プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年12月30日

9ミリ機関けん銃!!

それでは名作映画モジリで
「遠すぎ”たわし”
(遠すぎた橋 1977年)
食器洗い始めてから気付くんだな、うん。
そーなると次、「たわしは舞いおりた」
(鷲は舞いおりた 1976年)
どちらかというと、「落ちてきた」だよね?!
止めはそのもの「タワシー」
(タクシー 1998年)
タワシ回しで三連発、ってそれはタライだから!!


どーも、”駄洒落の水先案無い人”
紅い猫RRⅢです。
さて年内最後も買い物ネタ、今回はいきつけの中古トイガン
ショップに入ってきたコイツ、M.D.Nコーポレーションの
9ミリ機関けん銃を(いつものように木幡真琴はスルーで)。



これはマルゼンのイングラムにレジンキャストのガワを被せて
自衛隊の装備を再現したもので、イロイロ制約(というか問題?)
はありますがガスブロとしても一応動くシロモノです。



箱はコンナ感じで、ロット番号は個別なのかも、なので一応
隠しときました。

登場当時は全く眼中になく、今も現物が目の前に来るまで、
(という展開、今年は他にもあったな!)ですが、モノがモノ
(本家ウージーの製造元からクレームがきたとか、そもそも
ストックの無いSMGって”弾バラ撒き器なんじゃあ、とか)だけに
あっ、でもドッカ海外で制作発表してたような、ですが(笑)、
国内大手が本気入れて作る事も無さそうだし、意外に人気で
こんなの(後述 ( ´艸`))でもあんまり転がってないし、と
”押さえる”ことに。



今までガレキでは何度か制作されてきてますが、フルオート射撃
可能なので一応ゲームにも持っていけそう(もちろん”一応”の
中身は後述)。



個人的には無可動の一体キャストでも安ければよかったのですが、
しかし外観は刻印など結構凝っており、映画のプロップにも
使えるかも!



箱にはハイダーを外した状態で納まり、また3つほどパーツが
別に付属してましたが、”全部盛り”で撮影してます。



動画でコレを紹介しているトコロでは、ハイダー部は二重に
なってたり、でしたが、コイツは初期のモノなのか、直接ネジが
内側に切られています。

ただ、そのせいでいっぱいまで締めるとガス抜き穴の位置が
実物と違い、”反動を増幅させる”状態になってます!

まあ9ミリパラでこんな長いハイダーの必要性は?で、
マズルブレーキとしても穴多すぎて効果は??ですが(笑)。

たぶん開発元は”見た目ウージーと違う”にするため、
フォアアームと延長ハイダー(バレル)付けただけなんじゃあ。

そのおかげで細い銃身が突き出し、その下も妙に(旧軍のは
トリガーガードですが)出てる”バランスおかしい”日本軍
けん銃(これも機関けん銃)の伝統が復活、さらにコイツは
アッパーとロアのフレームが微妙に傾いて内蔵(イングラム)
が少し隙間から覗いており、「ホントに張りボテ」と笑って頂ける
”非軍事力”に相応しい装備となってます
(笑、あ、意見には個人差があります)。



トリガーはイングラムのものがかろうじて突き出しており、
実射するときはソレで操作しますが、飾るとき用の
”動かせない”トリガーが付属します(笑)。

また、セフティはイングラムのものが使えますが、セレクターは
完全に隠れており、分解方法も説明書に無い!ために
”フルオートオンリー”です。

ちなみに六角状のパーツの付ける場所も書いてない!!
ですが後部のスリング取り付けパーツの一方のネジを
外して付けるようです(そうすると止まらない!ので接着
とか必要で、更に実際にスリング付けると壊れそう!!
撮影では置いただけ、です)。

セレクターはダミーかつ後から接着するようですが、
少し削らないと浮いてしまって付かないような(画像では
乗せただけ)、です。



チャージングハンドルはこのようにネジ2つが見えますが、
実物でもプラス頭らしい!ので、あ、でもバネが無いので、
”引いたら自分で戻す”という手順が必要!

精度的にも苦しいものがあるのか、構造なのかかなり
バックラッシュ(つまりガタ)がとられています。



マガジンは短いのでレジンの延長パーツが付いてますが、
しっかりしてないので実射時には外しておく仕様、かな?
しかもマガジンキャッチが元のままなので、グリップを後ろに
少し引いて操作するのですが、マガジン延長するとそれも
使いにくい!!です。

ちなみにこの個体では後部のスリング取り付けのネジが不良、
ココは大きく削ってナット埋めたいトコロですが、バラせないと
内部構造がわからん!ので今は様子見!!

でもまあ、パーツを外してフルオートかつマグチェンジかなり
面倒ですが、それでも動く!ことに賛辞を惜しまない方は、
って自分も買っちゃったんだけどね!!
(2020年の最後がこれでいいのか?いや相応しいのか??)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 09:40Comments(6)最近のこんなモノ

2020年12月27日

S様のグリップ!!

「拜托了肌肉」で「お願いマッスル」?!
今頃「ダンベル何キロ持てる?
を見るのがマイブーム、
紅い猫RRⅢです今日もよろしく!
(しかし筋肉が肌肉って!
中国語って近くて遠い)。


さてきょうは年末緊急特番、お歳暮シリーズ(シリーズ化?)
第二弾、今度は”てるぱ様”から頂いちゃいました!
一品のご承継、違うご紹介を。



えっと、今年はSo-Sui様のところで企画されたカレンダー
画像の撮影をさせていただき、出来たモノを少し
(住所がわかってる)方々にお配りしているのですが、
子連れ狼様に続いててるぱ様からもお返しを
頂いちゃいました!



モデル工房S様制作のグリップ、とのこと
(現在はmodel-s名なのかな?ヤフオクでグリップ販売を
再開されています)。

どーしててるぱ様が?またまた装着機種は?素材は??
てるぱ様からは「Sさんの激レア「ブツ」を発見」としか、
ですがソレを探るのが今回の企画(え、趣旨変わってねぇ?)。



ほぼストレートなプロフィール、後部に内側に段落ちがある
(つまり多装填マガジンで鋼かアルミフレーム)から
当たりをつけ、



装着してみたところ、いつもの(ってそんなに持ってない
ですが)S様の超絶品質でかっちり無加工でフィット、
マルシンのブレン・テン用ですね。

素材はローズかな?光の当たり具合によって、
内側から輝く杢の美しさ、上品かつしっかり出た縞、
なんか無骨なブレンがグッと高級に見えちゃいます!



現在マルシンはコレを生産していないようで、意外や
中古トイガンショップなどでは高値を付けています。

てるぱ様、いつも有難うございます。
っていうか、なんか”頂き過ぎ”なんじゃあ、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:00Comments(4)最モノぱーつ編

2020年12月25日

2020PV Best5

元気はく奪!モロダモンC??
でも今年のアニメ3位は「異種族レビュアーズ」
(異論は認める)


メリークリスマス!
さてきょうは12/18のトイガンランキングに続き、
今年のプレビュー(PV)数トップ5を。



この企画は去年12月から今年の11月末までにUPされた記事の
PV数を今年の12/20時点で管理画面の”記事アクセス数”上で
比較、上位5つをランキング形式で発表する、という、もはや
年の瀬恒例行事ちゅーモノです、はい。



さあそれでは5位、5/8の「カンプピストル」

これは自薦トイガンネタで、新たに入手したモノではないのですが、
記事にも書いたように久しく再販がなく、情報を探している人が
多かったような、ですね。

CAWは少し前、イベントでシュトゥルムピストルの展示を行っており、
ソレにも期待しているのですが、続報は無いような。



4位は6/5の「スモルト?スマイソン??」

これは今年タナカがリニューアル版を発売したため、カモ。
でもコレは旧版の中古入手記、もしかすると皆間違えてる
(いや”紛らワシ”はこちらだった)?!。



3位です、3/22の「S&W M66 PC-Fコンプ」

コレは正真正銘?タナカの新製品入手記ですね(笑)。

3インチのコンプ付きバレルはもちろん、何気にフレーム、
リアサイト、ラッチなども変えてきており、ブラック版に
続いて個人的には”待っていた”一挺、それは他のトイガン
ファンの方々も同じだったのでは、ですね。



2位は4/29の「Cz75ホーグカスタム」が入りました。

コレもKSCの同じく新製品、こちらはサイト、ハンマーそして
グリップとマグバンパーが替わっているのですが、限定
ですぐに在庫無しのところが出てきたくらい人気、注目度も
高かったようです。



栄えある今年の1位は4/26の「タナカ金属SAAとイロイロ」

いつものように?理由が良くわからない結果です(笑)。
この記事は現在廃版の金属モデルガン比較記で、
特に目新しい訳でもないような(この前にCMCのSAA
を入手したときの記事は、ベスト5にも入ってない)、、、

この記事は総合(約12年分!)でも28位、去年の
「89式とM4A1」の3位には及びませんでしたが、
今年の2位の約3倍という突出した、というか、2位もこの記事の
余波(この記事の次にUPされてます)なのでは、で、
どーもドッカで”誘導”されたんじゃあ、ですが、幸い
コメなどが溢れる”炎上”ではなかった!

個人的には、新製品でも超珍品!の懐かしモデルでもなく、
これだけ長く続けていても「何が受けるかわからん!」
とまた思い知らされた年でした(笑)。

あ、年内まだ少しUPする予定、また宜しく!です。  

2020年12月23日

「ザ・コンサルタント」~ウルフ

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、引き続き
バレットM82特集! 2016年ワーナー・ブラザース配給の
「ザ・コンサルタント」から、ベン・アフレック演じる主人公
クリスチャン・ウルフの銃を。



ベン・アフレックはこのあいだの「スモーキン・エース」にも
出演していた俳優で、何かとバレットに縁がある?のですが、
今回はパッケージにもバレットを持った画像が使われ、役の
ウルフはオフのときコレを使って遠距離射撃!の練習(調整?)
に勤しみます。



画像はいつもの?S&T エアコキでM82A1Mらしいヤツ。
今回の映画でも、長いレイルが上部に付いており、
同じモデルっぽいですね。



ウルフは他にMk18らしきアサルトライフルを持っている
(アタック時のプライマリー)のですが、ウチにはスクリュー
固定のフォアアームは無い!(レイルマウント型は以前
MGCに付けた
)ので、基本?のMGCモデルガン、
M4A1で一枚。

あ、映画ではダットサイト付きスコープにサプレッサー
といったフル装備状態です。

他に敵のレミントン(M40)も使うのですが、発射シーン
自体はなく(割愛!)、、、。

そうそう、自宅にはM134ミニガンまで備えてあるんですが、
コレはウチに無い(、、、欲しいけど高い!)し劇中でも
使われることは無いのでマタ割愛!



さて、ハンドガンですが、ウルフのセカンダリーは
パラオードナンスP14・45のアンダーレイル付きで、
そこにフラッシュライトを付け、マズルにはサイドがフラットな
サプレッサーも付けてコチラもフル装備?状態。

画像はWAのレイル無しで、更に映画ではスライドの
セレーションが幅広溝、軽量(プラ)トリガーにマグウェル
付きです。

但しシーンによっては(昔の使用銃で?)鋸型
縦セレーションでボーマー付きのような、ですが。



ウルフは他にもたくさんの武器を持っているのですが、
バックアップ用のリボルバーはS&WのM327。

スイングアウトして弾を確認する仕草が描かれており、
デボーンドハンマーですが8連発で固定サイトであることが
わかります。

あ、画像はタナカのガスガンで、ノーマルハンマーで
オプションの木製グリップ装着のモノ。



他にもSF(スプリングフィールド)XDのショートモデルを
持ってますが、ウチには無い!のでマルイのフルサイズ
XDmを。



もうひとつ、自宅に備えてあったのはコルト パイソン。

映画ではパックマイヤーのゴムグリップ付きですが、
こちらはコクサイ モデルガンのノーマル状態で。

この映画のタイトル、邦題は「ザ・コンサルタント」に
してますが、原題はザ・アカウンタントで、現在アカウントは
(IT関係の)IDの意味で知られちゃってますが、本来は会計、
ウルフも会計士です。

この映画は発達障害(自閉症)をモチーフにしており、
もちろんこのようなスーパーヒーロー自体フィクションの世界
なんですが、”もしかしたら”と思わされる、違う意味での
”バーチャルリアリティ”を上げている上手い演出です。

このように銃器が豊富、かつその使用シーン満載、と
アクションもキレッキレ、そして心温まる伏線、と文句なし!
未見の方は是非!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2020年12月20日

SF XDm

きょうはセレーション特集の新しい方から、で、
前々回の傾斜面セレーション(CZ100)に対する
解決策をSF(スプリングフィールド)XDmで。



まずスプリングフィールド、ですが、昔は米軍の銃を作る
造兵廠の名、だったのを廃止されてから取得した民間の
会社で、コイツはなんとクロアチア(HSプロダクト)が
作っていたモノ。

その販売権を取得して先代のXDのステップド(段落ち)
スライドを流行の斜め面取り(傾斜面)付きに変更、
それに応じてセレーションも途中で切る方向を変えた
”くの字”型のものを採用しています。



スライドを斜めに削ることでコンシールドキャリーに有利、
かつ体に馴染む形状とし、引き難くなる(力が上に逃げやすい)
のはセレーションの角度を途中で変えることで対処しています。



近年の流行であるスライドの斜め面取りですが、CZ100は
あえなく撃沈?ワルサーP99やステアーMA-1、ベレッタPX4
はその傾斜面の下にセレーション、SIGなんかSPシリーズは
傾斜面にセレーションで失敗?P320シリーズで側面に移動
(面取りもベレッタ同様前後で幅を変えてます)、しかしH&K
は果敢にまだ傾斜面セレーション(VP9ではFN 5-7のように
後部に突起を追加してますが)ですね。

あ、ベレッタはAPXでセレーションを斜めにしてますが、
アレでは斜め面取りの恩恵は無いんじゃ?!

ともかく、セレーションもスライド形状や他の要素に大きく
影響しており、新たなトレンドによってこのように進化が
促されている、のカモ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)セレーション

2020年12月18日

2020買い物Best

きょうは年末恒例企画、今年買ったトイガン
ベスト5、ってのを。



えーっと、この企画は昨年12月から今年11月末まで、
一年で入手したトイガンのうちから個人的にセレクト、
ランキング!したもので、価格,希少性,歴史的価値?
なども考慮されますが、基本”好み”で選ぶという、
チョー勝手なセレクトです、はい。



それではさっさと5位から。
まずはマルシン工業の限定版コルトアナコンダ
レガシーエディション


マルシンさんは現在各モデルにABS(地肌?)、HW、
シルバー,Wディープブラックなどの仕上げを用意して
いますが、コレは米国でアメリカ歴史財団というところが
企画,販売した限定モデルを再現、エングレ+チタニウム
コートを模したグレーの表面に、金メッキパーツという
豪華仕様です。

マルシンさんは他機種でも金メッキパーツを付けた
豪華版を出していますが、エングレまで追加するのは
珍しいですよね。

今後、この動きが定番化することは無さそうですが、
米国では大手販売業者による限定仕様が多く
出されており、他社でも(下のヤツとか)限定で作られた
カスタムを再現したものが出てきています。



4位はそのメーカーカスタムで、タナカからS&W 
M66Fコンプ


実物はS&Wのカスタム部門、パフォーマンスセンターが
Lフレ用のコンプ付きバレルをKフレにねじ込んで作った
のかな?3インチもM19(66)系では珍しく、MGCのM586
キャリーコンプの時から待っていたステンレス仕様の3インチ、
といいうことで個人的には非常に嬉しいモデルアップでした。

タナカさんは以前からPC(パフォーマンスセンター)カスタムを
各種制作してくれており、これからもイロイロ出して!という
応援の意味でもランクイン!!



3位は限定生産かつ小説コラボ、の東京マルイ
ヴォーパル・バニー


コイツは「ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル
オンライン」小説版に登場する、まあいわば架空銃なんですが、
マルイはパッケージイラストや小冊子も追加して販売しています。

最近第3次ロットの供給が始まり、次は黒のモデルも登場予定、
と、もうプレミア(つり上げ?)は落ち着いてきたんじゃあ、
ですが、ピンクの2トーンという非常に見栄えのするカスタム
ですね。

個人的には、So-Sui様のトイガンカレンダー2021版に
コレを撮って参加させていただいたこともあり、(まだ昔、には
なってない!けど)思い出深い一品です。



2位はカスタムじゃないけど大物(おネダンはともかく
このサイズ、!ね)S&TのバレットM82A1を選びました。

エアコキ版で機能的には別に、なんですが、金属多用で
とにかくデッカク重く!置き場にも困る(まあバレル外せば
問題ないんですが)!!と、存在感もビッグ!!!

バレットは超大型対物ライフルの代表として、映像作品でも
多く登場していますし、以前から”いつかは”と思ってたので。



そして今年の1位、KTWのSMLE No4

コイツは行きつけのトイガンショップに入ってきた中古を
入手したもので、現物が現れるまで購入候補には無かった!
ものなんですが、削り出しのボルトハンドル、細かいチェッカーが
刻まれたサイトなど、ボルトアクション好きにはたまらない!
シロモノですね。

これで日独米英露、5ケ国の代表的ボルトアクションが揃ったし、
更に前のMkⅢ(デニックス)までいってしまった!正に
”コレクションが新たなコレクションを呼ぶ”魔性を発揮した一挺!!

他にも金属モデルガンのハドソン ローマン4インチ
Wディープブラックで短いスーパーブラックホーク
ウェスタン関連のモノもイロイロあったんですが、今年は
コロナ禍でイベント不参加を決めたこともあり、いわゆる
掘り出し物が少なかったカモ。

でも元々”インドアトイガンライフ”だった訳で、ゲーム派の
方々ほどにはストレスは溜まってない、かな?

この調子だと来年も影響は、ですが、政府がすることを
待ってるのではなくて、”自身の判断力”を磨いて行動し、
自分や家族の身は自分で守り、趣味も含めてライフを
しっかり営んでいければ、と締めさせていただいて、あ、
まだ年内投稿続けますので宜しく!です。  

2020年12月16日

未確認なねんどろ?!

馬の耳にねんどろいど
猫にミニバン
豚に新酒


いや、”昼寝場所の提供”としてなら、
2番はアリだな(おいおいっ!)。


とゆーことで?きょうは”ねんどろいど”特集、
といっても頂きモノ中心、なんですが。



先週、子連れ狼様から”なまもの”として送られてきましたお歳暮、



家族は”口をあんぐり”(食い物だと、、、)ですが、
なんと自作を含む「未確認で進行形」フィギュアのセットです!



少し前、子連れ狼様のブログでペイント中の髪がUP
されていたのですが、まさかソレが送られてくるとは!!

これは夜ノ森家の二女で巨◎安産型の小紅ちゃん。
髪もお顔もそしてボディまで自作カスタムで仕上げられて
いますが、艶消しの塗装など、クオリティも抜かり無し!



こちらは長女でシスコンでヘンタイの紅緒さん。
これも市販されておらず、髪とヘッドはカスタム、
そしてボディも袖のところは作られたようです!



夜ノ森家に居候する幼女(◎リ小姑)、三峰真白は
市販、だと思うのですが、紅緒的に大事な部分は、
”お名前入り”で再現されています。

子連れ様は、もしかして(パーツ取りに)コレを
三体用意されたんじゃあ?(少なくとも紅緒ボディは
同じハズ)で、三体並べて”EDの再現”、とか
カスタム前にしたのかな?



では”ねんどろいど”巨◎安産型で3つ。
左から、交換用軟質胸パーツ装備の「月曜日のたわわ」
アイちゃん、今回頂いた小紅ちゃん、「干物妹!うまるちゃんR」
海老名菜々ちゃんです。

海老名ちゃんと小紅ちゃんはツインテールも胸のリボンも
同じですが、もしかしてツインテール部も自作?
(ひなたちゃんとも違うし、まあツインテールはねんどろいど
でも沢山あるよね?!)



◎リ小娘?でも、「このすば」めぐみん(右)と。
こちらは目の感じも似てますね。



お姉さんキャラでも(右 「グリザイアの果実」風見一姫)。
なんか出オチっぽい(笑)取り合わせですが、意外に姉キャラ
のねんどろいどって思い浮かばない、、、

あ、紅緒さんのメガネは長門有希、前髪はニャル子なんじゃあ。



頂いた三体をこれまた頂いたベースに付けて。
アニメではOPもEDもこの三人が中心、まあ本編も
”(義理?)姉妹トリオ漫才”が醍醐味(ってヒーローは
やっぱり影が薄い!)なんですが。



子連れ狼様、どうも有難うございました。

このようにこの子達も(ワタクシも!)楽しく遊ばせて
いただいております!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2020年12月13日

SIG SG550

では前回の「あの夏で待ってる」のモジリで、
「あの夏でぶ盛ってる」
いや、修正するなら”削る”方やろ!!
(ちなみにワタクシ、デブはもちろん
ポッチャリも肥満症も”呼び方”としては
却下、断固拒否!)


さてきょうは安部菜々永遠の17才、は置いといて
買い物日記、今更(既に絶版になって久しい)、
ですがマルイSIG SG550を。



これは行きつけのリサイクルショップに”難有り”状態で
売られていたモノ、なんですが、、、

実はマガジンが無い(バッテリーも箱も説明書も、ですが)
状態だったのですが、他でバイポッド無しメカ完全沈黙
(ピスクラ?)のを調達、ニコイチで”フル装備状態”に
もってきたモノ、です(笑)。



コレ自体は絶版でもハイサイクルのSG552なんかが
現役なので、マガジンも新品が手に入るハズ、なんですが、
ジャンクでもウチは構わない(ゲームしない)し。

あ、スコープマウントもチークピースも付いており、
手持ちのスコープを付けてみています。

コイツは89式とも同じ”バイポッド標準装備”なので
遠距離射撃向け、この”狙撃仕様”が個人的には似合う
気がします(いやM4対抗だとSG552とかあるし)。



スコープを外してストック折り畳み状態でも一枚。

フルサイズのSG550でも、ストック畳めばM4並み、
ただチークピースを付けてると、実物ではエジェクション
ポートを塞いで発射できない!ですが。

一応動作を確認したら、バーストが2発!だったので
ボリューム調節して3発出るようにしましたが、これって
寒いから、ですかね?(夏場はグリスも柔らかく
作動抵抗も低く、また電圧も高いカモ)。

まあテスト以外で動かす事もないんですが、それでも
バーストも効くと嬉しい!
(但しハイサイクルでないので、”指切りバースト”で
充分、なんですが)。

ちょっと使用感(スレ)はありますが、安かったし
とりあえず満足。
というか、自分はアサルトライフルでもフルサイズ銃身の
フォールディングストック好きカモ、と再認識したり
(いやチョー短いのも好きなんですが)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:13Comments(0)最近のこんなモノ

2020年12月11日

「あの夏で待ってる」~MIB

きょうはアニメの登場キャラ使用銃ネタで、
まだまだバレット特集!2012年の「あの夏で待ってる」
に登場してきたヤツを。



今回少しネタバレかも、なんですが、宇宙人の監視
及び世間から隠すための極秘活動機関、MIB
(管理情報ベースで、なくてメンインブラック)が
このバレットらしき銃を車から発射する場面があります。



このMIBなる機関、もちろん米国のコミック、映画で
登場するものを”踏襲”(パロディというよりオマージュ?)
しており、すると武器も地球の技術を超えたシロモノな
ハズなんですが、この作品では”現実的”な装薬銃です。



ちなみに車の窓からこの特徴的なコンペンセイターが
覗くだけで、M82かどうかも?なんですが(笑)。

作品はSFラブコメの名作、もし未見でしたらひとつ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2020年12月09日

ベレッタM1934

きょうはセレーション特集の古い方、ですが
今回は1934年まで来ました(シリーズ開発は
もう少し前から、ですが)、ベレッタモデル(M)
1934でひとつ。



ベレッタはこのM1934で伊制式を得ますが、さすが
感性の高さがウリ?!のイタリアらしく、
このセレーションは一味違います。



溝の断面形状は鋸刃型(正確には底にフラットな面がある
変形鋸刃型)なんですが、ベレッタは中央部を少し凹んだ
独特のシェイプに(削って)成形しています。



通常複数の鋸刃形状の刃を円周状に配置(かつソレを
何列も並べた形)した工具をスライドの上下(下の画像だと
左右)方向に送り、同じ深さの溝を刻みます。

対して、このスライドでは横(下の画像では上)から切りたい
部分の中央に当て、工具の円弧がそのままスライドに
(つまりセレーション中央部が凹んだ形)刻まれています。



円弧、といっても工具が大きいのか凹みは1mmほど、かも
ですが、実際スライドを引いてみると効果は大きく、スライドが
スリムに感じられ、かつ引きやすい!



このあいだ入手したタナカのガスガンと(画像再使用!)。

スライドの側面幅も少し違いますが、タナカの”普通型”
セレーションと比べると、WAのはより引きやすくそして
セクシー(なんちゅうか、手になじむ)です!

ちなみに歴代モデルガンではMGC,ハドソンが単純な
鋸状(MGC後期では機械加工のような)、
CMCはなんと一本目(バレル側)だけV溝、という
凝った形、WAのABSはコの字状のセレーションです。

M1934はこのようにトイガンでも皆セレーションが違う!
という稀有な存在ですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)セレーション

2020年12月06日

1/12カモフラージュウーマン ヴィラ

”かにけ”ってなんだろ、と思って
よく見たら”かに汁”だった!
(毛ガニなら”けがにけ”?!)


さてきょうはミリだけどミリフィギュア、しかも
1/12のリアル派アクションフィギュア(ドール?)を。



これは最近発売されたもので、香港のベリークールの
名が箱にあり(製造は中国)、1/12 パルム トレジャー
シリーズ というのが一連の製品群の共通のところ、
コイツはMC カモフラージュ ウーマン ソルジャー ヴィラ
というのが名前カモ(長~い!!でも人名に当たる部分
はヴィラかと)。

ベリークールは1/6で同じミリタリーフィギュアを含め
多くのフィギュア、ヘッドなんかを作っており、この
1/12パルム トレジャーシリーズでもアサシン、キャンパス
ガンガールなどが発売されているようです。



最近では1/12フィギュアでも大台越え(といっても1マン
、ね!)が珍しくないのですが、しかし箱は意外に小さめ、
一応箱のままでも飾れるよう一部透明シートになってます。

ハンドパーツは一指し指を伸ばした握り形状と全体半開きの
ものだけが付属、フットパーツは本体に付いてる
タクティカルブーツ?のみです。

付属品はM16(M4カービンと書かれてますが、結構長め)に
PEQ、予備マグ(但し本体のが抜けないので単なる飾り)、
そしてバックパックにマグポーチですね。



衣装は迷彩のツナギ?で、フード(針金内蔵?)も
付いたものを着ており、というかこの衣装、脱ぎ着出来ない!
ようです。

細かいところまで縫製された布製衣装を纏う、という
点ではドールなんですが、着せ替え出来ないならフィギュア
かな?(まあ定義はどーでも、ですね)。

本体は胸部が柔らかめの素材のようですが、樹脂製の
関節素体が中に入っています。



バックパックとライフルをアップで。
ライフルにはサプレッサー、フラッシュライト、ACOGタイプ?
のサイト、マグプルの付いたマガジンなどが付いていますが、
接着&一体成形で可動部無し!のようですね。

モールドも若干角が丸まってるカンジで、トミーテックの
リトルアーモリーには及ばないような、、、(アッチは
パーツ交換性も高いし)。

色は本体がメタリック、サイトなどは黒に塗り分けられています。

バックパックはなんと可動式のファスナー、金属のバックル
などが付き、スケール感はともかく(笑)ライフルより
本格的?です。
箱裏の画像とは左右反転してますが、まあ、ドールが
実際取り出して使う、わけでなし!!無問題ですね。



バックパックの裏側はメッシュ状!
ストール、衣装の迷彩柄なども恐らくこのドールのために
制作されており、なんだか非常にアウトフィット(着るもの)
に気合が感じられ、というか、専用を制作しないと
この企画が成り立たないのカモ(日本の企画ではビニールに
プリントとなっちゃいますね)?!

恐るべし香港(中国)!!

このバックパックのベルト部に、付属のマグポーチを
挿して使うように箱絵ではなってますが、どうも挿入部が
固く、少し大きめに広げてやるか、一端を切って上から
挟むとかしないと使えそうには、です。

あ、マグポーチは茶色一色!の塗りですが、
予備マガジンはカートが金色に塗られています。



それではまず樹脂衣装関節露出型のFigmaシリーズと。
左はUMP45、右はリトルアーモリー白根凛です。

全身写ってませんがベリークールの大きさは
海外1/12(6インチ)フィギュア共通?のやや大きめサイズ、
まあモデル体型だから背が高い設定かも。

Figmaは肩章の印刷など細かいものの、やはり布地の
質感、植毛の髪、艶有クリアで輝きを与えられた瞳など、
ベリークールの作り込みには及ばないかも
(いやリアルさ追求しても、ゲーム,アニメキャラだったり!
なんですが)。



次は布衣装のアゾン アサルトリリィシリーズと。
左はカスタムリリィ タイプE、 中央は白井夢結です。

武器が付属するアサルトリリィは価格的にも今回の
ベリークールと競合するんですが、衣装の細かさ、
という点ではベリークールが一歩抜きんでてる印象!

惜しむらくはリアルさに拘ったせいか、着脱できない
ところですね(腕の外し方がわかれば可能カモ、ですが
外したところで現在衣装の別売りは無いようです)。

装備も含めて交換できるところは少なく、発展性や
弄って遊べる要素はその分下がりますが、ちょっと
コワイ表情が許せるならリアルさは高いです。
今なら同シリーズ他機種も在庫があるようなので、
気になった方はひとつ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:00Comments(0)こんなモノ番外編

2020年12月04日

ウッズマンのモデルガンとウォーターガン

きょうはちょっと間隔が空いてしまいましたが、
アルゴ舎の本格的?水鉄砲、ウッズマンシリーズを
CAW(MGCリバイバル)モデルガンと比べる会(回?)を。



えーっと、これらウッズマンは望月三起也氏の漫画
「ワイルド7」で主人公飛葉が使っているモノを再現
しており、アルゴ舎はライセンスも取って(パッケージ
にイラストが入るだけでなく、各種オマケグッズもあり)
ますね。



まずはメインで使われたバレル切り詰めウッズマン。
左がCAW、右がアルゴ舎です。

スライド刻印はアルゴ舎は”COLT”を”ARGO”に
変えてます!

バレルは若干アルゴ舎のほうが長く、太いです。
マズルも大口径ですが、これは漫画が大口径っぽく
描かれていたからなのか、それとも.357仕様?!



こちら側のグリップにはどちらもワイルド7ロゴが入って
ますが、CAWのは別売りだった特製木製グリップを
後付けしたもの、アルゴ舎は同梱でコルトマークを
外して交換できるようになっていました。



本体はCAWがいわゆる2nd、アルゴ舎は3rdで、
サイトはCAWがイライアソン、アルゴ舎はアクロです。
考証的にはアルゴ舎が合っているんじゃあ(2ndから
3rdへの過渡期にこのスライドが使われ、オプションで
イライアソンもあった、というハナシもありますが現物
画像見たことナシ!)ですが、漫画の方はイロイロあって
どれが正解とも、、、ですね。



アルゴ舎のをスーパーウッズマンに替えて。
細かい事にスーパーウッズマンは2ndベースで、
サイトもコルトマスターに、マガジンキャッチもトリガー
後方に(このせいで右側グリップも変更)、そして
トリガー形状まで変更!と気合が入っている!!
(もちろん実物にはこのようなサイトはありません)。

あ、そのサイトですが、ベース部分がスライドまで伸びて
いるのではなく、スライド上は別部品(分割線だけ、ですが)
と”想定”されており、分解(モチロン水鉄砲はモナカ!で
実物のように分解できませんが)時邪魔にならない!

実際動かないのですがよく考えられてますね。



ショートバレルに戻って、CAWにバレルエクステンション、
アルゴ舎にサイレンサーを付けてみました。

どちらもアルゴ舎の付属品で、CAWはバレルが細いため
”置いただけ”ですが、実際延長しても命中率は落ちたんじゃあ
(初速は上がるカモ、ですが)。



そうそう、両者は良く似ていますが、グリップを合わせてみると
このようにアングルから太さまで違いますね。

逆サイドのフィンガーレスト部分の形状も少しちがいますが、
コレは実物でもイロイロあり、どちらも間違いとはいえない
ような、です。

ともかく、これだけ”飛葉”ウッズマンが(市販で)揃うとは!
原作終了から40年以上(続編なんかは今世紀もやってた
ようですが)!!

これもファンの力??  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)比べてみました

2020年12月02日

ミニ14のエアコキ

”くれない?”と言われても
あげない(逆に欲しいと言われなくても
”強引に”送り付けたり!)。
あくまで名前が紅なだけ、
”愛なく、慈悲なく、憐れみなく”
紅い猫”クラルス”RRⅢです(ウソ!)。


さてきょうはアスナさん、じゃなくてマルゼンの
懐かし?の一品、カート式エアコキ Mini14を。



これはマルゼンがKG9、UZIなどに続いて(同じカートで)
出してきた手動式エアガンで、フルサイズのストック付きも
あったようなんですが、今回行きつけのリサイクルショップで
見つけてきたのはこのピストルグリップタイプ。

あ、コレ、ストック部にコッキング用のフォアアーム?が
付いていたのですが、実物はソンナの無い(ポンプ
アクションでなくて自動式だもんね)し、入手後バラして
外しております(笑)。



まあ操作は本来の方法(スライドするレバー)で行える
ので外したのですが、もしかすると付けてる方が”団長”
(故、渡哲也氏演じる「西部警察」の大門刑事)モデルっぽくて
良かったかな?
(アチラはCMCのミニ14にMGCのM31用フォアアームなどを
付け、自動式を無理やりポンプアクション化してます)。



KG9共用の拳銃弾型カートを使う為か、マガジンは細く、
トリガーとの距離も開いてナンダカ別モデルのような、ですが
上部(樹脂製のハンドガードや機関部)は結構良く再現されて
いるんじゃあ、ですね。


フォアアーム除去によりスリットが見えてしまいますが、
ストックは美しい杢の出たホンモノの木が使われ、モデルガン
の標準からすると、価格的にはかなりなバーゲン
だったんじゃあ、ですが、大きめで装弾数も多くなく、カートを
改修するキャッチャーが付かなかった、とかで人気モデルとは
いかず、、、



でもマガジン形状からするとM1カービン(エンフォーサー)の
方が良かったカモ、だし、スライドアクションならショットガン
が合ってた(実際マルゼンはその後CA870で成功)ような、
ですね。



実物やモデルガンのミニ14でも、折り畳み式ストックと
ピストルグリップを装備したKモデルがあるのですが、
マルゼンはフィンガーチャンネル付きグリップで、ココも
オリジナル路線かな?



ただ、弾頭でストッパーを押して操作するサイトや、



ロータリーボルト!など凝った機構が再現されており、



ルガー刻印もしっかり入ってます!

トイガンにする以上ホンモノと全く同じにはできないので、
オリジナル要素が入るのは仕方ないのですが、この
”積極的”改変が受けるか否か、は実用性やコスト
パフォーマンスが大きく高められているか、で、
”撃てれば問題無し”派は、むしろこのように凝った
ギミックを求めてなかったような。

まあリアルさに拘っても、当時モデルガン(CMCから
タナカに金型が移り、AC556が生産されてたハズ)も
あったし、大体”特攻野郎Aチーム”で使われている事
くらいしかミニ14には話題が無かったカモ!なので、
いやでもマルゼンさんも冒険、だったんでしょうね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(5)最近のこんなモノ