun

2021年02月05日

アサルトリリィ 王雨嘉

今「裏世界ピクニック」というのが
アニメ化されてますが、サブタイトル
(というか英訳)が”OthersidePicnic”

ということはウチは”裏世界ガン”


あ、このアニメもそのうちネタに、ですが、きょうは
アゾンインターナショナルのアサルトリリィシリーズ
最新作、王雨嘉(ワン ユージア)と衣装イロイロ、
とかを。



エーット、コレは先週ようやく発売に、ですが、先行発表
されていた郭神琳も同時になってしまった!ために
リリィファンはウレシイ悲鳴、だったかも、です。



以前は内部を二段にするなど”凝縮”パッケージでしたが、
このところ大型になってしまいましたね。

いつものように武器(CHARM)と防具(手,腰)、そして
異なる表情パーツは付きますが、衣装は今回半袖の
チャイナのみで、靴(パンプスとブーツ)だけ交換可能と
なっています。

ちなみにこの武器、ライフルから変形して刀にというトコロが
日本軍の四四式にも通じるんじゃあ(アッチは銃剣、しかも
刺す用途限定のが出るだけ、ですが)。

この服もキャラクター紹介画像のモノ(アニメ版?)とは少し
違い、裾や袖まわりはシンプルですが、中央部の刺繍
(プリントですが)がワンポイントで効いてますね。



猫耳メイド服はありませんが、ミニチャイナや、



ビキニ、



セーラー服なんかを着せてみました(今回、カメラ設定を
間違って結構色目が変わってますがご容赦を!)。



更に、同時に百合ヶ丘女学院の制服セットも発売に
なったので、こちらも入手してみました。



基本的には一柳梨璃(Ver.1 画像右の出てるヤツ)と
同じですが、襟の角度やレースが違います。



これでカスタムリリィも生徒のモブキャラ!に
(画像左 カスタムリリィ タイプE)。



ブーツは初期ではホントに紐を通してましたが、
1/12では結構スケールアウト?!なためか、
着脱が難しいせいか、途中からモールドに替わり
この衣装セットもソレが付いています。

このブーツ、紐はともかく底はきっちりパターンが
刻まれ、スポンジだった初期型よりリアルですね。



そうそう、衣装自体もスカート、別体の襟まで
後ろで分割(以前のはスカートが一体)されより
着せやすくなってます。



それでは雨嘉ちゃんと梨璃ちゃんで。

リリィでも他学園のモノが多かったのですが、
アニメの影響で百合ヶ丘の生徒がまたドールでも
リリースされるのかな?(一応次回作は安藤さんの
ver1.5らしいですが)。



最後はその安藤さん(ver1)と梨璃ちゃん、雨嘉ちゃん
(三色ベビードールで)。

アサルトリリィシリーズに限らず、アゾン製品はグッスマ
(Figmaやねんどろいど)やコトブキヤ(FAガールや
メガミデバイス)に比べて取り扱い店が少なく、流通も
少ないイメージですが、アニメは成功したようなので、
バンダイのように”大化け”するか(いやあそこまではない、
か?)!!

1/12(1/10)スケールのドール(布衣装)、というトコロでは
海外も最近リアルなものを出してますが、成形フィギュア
とは一味違う質感、もし興味を持たれたなら(雨嘉ちゃんは
もしかするともう入手難かも、ですが)ひとつ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2021年02月03日

サファリランドのホルスター

”ひなたぼっち
あ、「ヤマノススメ」ではひなたよりあおいの
方が”ぼっち”傾向が、、、
ところで”ひなたぼっこ”のほうはどうなった?!
いや”緊急事態”の今、屋外でも多人数はなし、
それに日光浴も効果と弊害があるようですが!

さてきょうも?ホルスターネタ、いきつけの中古トイガン
ショップで見つけてきたサファリランドのS&W Kフレ用を。



これはブリスターパックに説明書、Lレンチまで付属し、
ベルト通し部分にちょっと傷(というか熱がかかった?)
があるものの本体は未使用、という?な状態で、
それで国内メーカーのモノより安価、メキシコ製とはいえ
老舗サファリランド、ということでモノは試し(って別に
次々買う予定はないんですが)、いっちゃった訳です、はい。



コレ、本体は革で内側はスエード調、補強はもしかすると
樹脂で、ベルト通しや内部パーツはプラスチックです。



ベルト通しはこのように開き、ベルトを付けたまま装着可能!

更に角度もレンチでスクリュー3本緩めて調整可能で、
ベルト幅の違いにもスペーサーを使って調整できるのかな?
(画像の位置以外には合いませんでしたが、一応セット用の
角穴は空いてます)。



裏側には機種、適応機種(S&W K)製造国表示などが
レーザーかな?で彫られています。



コレ、革をぐるっと回して銃を包むカタチですが、ストラップを
使わず固定(抜け止め)するために、内部にテンションを
かける装置が付いています。



内部パーツを引っ張り出したトコロ。

本体に固定するベース部分と、スクリューで可変の
アーム部分があり、更にアームの先にはローラーが配され、
バレル下(シュラウド)を転がりながら押すようです。



ローラーで押さなくても新品だと十分固い!ので、
ローラーは当てずにタナカのM66(4インチ)を挿入。
スエードで保護されているとはいえ、プラ製モデルガン
だと使うのはちょっと勇気が要りますね。



この間のビアンキ#81よりは保持力が弱く、
サムブレイクのホックも無いので素早く抜けますが、
ベルト金具(プラですが!)の分だけかさ張るので
コンシールドキャリーには向かない、かな?



ポリスなどの制服組だと、ベルトより下に銃が来るタイプ
の方が抜きやすい気も、で、オープン(蓋が無い)なので
上着の下に着けたいトコロですが、だとするとパンケーキ
タイプの方がいいかな?

まあ現在リボルバーは公用で採用しているトコロも
減ってるんじゃ、なんですが(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編