プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2020年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2020年04月29日

Cz75ホーグカスタム

様々な情報が飛び交っていますが、
くれぐれもオカルト気をつけて!


あ、「お体」→「オカルト」ね!
(子連れ狼様、えるさんはヘッド自作を諦めて
ウチの定番モノに衣装を合わせたところ、
広瀬アリス版みたいになっちゃいました。テヘッ)

さてきょうは外出制限により通販で!入手した
久しぶり?のKSC製品(しかも新品!)
Cz75ホーグカスタムを。



これは最近KSCがカスタムモデルとして発売したもので、
ベースはHWの2ndですね。



ホーグのラバーグリップを(たぶん本体かグリップを
改造して)装着、マグバンパーもベレッタM92Fのような
大型に、そして以前のデュアルフロスト(フレーム側面
が銀色のカスタム)同様、ドブテイルのフロント、ノバック
のリアサイトとしています。



今回のモデルでは、更にハンマーが削り出し!のリングタイプ
になっています。

アルマイトしているそうなのでアルミ製かと思いますが、キレは
(DAは激重!ですが)良く、端部も均一に面取りされた丁寧な
作りですね。



この形状は、実物でも斜めセレーション+斜めに端をカットされた
スライドストップ&セフティの最近の型で採用されているもの
なんじゃあ、ですが、ノバックサイトと相まってスナッグプルーフ
(絡まり防止、とか訳されますが、拳銃では引っかからないこと)
だけでなく、所謂ハンマーバイトを防止しています。

ブローニングHPのソレのように、もう少し後方にリングが
きたほうが起こしやすく、カッコ良い気もしますが、そうすると
重量も増すしフレームのタング部分に接近するので、実利を
とった、ということでしょうか?
(Cz75はコック&ロックでかつDAなので、別にハンマーを指で
コックする場面は想定されて無いのカモ)。



ノバック(タイプ?)のリアサイトは、側面にヘアラインがあり、
エッジも(面取りされてるので約45度ですが)ビシッと出て
気持ち良い作りですね。

ただ、3ドットのリアは綺麗に見えるものの、後面とツラにした
フロントのドットは、ちょっと見えにくい!

わざわざ貫通させて白半透明素材を埋め込んだような、
ですが、光が透過しないうえ反射も少ないようで、いっそ
(リア同様に)窪みだけにして白ペイントのほうがクッキリ
見えたんじゃ、、、



ま、不満はそれくらい(いつものように実射しないし!)で、
HWの艶消し(黒染め?)ボディも、あんまり湯皺は無さそう
だし、仕上がりは良好です。

上の画像、左が今回主役のホーグカスタム、右は以前の
ABS製2ndに実物グリップ(内側を少し削って付けた)です。



せっかくなので、スライドとマガジンを入れ替え!
一応組めましたが、マガジンなんかは(プレス外板の旧型
と一体キャストのシステム7の違いか)非常にきつく、
調整しないと(もしかするとやっても!)作動は?ですね。

システム7のHW同士なら、互換性はあるのかも、ですが。

比べてみると、やはりの」ハンマースパーの」”出っ張り”感は
大きいですね。
しかし、ノバックのほうは端が(スライド上部がアール状
なので)出ており、前進位置にあるノーマルサイトでも
(けっこう大型だし)実用上差は無さそう!

でもバリエーション展開の少ないCz、人気なのかもう
在庫無しのトコロが多いような。
気になった方は、ひとつお急ぎ確保を!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(8)最近のこんなモノ

2020年04月26日

タナカ金属SAAとイロイロ

きょうはまたSAA特集?で、タナカ金属SAAを
中心に、ガスガン、樹脂モデルガン、そして
このあいだ入手したCMCとの分解比較編です
(トップカットでは金属SAAが一番下に
なっちゃってますが 笑)。



それではまずタナカの3つ。
左から、金属モデルガン、ABSモデルガン、そして
ABSのガスガン、カートタイプです。

開発順だと金属、ガスガンそして次にペガサスのガスガンが
来るのですが、そのパーツを最大限利用して作られたABS
モデルガンを持ってきたので、今回はお休み(エヘッ!)。

まあタナカさんはその後1stタイプのモデルガンなんかも
作っており、それもあったのですが同じくパス!

ともかく比べると、CMC/タナカ金属のトリガーガードが長く、
シリンダーより前まで延びているのはカート式で改修、その上の
フレーム形状(シリンダーを納める四角い抉りと側面の取合い)
も、3つ共違います。

細かいところでは、エジェクターロッドのアール状の抉り
(指かけ)も小さくなってますね。

ただ、ハンマースパーが他社ではすこし垂れ下がったような
長めの形状なのに対し、タナカは一貫して短めですね。

金属モデルガン、カート式ガスガン共2ndを意識したのか
メダリオン入りのスムーズな木製グリップですが、ガスガンでは
タンク内蔵の為少し厚みがあり、それをフレームに合わせるため、
フチを斜めに(面取り)削ってます。

ABSモデルガンではタンクは無いし(これはペガサスも同様)、
ムースではなくちゃんとコルトのレリーフが付いた樹脂製グリップ
になってます。



ちなみに外箱は実物のコピーが踏襲(左がモデルガン、
右はカート式ガスガン)されています。



さてタナカの変遷はこれくらいにしといて今回の本命、
CMCとタナカのモデルガン比較を(左がタナカ、右がCMC)。



CMCの活動停止でタナカが金型だけでなく、一部パーツまで
引き継いで生産しただけあって、かなり両者は似ています。

ただ、マズルはCMCがほとんど塞いであるのに対し、
タナカは数ミリですが掘り下げた形状ですね。

あとCMCのエジェクターチューブ固定ビスが何故か長い!

グリップの金型もあったんじゃあ、ですが、リアルさを追求
したのか、それとも木工が得意なタナカの長所を活かしてか、
木製に替えられていますね。



カートはどちらも同じものが付いてきており、これ(画像左)は
CMC時代のもの、のような、です。
ちなみにタナカのABSモデルガン用カートは右のアルミ製
弾頭が付いたもので、このタイプがタナカモデルガンでも
使われたんじゃあ、ですが。



分解しての比較。
タナカ製にはHWSのハンマースプリングが使われており、また
コレとトリガー/ボルトスプリングの固定スクリューにプラス頭が
使われており、もしかするとパーツは前ユーザーがかなり
替えたんじゃ、です。

他にはバックストラップの固定ビスが違い、CMCでは長い2本が
ハンマー横、タナカは逆にグリップ下の1本が長かったです。

以前シリンダーが止まらない!という問題のあったボルトは
後述しますがやはり違うパーツですね。



ハンマー、ハンド、トリガー、そしてボルトの比較です
(左のグループがタナカ、右がCMC)。

ハンマーのスプリングがかかるローラーのピンが打ち込みから
カシメに替わってたり、はありますが、ハンマー自体は
同じ金型のようですね。

ハンマー側面の磨き出しは、やはり前ユーザーがやったような、
ですね。
下部に少しガンブルーが残っていました。
作動させてるとCMCのように擦れる部分だけ剥がれてくるので、
側面全部削り取ろうとしたのかも。

ちなみにこの側面磨き出しは1st期には見られないような、で、
実物では2nd期に始まったんじゃ?

あ、タナカのトリガー上部(ハンマーにかかる辺り)は、ワタクシが
この間削ったものです。
ここ(画像の逆側)がボルトに引っ掛かって上昇を妨げたのカモ、です。



タナカのボルトは鋼板をコの字に曲げ、間に一枚挟んだ
形状のものに替えられていました。

高さも少し低いのですが、当たり(光っているトコロ)を見ると
それ以上に削ってますね。
コレも前ユーザーかな?



しかしこのボルト、ハンマーのカムが下りてくる部分を面取り
してあるなど、ノーマルより良くできているんじゃあ、です。

不調は調整ドコロを間違えたせいかも?
(トリガー側面削りで現在は治ってるし)。

というカンジでしたが、中古だとオリジナル状態がわからず、
このCMC製もホントはパーツが替えられてたりする可能性も
ありますね。

でも一応CMCはオリジナルパーツの可能性が高く、
タナカはメーカーが替えた以上に前ユーザーが弄ってるのは
間違いなさそう。

ちなみに、ハンマースプリング変更の恩恵でタナカ製のほうが
作動は軽くなってます。

という訳でCMC/タナカのSAA収集は一段落、かな?
(というか、CMCだけあれば良かったカモ! 汗)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)比べてみました

2020年04月24日

ポリス用ホルスター?

緊急事態宣言が出されたため、
ウチの父(もうすぐ90歳)が床屋に行くのを
自粛、母に”ワカメちゃん”カットに
されております。
そしてワタクシにも
「お前も刈ってやろうか」と、、、

禍はこんなトコロにまで及ぶ、というか、
もしかして楽しんでる?ウチの親達。


ということでコレも少し前に仕入れておいたネタ、
古いTEXシューメイカー&サンズのホルスターを。



えーっ、TEXシューメイカー&サンズ(以下TEX)は
ポリス用の革製ベルト、ホルスターなど一式を作っていた
メーカーなんですが、最近止めちゃった!らしく、で、
このところホルスター(但し革製)にも収集を広げている
ワタクシ、たまたまリサイクルショップで見つけたコレを、
ひとつお試しに、という訳です、はい。



見るからにポリスのベルトに付けるタイプで、ベルト装着部と
ホルスター部は回転するようになっており、車に乗るときなど、
銃が邪魔になりにくい設計ですね。



ベルト装着部とホルスター部は、ホックで固定することもでき、
というかけっこうきつく銃をホールドしてるので、コレで止めて
ないとホルスターが動いて抜きにくいカモ!

現地で使われたのか日本でなのか、は?ですが、かなり
使用されて”茶芯”が出た状態、更に銃を止めるホックの付いた
ストラップなんかはヒビ割れもあり、まあカンロクはあるんですが
モノとしての評価は分かれそうですね。

もちろん、想定される新品価格とは比べ物にならない、
”お求めやすい”価格だったから入手してるんですが(笑)。



TEXの刻印はベルト装着部の裏側にあります。
皮革製品が合成樹脂製の台頭で脅かされる、というのは
ホルスターに限らず全般に言えることですが、趣味性が
反映されない官公需や競技などでは特に厳しいのかも。



型式はホルスター部の裏側下に。
大きく53USとありますが、何用なのか、はわかりません!



で、とりあえず手持ちのオートをイロイロ試した結果、
.45のガバ系はきつ過ぎ!9mmでも薄めのスライドの
機種が合ってるような、です。

画像はハイパワー(タナカMkⅢにリングハンマー)の例。
S&W M39も幅的にはOkなんですが、長さが短いので、
ハイパワーあたりが一番合うような、です。

まあこれで”コンバットシューティング”の練習をすることは
無いんですが、同じエンボス柄(メッシュ)のベルトも
欲しくなっちゃいますね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(0)こんなモノ番外編

2020年04月22日

「おまもりひまり」~神宮司くえす

きょうは映画,アニメの登場キャラ使用銃ネタで、
2010年の「おまもりひまり」から、神宮司くえすの拳銃を。



鬼を退治する役目を代々受け継ぐ神宮寺家の跡取り娘で、
魔術を操るくえすが持つのはスチェッキンAPS。



アニメでは”元銃は何?”状態のものも多く、デフォルメや
”改変”が常ですが、この作品では珍しく、ちゃんと作中
「スチェッキン」と言われ装弾数についても語られてます。

あ、これはウチではもはやレギュラー?のレジンキャストです。



いつものようにストーリーには、ですが、お色気入り
伝奇SFアクションラブコメ、という”特盛り”状態、ですね。

くえす(とスチェッキン)の登場は途中から、で、出番も
そう多くは、ですが、緊急事態宣言で外出自粛の今、
お家で何か、とお考えならちょっとご参考まで。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)あのひとのGun

2020年04月19日

Czのフレームとスライド

きょうは某BBSでの疑問解決コーナー?!
(いや解決より混迷をきわめるカモ、ですが)
Czトイガンの互換性について、を。



えーっと、このところKSCやマルシンから、再版&カスタム
発売など、再び盛り上がりつつある?Cz75の人気を受け、
そのシリーズで特徴的なスライドとフレームの噛合わせが、
新しいP-09と(メーカーを超えて)互換性があるのか?



テストのため集めたのは、左からKJワークスのP-09、
KSCのCz75(セカンドに実物グリップ)、MGCのCz75
(BLKのコンバットカスタム)そしてマルシンのCz75
モデルガンです。

他にもCzのトイガンとして、Mトレーディング(マルシン)
のCz75Dコンパクトなんかも、と思ったのですが、
ウチのはエアコキ(ガスもあり)でまあ互換性は無いだろう
し、マルシンのカート式もマルイのエアコキもパス!
いや本命はKSCとKJですから!!



外したスライドの比較です。
順番は上と同じですが、ここで早くもMGCは形状に違いが!!
底(この画像では上)が一段掘り込まれた断面で、フレームが
逆にそこを一段盛り上げています。

まあKSCもエジェクターなど実物とは違うカモ、ですが。



そのKSCでも、P-09のフレームには入らず(溝の部分で
止まります)。



KSCのフレームにP-09のスライド、はこのように入る
のですが、



フレームのダストカバー部分が短いので前進状態では
何ともオマヌケな姿に(爆! あ、スライドストップもバレルも
もう外しちゃった画像です)。

もちろん?マルシンではどちらの組み合わせもダメ、
そしてバレルの固定法も違い、そもそもバレル下部が
フレームに合わない!

また、同じ75同志でも、全く互換性が無い!という結果ですた。

カスタムする場合は、やはり元のパーツを”切った貼った”
する方が早そうです。

いかがでしたでショーか?てるぱ様。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(6)比べてみました

2020年04月17日

ワイアットアープの銃

きょうは自薦トイガンネタで、マルシンの
「ワイアットアープの銃」を。



これは元々フランクリンミントあたりが企画、マルシンが
OEM供給していたものだったんですが、後に自社から
キットまで出されました。



モノはS&Wのモデル3アメリカンにニッケルメッキ、エングレーブ
(但し金型成型)、杢の美しい木製グリップ、といった
豪華仕様で、コレは(日本向け)ABSですが、海外向けは
金属製だとか!(バレルがフレームと分かれるせいか、
SMG規制の金属モデルガンで中折れ式は無いですね)。



このモデルがなぜ「ワイアットアープの銃」なのか、ですが、
有名なOK牧場の決闘の際、使用したのが長銃身コルトSAA
ではなくコチラ、という説があったようです。



ただ、その拳銃はアープではなくクルムのもの、という話も
あり、またアープはけっこう”話を盛る”ヒトだったようなので、
実際のトコロは?かも。



ちなみにS&Wモデル3はアメリカン、ロシアン、スコーフィールド
といくつかのバリエーションがあり、ロッキング機構が改良
されたり(過去画像ですが下の左がCAWスコーフィールド)
してますね。



一般的にワイアット・アープといえば、のバントラインスペシャル
(以下Spl)も(これも過去画像で、ハドソンのモデルガン)。

バントラインは西部劇作家で、彼がコルトに長銃身のSAAを
特注、5人の有名人に送ったものの、アープ以外は使いこなせず
さっさと銃身を切り落としてしまった、ということなんですが、
コルトには当時そんなの造った記録はなく、コッチはバントラインが
”話を盛った”(というより作った?)のかも。

ただ、コルトはこの話に乗っかって?戦後(2nd期)バントラインSpl
を実際に作り、また映画でも、保安官バッジのようなメダリオンを
グリップに付けた長銃身SAAが登場してますね。



アープは80歳まで生き永らえ、映画も「荒野の決闘」、「OK牧場の決斗」、
「トゥームストーン」やそのものずばりアープの生涯を描いた「ワイアット・
アープ」など、多くのアープ登場作品が公開されました。

バントラインSplのような”変わった銃”は映画映えするのか、逆に
ウィンチェスターライフルを切り詰めた”ランダルカスタム”というのも
ありますが、どちらも実際はあんまりメリットが(長銃身ならライフル、
短銃身ならリボルバーでいい)、ですね。

その点、このS&Wモデル3はメッキにエングレで目立つ!ものの、
サイズはフツーだし装填も早く、当時ナカナカ実用的(というより
先進的?)だったのかも、なんですが。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)お勧めはしませんが

2020年04月15日

Cz P-09

きょうはメカメカ通信(どうやら33号?!)で、
KJワークスのCz P-09を。



これは日本仕様としてパワーを調整、更に樹脂製スライドを
付けたもので、元銃はCz75(85)のポリマーフレーム版、
ですね。



トップ画像のように、スライドストップとセフティが溝というより
階段状!のセレーション、フレームには随所にランダムな
突起状の滑り止め、とナカナカに個性的なルックスです。



アクセサリーレイルも装備してバックストラップを交換式
(実物では、で、コレには付属してない!ですが)とし、
メカ的にはSIG方式のエジェクションポートでバレルをロック
する方式に変更してますが、スライドをフレームが包み込む
”伝統の”スタイルは踏襲!トイガンでも特にトリガープルは
優秀です。

ただ、未だに人気のCz75に比べ、人気の点では及ばないのか、
現在は見かけなくなってるような、、、
スライドに光学サイトを付けられるよう改修してまた出して
欲しいところなんですが。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)メカメカしいヤツ!

2020年04月12日

CMCのSAA?!

誤解を恐れず、敢えていう、
”可愛い”比率は 
猫>女子>オッサン
するとワタクシ(オッサン猫)は女子並み
(異論は受け付けない)。


さてきょうはタナカに続きCMCも見つけちゃったよ!
ということで金属モデルガンSAAもう一つ追加!!編を。



コレはこのあいだタナカ製を見つけたトコロとは別で、
いわゆるリサイクルショップなんですが、結構品ぞろえが
充実してるので、時折訪れるようにしていたお店で
売られていた中古です。

緊急事態宣言で不要不急の外出自粛要請が出る前に、
と覗いてみたところ、まあタナカ製と同じシビリアンだけど、
逆に比較には良いよね、と”ついで買い”です(笑)。



箱はタナカが実物を模していたのとは違い、同社のM29
なんかと似ている、白を基調としたもの。

「ジンクダイキャスト」の噴き出し?が泣かせます
(SMG期にはCMCもABS製があったからか、重い金属製
をアピールつもりだったのか?ですが)。



タナカとの比較は別にやろうと思ってますが、ハンマーは
黒染め、グリップは樹脂、表面研磨もタナカほど
磨き込まれていませんね。

そして、付属のカートですが、やはりタナカ製に付いてきた
ものと同じ!
”以前のタナカはCMCのカート流用だった説”が濃厚に(笑)。



CMCの特徴、グリップのランパントコルトが鹿!
これは設計に関わっていたはずの六人部氏の愛称、
”ムーさん”から、”ムース”をレリーフにしたんじゃあ?



マズルは”コロナ”など(いやウイルスじゃなくて)、ややこしい
コトを敢行した反省か、それとも”厳しい検査”が課せられたのか
(爆!)、ほとんど入り口まで埋められています。

気になるのは、エジェクターチューブのスクリューで、
少し出過ぎ!なよーな?



それより、この個体、フレームのインサート部の鋳造が
悪く(型に予め置いた台になるピースが一体化せず)、
メッキを一部剥がして浮いてきちゃってます!

もちろん、まだそのピースが動くことはなく、更に
インサートは台となるピースより大きく、抜けることは
無いハズですが、亜鉛崩壊の心配が!!
まあ、今のところヒビなどは無く、大丈夫そうなので
入手してるんですが(トホホ)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(6)最近のこんなモノ

2020年04月10日

「モーターサイクル・ダイアリーズ」~ゲバラ

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
2004年公開の「モーターサイクル・ダイヤリーズ」から、
主人公のエルネスト・ゲバラの拳銃を。



オートバイ(という言い方は”和製英語”らしく、向こうではモト、
モーターバイク、モーターサイクル)に乗って二人で南米縦断
を目指す、エルネストが父親から万一の時の護身用に、と
渡されるのはS&Wのミリタリー&ポリス。



これはHWSのモデルガンで5インチの英国向け軍用モデル
ですが、映画ではもうちょっと長く(6インチ?)、ランヤード
リングの無い民間用かも。

ただ1952年のお話(本人の手記を映画化)なのでNo制
導入前のこのモデル(ハンマー形状も一緒!)がかなり近い
ハズ、ですが。



映画中ではエルネストではなく、同行者アルベルトが
コレで鳥を仕留めたり!ですが、後にスチェッキンを愛用する
”チェ・ゲバラ”が、恐らく最初に備えた銃はなんでもない
シンプルなリボルバー(もちろんこれは映画、ですが)、
あ、そういえばミリタリー&ポリスはWWⅡ終結時に”敵国”
のゲーリングも武装解除の時に持っていたようで。

いつものようにストーリー自体には、ですが、
この映画は当時の南米、ハンセン病の問題などを描きますが、
革命家の誕生秘話ではなく”青春の大旅行叙事詩”ですね。
未舗装の平原を駆け抜ける古いノートンの姿に、旅情を
掻き立てられます。
もし未見でしたら、ひとつ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2020年04月08日

Kフレラウンドのグリップ

きょうはM66PC-Fコンプ入手記念?
Kフレラウンドバット用各種グリップ比較、
フィッティング編を。



えー、S&WのKフレラウンドといえば、元々スイングアウト式
登場時からの伝統的スタイルで、近年はM10(M13,M64,M65)
系、M19(M66)系のスナブノーズなんかに使われています。

変わったところではM500が実はラウンドバットで、またNフレ
でも(少し上部の形が違いますが)ラウンドバットを採用している
ものも、ですね。

あ、Kフレに話を戻して!今回は手持ちの中からグリップの
バリエーションをイロイロ紹介、タナカのFコンプに装着して
みよう、かと。



それでは、まずはM66群から。
左からコクサイ M66-2.5インチ(モデルガン)に純正”イチロー”
グリップ、タナカ M66-2.5インチ(モデルガン)にS&Wの
バナナ、そして今回の主役、タナカ M66PC-Fコンプはタナカ
純正アンクルマイクス型ラバー。



次はコクサイM10(全てモデルガン)系で、左からM64-2インチに
パックマイヤー コンパック、M10-2インチはコクサイ純正
サービスサイズ+グリップアダプター、最後はM10-4インチ
ラウンドカスタムにロジャースのコンバットタイプです。



さて、これらをFコンプに、と思ったら、タナカのペガサスは
グリップ内にガスタンクは無いものの、重量増加とフレーム強化、
そしてモデルガンへの転用防止(銃口が開いたモデルガン
になると違法!なので)のためか、グリップフレームがホボ
塞がったインナーフレームが入ってます!

なので画像右のロジャーズはモデルガンには付くものの、
インナーフレームに当たってガスガンには付かない!!



同様にパックマイヤーのコンパックも、ネジがインナーフレームと
干渉するので固定できず、、、



コクサイ純正サービスはグリップアダプターも含めて付きます。
タナカのサービスサイズは一部内側のリブが出ている
(ネジ止めの力を受ける)のですが、もしかするとアレは
付かないんじゃあ、、、

ま、純正オプションの木製にすればいいんでしょうが。



S&Wのバナナも大丈夫。
個人的には、Kフレラウンドならコレが一番好きなのですが、
入手難なうえに価格も高騰中で、、、
ゴンカロのチェッカー無しや、ちょっと形は違うけどコンバット
(指かけ有り)なんかも欲しいんですが。



ちなみにコクサイのオーバーサイズも付きます。
この頃のコクサイ製モデルガンも、グリップフレーム内は
”閉塞”(ネジ穴除く)だったので、穴を追加しないと社外品の
グリップが付かなかったり、でしたね。

ペガサスは実物用グリップが付くのがメリット、だったのですが、
ホーグのモノグリップなども含めて、コイツはかなり適合機種が
限られます。

でもバックストラップ部も綺麗(グルーブは無し)に仕上げて
くれていて、ソレが見えるグリップの装着を促しているよーな、
なんですが。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)比べてみました

2020年04月05日

タナカSAAの不調原因

きょうは以前入手のご報告をしましたタナカ
金属モデルガンSAAのボルト不完全上昇?
問題について、を。



えーっと、この個体はボルトがハーフコック以外の全ての位置で
”中途半端に”上がり、シリンダーをロックしないのでシリンダーが
動く!ため、盛大に傷がついちゃっています(まあ、ハーフコックで
シリンダーを回し、中途半端な位置からハンマー操作して更に
シリンダーをロック位置まで回しても、同様に傷は付くでしょうが)。



更にコッキング状態でシリンダーが回ると、Fピンがシリンダーを
叩きかねない!し、止まらないとガチャガチャ動かして遊ぶ
(おいおいっ!)ときも萎える、ので、原因調査と対策のため、
一度バラしてみることに。



付属のカートもCMC時代の”流用疑惑”があるんですが(笑)、
開けてびっくり!
コレ、板バネの固定用スクリュー(ハンマーSPもボルト,トリガー
SPも)はプラスの鍋頭が使われてます。

タナカさんが製造時にこういう”変更”を行ったのでしょうか?
CMCに比べて表面の研磨などは丁寧だし、最近作ってるプラ製
モデルガンなどでもプラスねじは使われてなかったはず、なので
もしかするとコレも前ユーザーが変えたのか??

”疑惑”の元は、実はハンマーSPにハートフォードの刻印がある!
(つまり交換されている)こと。

まあ外からは見えないし、機能的には(ドライバーが余計に
必要になりますが)問題ないんですが、、、

と、トリガーガードも外し、トリガー、ボルトSPのスクリューを緩め
ようとした時、気付いた!
SP固定スクリューが少し緩んでました!!

もしかすると、それでテンションが不足して完全に上がりきらなかった
のかも。



これが分解前のボルトの状態。
あと0.5~1mmくらいでしょうが、中途半端に上がってるせいで、
ロックできないうえにシリンダーに擦る、という最悪の状態です。

ボルトのシリンダー接触面も削れていますが、丸い形は
変わってないのでユーザーがヤスリで削り落とした(上がり過ぎ
の場合、そうやって調整することも)可能性は低く、擦れによる
もののようですね。

ただ、このボルト、CMC時代の2ピースではなく、鋼板をコの字
状に曲げ、間に一枚挟んでいる(接触部は3ピースに見える)モノ。

これがタナカの手による変更なのか、またまた別メーカーの部品を
組み込んだのか、は?です。

他社製ボルトだとすると、上昇量が足りない、などの不具合は
当然起こりうる事態です。



そしてこれが疑惑のSP固定スクリュー。
ただ、分解時ココを締めただけで解決か?出汁、違う!、だし
せっかく分解したんだからボルト自体も取り出して確認
(今となっては一度組んでそのテストをしておくべきだった!)、
と思ったらボルトだけが抜けて来ず、結局このあとハンマー、
ハンド、トリガーと動くパーツ一式バラしてしまいました。

そこでひとつ気付いたのがトリガーの問題。
上部(ハンマーノッチにかかる部分)が捲れ、左右に広がって
いました。

このためトリガーを後から組もうとしても入らず!なので
側面をツラまで削り落とし(高さも減っているでしょうが、
とりあえず機能するので交換でなく削りだけで対処、というか
部品作らないと高さを増やせない!)、組みました
(画像撮ってないけど)。



さて、再度組み立て、様子を見てみるタイツ(おいおいっ!)と
ボルトはちゃんと上がってる!

ハーフ位置以外ではしっかり上がっています。



このあと、SPなのかトリガー(考えると、ボルトの横でちょうど
ボルト上端辺りに広がった部分がくるので、ここにボルトが
当たり、逆のシリンダーに当たるところが上がりきらなかった!
という可能性も)を特定すべく、削ったトリガーはもう元に
戻らないので、SP固定スクリューを緩めて検証してみました。



結果、SP固定スクリューを緩めても上昇量が減るには、
一回転以上緩める必要があり、確証はありませんが
”有力容疑者”はトリガー(の変形)ということで捜査は終了!
となりました。

捲れにボルトが乗っていたのか、捲れが抵抗となりボルト
がSPの力で完全に動かなくなっていたのか、は?ですが、
いちおう上下してたんだからやっぱり”乗り上げ”かな?

現在好調に動いてますが、またトリガーが潰れてきたら、
同様の症状が出てくるかも。

てか、やっぱり亜鉛で鋼の構造を再現するとなるとイロイロ
問題がありますね(仕方ないけど)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)こんなモノ番外編

2020年04月03日

ハドソンの十四年式と

さてきょうは比べるネタで、少し前に入手した
ハドソン 十四年式モデルガンとマルシンの
ガスガンを。



ハドソンは大きく分けて3つの十四年式があり、
これ(画像右)はN2の前期型です。
N2には後期型もあるらしいんですが、見かけるのは
この前期型ばかり(逆にN3は後期型ばかり見ます)。



マルシンのガスガン十四年式(上下の画像左)は、
固定ガス、ガスブロ8mm、6mmとイロイロ!ありますが、
ウチのはガスブロ8mm(メーカー純正木グリ仕様)です。

8mmBB弾用のインナーバレルが入るため銃身は
少し太い!気がしますが、マルシンのほうが設計が
新しいのか、トリガーガードにアールが付き、フレーム
後部も大きめ、セフティレバーもハドソンはちょっと小さい
かも。

ただ、コッキングピース、トリガーなどはハドソンの方が
リアルな気がします。
エキストラクターはマルシンの場合構造上ダミーに
せざるを得ないのですが、別部品のハドソンがリアル
ですね。



この間アニメネタで引っ張り出してきた南部大型乙
(CAWモデルガン 画像左)とも。

十四年式はコレをシンプルに設計し直したものですが、
外観も直線的ですね。



メインのハドソン抜き!ですが、南部式とマルシン十四年式。

レシーバー左に配したリコイルスプリングのせいで、南部式は
”アンシンメトリー”だといわれますが、別にそれ自体は
不具合があるわけじゃない(コイツはマグキャッチ以外
左利きでも操作に問題なさそう)し、その下にトリガーバー
が配置されてるので、むしろ”合理的”かも、なんですが。

セフティに至っては、180度回転で右手だけでは解除できない
十四年式より、グリップセフティのみの南部式のほうが”現代的”
ですよね。



今回登場した3挺のマガジン比較も。
左から、南部式、マルシン、ハドソンです。
3つ共艶を抑えたニッケルメッキですが、ボトムは南部式が
アルミ地肌、マルシンはニッケル、ハドソンはクロムっぽい
ですね。

最も丸っこいのはマルシンのボトムで、ハドソンは逆で
しかも大きい!ただハドソンの方が実物に近いカモ!!

このマガジンボトム、実物では鋳造だったのか型鍛造だった
のか、十四年式初期では溝加工が違うものもあります。
いずれにしても、ルガー以上に複雑な形状で、コッキングピース
も含めて、日本製拳銃の特徴的な部分ですね。



実物との比較ではないので、どれが正解、とはいいがたいし、
それぞれ長所はある、んですが、比べ出すと最も新しい
CAWの十四年式とか、気になっちゃいますね!

ま、他にマルイのエアコキとかも持ってたのの、今回パス!
しちゃってますが(笑)。

そういえば、グランパとかCAWさん、作らないの?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)比べてみました

2020年04月01日

フットばす?!

きょうは年に一回のOTHERSIDE感謝祭、
今回は、過去のモジリネタをランキング形式で
一挙公開、題して「フットばす?!」
さあ、始まるよ、っと。



春らしく源”さくら”さんで始めましたが、
今回は元ネタの歌手、タイトルを先に、続いて
モジリを、それを謳う歌手の方を想像し追加した豪華版!
として帰ってきました!!

では、第十位から。

10位 高橋優「明日はきっといい日になる」→
    劇団ひとり「明日はきっと、、、いい気になるな!」
 

                                                       元記事 2020/03/21
あ、コレなんかはできたら元曲をカラオケで、って
一緒に聞いてるヒトがいたら怒られますね。
でも高橋優さん自身の監督によるpvは見てねっ!!


9位 アン・ルイス「六本木心中」→
   アン・ウグイス「六本木まんじゅう」


                                                       元記事 2019/06/28
いやホントに名物があったり、は無いよね!


8位 大滝 詠一「夢で逢えたら」→
    鬼野盗作「夢で生えたら」


                                                       元記事 2019/08/25 
「逢う」って、「遭う」とかもあるし難しいカンジ!


7位 杉山清貴「さよならのオーシャン」→
   吉野杉作「そう奈良のオッサン」


                                                       元記事 2019/06/14
あ、この歌唱者名は”フィーリング”です(バカ)。


6位 ビートたけし「浅草キッド」→
   水道橋博士「どさくさキッド」


                                                       元記事 2020/01/22 
これは去年の紅白から見ていただく必要が、、、
ないか?


5位 ザ・ポリス「見つめていたい」→
   日本残酷警察「指つめていたい」


                                                       元記事 2019/09/11 
ええ単にポリス=警察つながりですよ、はい。


4位 日本の唱歌「仰げば尊し」→ 
   ワタクシとドール者達「あほ毛は尊し」


                                                       元記事 2019/02/20
この曲、海外から音楽教育用に導入されたらしく、
元の作者もいる、らしいんですけど。


3位 寺尾聰「ルビーの指輪」→ 
    松田猛「1ルピーの指輪」

  
                                                       元記事 2019/07/26              
あ、猛と書いて「リキ」です、宜しく!!
インドルピーは今のところ1.47円だそうです。


2位 乃木坂46「何度目の青空か?」→ 
    松竹坂46「何度目のアホ面か?」


                                                       元記事 2019/11/03
吉本坂、は実在するんですけど松竹芸能って
そんなに在籍してるのか?あ、松木坂46ってあるのね!


1位 S&G「明日にかける橋」→ 
    S&B「なすにかける出汁」


                                                       元記事 2019/06/09
さすがにこんな商品は、ですが、「ガパオの素」や
「刻みパクチー」!といったスパイスは充実!!


(最後は美しい桜満開!の光景で心を静めて下さい。)

と、いった具合ですが如何でしたか?
あ、このネタは頭の先から尻尾の毛までフィクションであり、
実在する人、企業および団体は一切関係ありません、
という体です宜しく。
それでは楽しいエイプリルフールを!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 07:00Comments(0)みりぶろUSOニュース